やっちゃった! 久しぶりのエッチにまつわるあるあるハプニング

新しい彼とはじめての……。
留学していた彼が帰国して……。

久しぶりのエッチには、初体験のときとはまた違うドキドキと緊張がありますよね。だからこそ、思いがけないハプニングや失敗も起こりがち。

今回は、そんな久しぶりのエッチでみんなが経験した、あるあるハプニングを4つご紹介します!

ムダ毛がチクチク

「長期出張から帰ってきた彼と久しぶりのエッチ。最中、やたらとわたしの脚を気にしてるなぁとは思ってたんだけど、終わってから彼がひとこと。『毛があたって痛かった』って。ずっとガマンしてたのね……」

寒い時期にありがちなこの失敗。

「誰かが見てる」、「誰かに見られてる」という緊張感がなくなると、面倒なムダ毛処理はついついおろそかになってしまうものです。そんな「おろそか」に慣れてしまった結果が、この失敗と言えるでしょう。

こうした事態を招かないためには、やっぱり年がら年中常に、ツルツルを保つべく、ムダ毛処理に励むしか手はないのかもしれません。

うーん。一刻も早く女のムダ毛なんて、誰も気にしないような世の中になってほしいものですね。

やっちゃった! 久しぶりのエッチにまつわるあるあるハプニング

コンドームがないことに気付いて延期

「たっぷりの前戯でお互いもう限界、いよいよ挿入ってところで、コンドームがないことに気がついた。迷ったけど、色々コワいし諦めました」

これは、「その相手とのエッチがはじめて」、かつ、「エッチの場所が女性の自宅」のときに起こりがちなハプニングです。

ホテルであればコンドームはまず手に入りますし、男性の自宅ならコンドームの買いおきがあったとしても、大抵の女性はそれほど気にしないでしょうからね。

けれども、女性の自宅で、その相手とのエッチがはじめてだとすると……仮にコンドームの買いおきがあったとしても、現実問題としてなかなか言い出しにくいもの。

だって、「自宅にコンドーム常備って、どんだけの男を連れ込んできたの?」って思われちゃいそうですものね。どれほどあなたが身持ちの固い女性であろうとも、それを証明することは不可能。

新しい彼とはじめてエッチをする際は、たとえ自宅にコンドームが保管されていようとも、あえて新しく彼と一緒に購入する必要がありそうです。

下着でトラブル

「バイク事故で、長く入院していた彼との久しぶりのエッチを盛り上げようと、セクシーランジェリーを新調したら、浮気を疑われて大ゲンカ。最終的に別れた」

男性って、意外に下着をよく見てますよね。

不倫を見抜く手段のひとつとして、よく「下着の変化」があげられますが、だからといって痛くもない腹を探られるのはツライもの。

まあ、それほど「新しい相手とのエッチには新しい下着で臨む人」が世の中には多いということなのでしょうか。

また、同じ下着関連のトラブルとしては、

・ブラとパンツがバラバラ
・うっかりベージュのオバサンパンツで挑んでしまった

といったものも……。

確かに、ムダ毛処理同様、下着の組み合わせも見せる人がいなければどんどん無頓着になっていきがちです。

中には、脱いだ状態では分かりにくいものの、パンツのお尻部分の生地がすり減ってしまい、履いている状態ではほとんど穴あきパンツになっているのを彼に指摘された、なんて人もいるようです。

やっちゃった! 久しぶりのエッチにまつわるあるあるハプニング

中でイケない

「もともと中でイケるタイプだったはずなのに、久しぶりのエッチではなぜかイケなかった」

これもよく耳にするパターンです。

クリトリスの刺激による外イキはともかく、久しぶりのエッチでは中イキができない。そこには、おそらく「緊張」が大きく関わっていると考えられます。

一般的に中イキには、外イキ以上に深いリラックスが必要とされています。久しぶりのエッチでは、どうしても緊張が先立ってしまうため、中イキできるほどのリラックス状態に達するのは、なかなか困難だと言わざるを得ません。

とはいうものの、問題は「久しぶりのエッチの緊張感」のみですから、特別相性の悪い相手でない限り、何度かエッチを重ねるうちに、再び中イキできるようになるはずです。

やっちゃった! 久しぶりのエッチにまつわるあるあるハプニング

おわりに

いかがでしたか?

久しぶりのエッチで起こりがちなあるあるハプニング。あなたの身にいつ起こらないとも限りません。ぜひ、今回の記事をいざというときの参考にしてみてくださいね。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

12いいね!

13うーん…