ED男性の深刻な悩みとは? 女性にも知ってもらいたい4つの悩み

「ED」という言葉を1度は耳にしたことがあると思います。「Erectile Dysfunction」の略で、勃起不全とも言います。また、EDは全く勃たない状態ではなく、納得のできるセックスができない場合も当てはまります。

最近は若年層の患者数も増加しているため、「若いから大丈夫」という考え方とは違っているようです。ED患者が抱えている悩みを、女性側もしっかりとした知識を持って共有することができれば、彼が「もしも」のときにも理解のある対応が可能になるはずですよ。

■1.患者の平均年齢が低い
まず知っておきたいのは、ED患者の平均年齢が徐々に低くなってきていること。EDと言えば「中高年が対象」というイメージがありますが、実際はそうではないのです。最近では20代の患者も増加していて、「若いからEDにならない」は誤った知識になっています。

■2.EDの原因をチェック
EDになる原因はそれぞれですが、大きな原因はストレスによるもの。仕事で過度なストレスを感じていたり、人間関係がうまくいっていなかったりするだけでなく、セックスに対する不満やストレスが原因になっていることもあります。

「彼女を満足させていないのかも」「どうすれば納得してもらえるのか」などを考えていくうちに、性的なコンプレックスを感じてしまい、EDの症状が出てしまうと考えられます。

また、自分のアソコに自信がない場合も原因になることもあるので、まずは彼が自信を持ち、女性側が優しく接してあげることが大切になると思います。

■3.失敗するとより深刻化に
EDが原因で上手くセックスができなかった場合、それがよりストレスや不安に感じてしまい、余計に症状が悪化し、深刻化してしまう可能性があるのがEDの特徴です。

「次も失敗したらどうしよう」「彼女が自分から離れてしまうのでは?」など、いろいろな不安が駆け巡り、セックスに対する恐怖心を感じてしまうことになります。

もしもうまくいかなかったとしても、彼を責めたり、「なんで?」と質問したりすることはしないで! EDに対する理解を深めることで、彼への対応の仕方も分かってくると思います。

■4.EDを内緒にしている男性も少なくない
EDが原因で別れたくないという思いから、EDだということを内緒にしている男性も少なくないようです。もしも彼が体の関係を持とうとしてこないなら、もしかしたらEDの可能性があるのかもしれません。

最近はED専門の医療機関もありますし、直せる病気と言われているので、早期発見、早期治療が大切だと思います。「大丈夫だよ」ということを伝え、一緒に正確な知識を付けることが、早く改善する近道になりますよ。

いかがでしたか? 間違った認識をしないためにも、EDに関するリサーチをしてみてくださいね! 
(RUREI)

この記事どうだった?

2いいね!

2うーん…