スキンシップテクニックで、気になる彼をドキッとさせちゃお♡

好きな男性の気を引きたい! と思うこと、ありますよね。そんなときはスキンシップを上手に活用してみましょう。
「スキンシップ? そんな大胆なこと無理……」なんて言ってたらもったいない! 女の子のスキンシップで嫌な気持ちになる男性はほとんどいないんですよ。だから勇気を持って、レッツチャレンジ♡

気になる彼をスキンシップでドキッとさせられる?

「好きな人がいるんだけど、どうやって気を引けばいいかな?」

とお考えの女の子にオススメの方法がスキンシップ。

男性から女の子に向けてスキンシップをするより、女の子から男性に向けてスキンシップをする方が難しくなく、且つ好意を持ってもらえる確率が段違いに高いです。試してみる価値、アリですよー!

男性からのスキンシップに嫌悪感を抱く女の子は多いですよね。好きな人や仲良しの友達ならいいけれど、なんとも思っていない男性からスキンシップされたら「セクハラ!」「キモい!」なんて言っちゃうかも。

でも男性の場合、女の子からのスキンシップで「うれしいな」「もしかして、俺のこと好きなのかな?」と感じるケースが多いみたいです。
勘違いされるのは困るけれど、本当に好きな相手なら、そう思ってもらえればラッキーですよね!

試してみたい! 段階別スキンシップ法

パーソナルスペースを意識して近づく

パーソナルスペースって知っていますか?
「あんまりそばに来られると、なんかイヤだな……」って感覚、それがパーソナルスペースです。

これは相手によって広さが異なり、親しい人であればあるほどパーソナルスペースは狭くなります。恋人ならすぐ近くまで寄られてもOKだけど、そうでない人は無理! もっと離れて! ってなりますよね。
満員電車があんなに不快なのも、見知らぬ人と密着していなければならないからです。

男性の場合、パーソナルスペースは前後に広いと言われているので、横からだと近づきやすいです。で、彼が離れる素振りを見せなかったらOKサイン。次は前から近づいてみるなど、少しずつ彼のテリトリーに入りましょう。

もしちょっとでも避けようとする素振りを察知したら、すぐに引くのがポイント。あくまでも彼のペースに合わせてくださいね。
スキンシップテクニックで、気になる彼をドキッとさせちゃお♡

触れるか触れないかくらいの接触を増やす

彼のパーソナルスペースに入り込めたら、次の段階へ。ズバリ、接触を試みましょう。

「あっゴミついてるよ? 取ってあげる」

と彼のコートに手をのばす……みたいな、昔ながらの手法も有効です。この際、本当にゴミがついているかどうかは問題ではありません。

基本的に「会えば会うほど好きになる」「近くにいるほど好きになる」という心理メカニズムがあります。
パーソナルスペースに入り込めるほどの間柄なら、接触を繰り返すことによってだんだんと好意が増すはずです。

ただし、同じ手を何度も繰り返すと一気に嘘っぽくなるので、適度にアレンジしてみてくださいね。スキンシップテクニックで、気になる彼をドキッとさせちゃお♡

肩→腕→手に触れてみる

さらに次の段階では、実際に触れていきます。順番としては、最初が肩、次に腕、さらに次が手という順番がオススメですよ。

なぜ肩が最初なのかというと、もっとも触れやすい部分だから。

よく上司が肩にぽんと手をあてて、部下をねぎらう……みたいなシーンがありますよね。あれは(よほど嫌いな上司でなければ)セーフととらえられることが多いです。でも上司が腕や手に触れてきたら「いやいや、ナシでしょ!」と感じる女の子が大多数だと思います。

このように、「相手をどう思っているか」によってボディタッチOK・NGの部位が分かれます。親密度に合わせて調整するのがキモですね。

恋人同士で手をつなぐように、手は恋愛感情を意識させる特別な部位。ここに触れられたら、どんな男性だってドキッとするはずです♡
スキンシップテクニックで、気になる彼をドキッとさせちゃお♡

おわりに

スキンシップを上手に使って、気になる彼をドキッとさせる方法についてご紹介しました。

女の子が主体となって動く場合、男性ほど気を遣う必要がないので、やりやすいというメリットがあります。
一歩間違えば「セクハラ!」「キモい!」と言われかねない男性と違って、女の子からのスキンシップを「嬉しい」と感じる男性が多いからです。

とはいえ、いきなりのスキンシップにびっくりしてしまう男性もいます。段階を踏んで、徐々に親密度を上げるようトライしてみて♡

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…