「恋は盲目」エピソードを反面教師に。もう恋愛で失敗しない!

あなたは「恋は盲目」になったこと、ありますか? 恋愛中は頭の中がお花畑状態。まさに恋は盲目と化し、見事に失敗した! という経験をお持ちの方も多いかと思います。

今回はそんな失敗談をご紹介します。ぜひ失敗談を反面教師にして、次の恋に活かしてくださいね!

「恋は盲目」になってしまった女の子の失敗談

恋は盲目と簡単にいいますが、盲目ゆえに失敗談も星の数ほど。ここでは「恋の盲目あるある! な失敗談」を二つご紹介します。

「あぁ、わかるわ……」と、思いにふけってみてください。

好きすぎて何でも許しちゃう

彼氏のことが好きで好きで好きすぎて、なんでも許しちゃう! という恋の盲目ちゃん。彼氏ができた人間なら問題ありませんが、大抵の男性はこうした彼女に甘えて調子に乗り、どんどん悪い方向へ進んでしまいます。

たとえば、彼氏の女癖の悪さを大目に見てしまうケースです。「本気じゃないから……」「彼が本当に好きなのはわたしだから……」と、何があっても彼氏のことを責めずに耐えぬきます。

本当は文句の一つも言いたいけれど、それで彼の機嫌を損ねるのはイヤ。最悪「じゃあ別れようよ」なんて言われたらもう生きていけない! と思っちゃう。

けど、彼女は菩薩ではありません。我慢に我慢を重ねて限界を迎えたとき、彼女は「もう無理……別れましょう」と言い出します。常に言いなりだった彼女がそんなことを言い出すなんて、と彼氏は大慌て。「ごめん! これからは直すから、そんなこと言わないで! 」と許しを請うのです。

ここで「どうしようもない男だな」と思えるか、それとも「こんなに悪いと思ってるなら変わってくれるかも……」と思ってしまうかは、女の子によって分かれるところです。個人的には、スパッと別れてしまった方が彼女のためだと思いますが。

いずれにせよ、過ぎた我慢はお互いにとって良くないことがわかりますね。「恋は盲目だから……」なんて言ってないで、しっかり目を開いて恋人と向き合うべきです。
「恋は盲目」エピソードを反面教師に。もう恋愛で失敗しない!

問題を見て見ぬふりしちゃう

浮気や借金といった、火を見るより明らかな問題ではなく「一緒にいて、なんかしっくりこない」「彼のこういうとこ、実はちょっと苦手なんだよね」といった、小さな違和感を見過ごしてしまうのも「恋は盲目」に陥った人によくあるパターン。

この場合は「見えていない」のではなく、あえて「見ないようにしている」状態です。なまじ他の部分で問題がないので「まぁ、たいした問題じゃないよね? 」とスルーして、問題を先延ばしにしてしまいます。

でも、ここが実は大きな落とし穴。こうした小さな違和感がすぐに大きな問題に発展することは少ないです。が、つき合いが長くなるうちに、少しずつ少しずつ不満・不安が雪のように降り積もります。

気づいたときには足もと一面がモヤモヤで覆われ、身動きがとれない状態に。こうなってしまってからでは、状況を打開するのは非常に難しくなります。

「恋は盲目だから」と小さな違和感に目をつぶってはダメ。ふとした「あれ? 」を感じたときこそしっかりと、相手を見定めることが必要です。
「恋は盲目」エピソードを反面教師に。もう恋愛で失敗しない!

おわりに

「恋は盲目」状態に陥ってしまった女の子あるある! な失敗エピソードを二つご紹介しました。

恋愛真っ只中、まさに今ラブラブ! という状況では、脳内でアドレナリンが出まくり、かなりハイな状態になっています。正常な判断をしましょうといっても、正直少し難しいかも。

でも、その状態はそう長くは続きません。落ち着いてきた頃こそちょっと立ち止まって「本当に大丈夫かな? 」「恋は盲目状態になっていないかな? 」と考える余裕を持ちましょう。
「恋は盲目」エピソードを反面教師に。もう恋愛で失敗しない!

彼氏との間に明確な力関係があり、言いたいことも言えない状態では、健全なおつき合いをしているとはいえません。そんな関係を続けても、いずれはほころびが出てきます。ずっと仲良しでいられるパートナーに巡り合うためには、小さな違和感ほど見逃さない目が必要なのです。

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…