男女の友情は成立するって本当? 男性の偽らざる本音から紐解く心理

昔から「男女の間で友情を成立させることは難しい」とよく言われていますが、どうやらそれは時と場合によるようで、条件さえ揃えば決して不可能ではないということです。

では、男性は一体どのような場合に男女の友情が成立すると感じるのでしょうか?

自分たちを取り巻く状況で判断する

男性が女の子を恋人候補ではなく友達だと認識するのは、そこに「しがらみ」がある場合です。

たとえば、会社の大事な取引先で絶対に手を出せない相手であるとか、恋愛関係になってしまうと波風を立てかねないコミュニティに属しているといったケースですね。

逆に、社員同士の恋愛にうるさくない職場の同僚であったり、合コンや飲み会で知り合った相手だったりする場合は、何のしがらみも制約もないので、相手の女の子を好きになってしまっても問題はないわけです。

なので「けっこう長く友達関係を続けているし、自分はけっこう気に入っているのだけれど、彼のほうは全然その気がないみたい」という場合は、男性側があらかじめ自分の気持ちにストップをかけ、好きにならないようにしている可能性もあります。

初対面の印象で判断する

相手のことを知るたびに恋心が育っていく女の子と違い、視覚優位の男性は、初対面の印象で相手の女の子のことを「恋人候補になれるかどうか」と瞬時に判断する傾向があります。

そのため、最初に「好みのタイプではない」と判断した場合、その後どんなに仲の良い友人同士になれたとしても、恋心が生まれる可能性はそれほど高くないのです。

ただ、余計なしがらみもなく、お互いの相性が決して悪くないという場合は、ふとしたきっかけで相手のことを見直し、好きになる可能性はあります。

友人ではなく、恋人同士になりたいと思う男性がいるなら、相手の好みを研究してメイクやファッションを変えてみてください。

「あれ、この子、こんなにかわいかったっけ?」と思わせるのは、非常に有効な手段です。
男女の友情は成立するって本当? 男性の偽らざる本音から紐解く心理

付き合いが長すぎると今更異性として見られない

腐れ縁で小学校からずっと同じだったり、近すぎるご近所さんだったりする場合も、お互いのことを知り過ぎているために恋愛には発展しにくいようです。

恋愛を盛り上げるには「相手のことをもっと知りたい」という気持ちが不可欠なため、すでにここをクリアしてしまっている相手に友達以上の感情を持つことは難しいのですね。

また、どちらかが恋心を自覚したとしても「今更そんなことを言っても相手は受け入れてくれないだろうなぁ」とあきらめてしまうケースも多いです。

お互いの実家が近いだけに、もし告白してフラれてしまうと気まずくなるので、そうした事情もストッパーになるようですね。

女の子として見られない場合もある

男性はプライドが高いので、自分よりも仕事ができたり、人望があったりする女の子は敬遠する傾向があります。

恋人候補として意識するどころか「負けたくない」「悔しい」という気持ちが強くなり、一方的にライバル視してしまうなんてこともあるようですね。

ですから、お互いを刺激し合う好敵手にはなり得ても、恋愛関係に発展する可能性はかなり低いです。

二人きりになる機会が少ない

大勢で遊ぶ仲間のうちの一人という認識だと「かわいいな」と思うことはあっても、メンバー間のしがらみなども考えて友達でストップさせておこうと考える男性は多いです。

みんなでワイワイ騒いでいるのが楽しいので、リスクを冒してまでその中の一人とステディな関係になりたいとは考えないのですね。

しかし、何かのきっかけで二人きりになる機会が訪れると、途端に相手のことを強く意識してしまうことも。もともと「いいなぁ」と思っていた相手なら恋心に火がつくのも早いでしょう。

こちらからアプローチすれば「実は俺も……」となる可能性は大いにあるので、その他大勢の関係から抜け出したいなら、きっかけを作る努力をしてみましょう。
男女の友情は成立するって本当? 男性の偽らざる本音から紐解く心理

絶対に友達関係を崩したくない男性にはどう接すればいい?

「友達としては最高なんだけど、恋人としては絶対に考えられない」と思っている男性に恋心を告白されると、困ってしまいますよね。

このような状況を防ぐには、あらかじめ意識して予防線を張っておくことが大切です。

・絶対に二人きりにならない

・誤解されそうな言動は避ける

・積極的に恋愛相談をして「他に好きな男性がいる」とアピールしておく

・「私たちって、本当にいい友達だよね」と口にする

このような工夫で、さりげなく「私はあなたと友達以上の関係になるつもりはありません」という気持ちを伝えておきましょう。

よほど鈍感な男性でなければ、こちらの真意を察して、それ以上踏み込むことをあきらめてくれるはずです。
男女の友情は成立するって本当? 男性の偽らざる本音から紐解く心理

おわりに

男女の友情が成立する条件や、友達関係を崩したくない男性への予防線の張り方について、いかがでしたか?

男性に本音を聞いてみると、100%とは言い切れないものの「恋人候補として見る女の子」と「友達止まりでいたい女の子」を分けて考えていると答える人は多いです。

こちらが恋人同士になりたいと思っているのに、相手はそうじゃないというケースはちょっと苦しいですが、何かのきっかけで気持ちが変化する可能性もゼロではないので、あきらめずに努力してみましょう。

逆に、ずっといい男友達でいてほしいと願っている相手に接する時は、誤解や隙を与えないように気を付けてください。

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

20うーん…