一年の計は元旦にあり! 新年の抱負を設定して恋愛に挑む年にしてみては?

早いもので、平成も30年になってしまいますね。
皆さんにとって2017年はどんな年だったでしょうか。

筆者ですか? そうですね、一言でいえば普通の一年でした。
普通に生活して、普通に恋愛をして、普通に遊んで。
あ、でも今年だけで飼い猫が2匹増えました。変化と言えばそれぐらいです。

来たる2018年。あなたはどんな年にしたいですか?
新年の抱負、今のうちに考えておくのも大事なことかもしれません。

だって早めに目標設定をしておくと、あとはそれに向かってひた走るだけでいいので、色々と気負うこともありませんし。
特に恋愛関係の目標設定って、早めに設定しておくことが、後々大きな分かれ道になりますよ。

目標あってこそ人は効率的に動ける! 新年の抱負は馬鹿にできない!

一年という長いようで短いスパンの初期の初期に、目標設定をしておくことで、人はその目的に向けて動くことを少なからず意識できるようになります。

新年の抱負なんてのも、まさにそれを促すためには最適な概念です。
たとえばの話ですが「今年こそ彼氏を作る!」と初日の出に向かって祈ったり、初詣で祈念することって、結構大事です。
なんせ何も目標を立てない人と比べて、確実にモチベーションが違ってきますから。

“一年の計は元旦にあり”という言葉もあるように、やっぱり新年に何か目標を立てることって、非常に大事なことなんですよね。
一年の計は元旦にあり! 新年の抱負を設定して恋愛に挑む年にしてみては?

筆者の知人にも、以前、新年の抱負に「絶対に彼氏を作る」を掲げていた女性がいました。
この女性は元々引きこもり気味だったのですが、30歳を手前に迎えたことをきっかけに、せめて恋愛を20代のうちにしておこうと思って一念発起したそうです。

目標達成のために、ダイエットをし、美容院に行き、ネイルも綺麗にして、その上で街コンにも頻繁に出向くようになりました。
異性との交流が頻繁になれば、相乗効果で女性はより綺麗になるもの。
彼女はその年の半ば頃には、めでたく彼氏を作ることに成功しました。

年始の目標設定と、それに向けての努力。
これらが実を結んだのもひとえに、新年の抱負があってこそだったのかもしれませんね。一年の計は元旦にあり! 新年の抱負を設定して恋愛に挑む年にしてみては?

出会い自体は世間に溢れてる! 新年の抱負はただのトリガーでもいい!

いや、まあ極端な話、世間には出会いそのもののきっかけはゴロゴロしています。
別に新年の抱負に設定しなくても「出会いがほしい」と思ったら、それに向けてひた走ればいいだけなんですよね。

ただ、そうは言ってもこれまで出会いに無縁だった女性が、あるとき突然にそう思ったとして、目標達成のために頑張るのも敷居が高いもの。
特にそう思い立ったのが夏の直前とかだと「今彼氏できても、海のデートとか出来なさそう」と思ってしまうでしょうし、冬場に彼氏が欲しいと思っても「もうクリスマス間に合わないし、またでいいや」となってしまいます。

イベントを彼氏と過ごしたいというのであれば、一番良いタイミングはどこか。
それはやっぱり年始でしょう。
何事も、最初が肝心なのです。

新年の抱負は絶対に守るべきものというものではないのですが、少なくともこのときの願いに「彼氏を作る」を設定してさえいれば、目標達成のために、ある程度余裕のあるビジョンを持って動くことは可能でしょう。

要は新年の抱負を、一番目標達成に向けて時間的余裕のある準備期間の、開始時点だと考えればいいのです。
目標を達するために動くのは、早いに越したことはありません。
一年の計は元旦にあり! 新年の抱負を設定して恋愛に挑む年にしてみては?

おわりに

やっぱり、尻に火がつかないと行動には移せない人ばかりなんですよね。
自分が漠然と「ああ、○○がしたい」とか「○○になりたい」みたいな願望を抱いても、それだけではなんとなくズルズルと時間だけが流れて、結局目標を達成できなかった、ということもザラにあることです。

筆者もそんな怠惰な人の中の1人。
そろそろしっかり、やりたいことを見つけないといけないなぁと思っているのですが、これがどうにも……。

それこそ新年の抱負を、しっかりと設定してみたいと思います。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…