男性は電話の切り方なんかこだわらない! 彼女の方からガンガン切ろう!

先日、某家電量販店に商品の在庫について問い合わせたところ、応対した店員さんの態度がなかなかに荒いので、「おお、香ばしいなあ」と感じる経験をしました。
しまいには問い合わせ終了後、即「ガチャ! ツー、ツー、ツー……」とこっちが「ありがとうございます」と言う前に電話を切られてしまって、つい「ひえ~」と小声が漏れてしまう始末。

きっと忙しい中、対応してくれたのでしょうけど、なんというか、嫌な印象を抱いてしまったことはいうまでもありません。

電話の切り方って、特に仕事に関するものとなれば、何となく繊細になってしまうものですよね。
まあ、そういうことを気にしている側が細かすぎる性格をしているだけなのかもしれませんが。

ただ、これを恋愛に当てはめるとどうでしょう。
少なくとも男性については、彼女との電話を終えるときには、切り方がどうこうなんて、ほとんど考えていないんですよね。

ガチャ切り上等! 電話がさっさと終わることに異議はないのが男心

男性の中には、LINEやメール、そして電話が苦手というか、めんどくさくてやりたくないタイプは少なくありません。
というか大抵の男性は、これらのいずれかを「ああ、めんどくさ」と思っているものです。

が、彼女なんかができたらそうは言っていられないので、渋々付き合っているというのが実情。
電話もメールも、可能ならしない方がいいとさえ思っています。

そりゃあ付き合いたての頃は何もかもが新鮮なのですから、電話が来れば嬉しいし、LINEが届けばちゃんと返信したくなるもの。

でも男性にとって恋愛って、喉元過ぎればそこまで新鮮味なんか得られなくなってしまいます。
だから、長電話がクセになっている女性を彼女にしてしまったら、それだけでイヤな気分になってしまうほどです。

男性は電話の切り方なんかこだわらない! 彼女の方からガンガン切ろう!

実際筆者は未だにガラケーを使っていますが、理由は通話料金を理由にして他人との連絡を極力避けているからです。
いちいち電話で長々話すのは、たとえ相手が絶世の美女でも、大好きな彼女でも、御免被りたいというのが信条。
そしてこういう男性は、筆者だけではありません。
結構な数の男性が「女性との電話って何話せばいいか分からないし、緊張する」と考えています。

男性は、女性との電話が苦手なのです。
だからその通話しているひと時が、できるだけ早く終わってくれれば万々歳とさえ思っているケースもあります。

いざ通話終了となった時、こういうタイプの男性は電話の切り方なんて一切気にしていません。
「ああ、通話が終わる。やった。電話の切り方がアレだとしても関係ない」と喜ぶ節すら見せるぐらいです。

仮に電話をガチャ切りされたところで痛くも痒くもなく、肩の荷が下りるような気分にさえなる。それがこの手の男性の通話に対する思いなのです。

男性は電話の切り方なんかこだわらない! 彼女の方からガンガン切ろう!

どっちが通話終了させるかのチキンレースは時間の無駄!

そうそう、この手の話をすると必ず脳裏をよぎるのが、通話を終える間際になって「バイバイ」「うん、おやすみ」というやりとりのあと数秒間沈黙して「ははは! 」と笑ってしまうあのシーン。

どちらも通話終了ボタンを押さないので、このまま通話が継続されてしまって「どっちが先に通話を終わらせるか」のチキンレースになっているわけですね。
これを楽しいと思っているからこそ「ははは! 」と笑う女性がいるわけですが、男性の場合はそうではありません。

たとえ同じように笑っても愛想笑い確定です。
「もう、いいよさっさと電話切ってよ」と思っているのが関の山。
用件が済んだら電話は終えるのが基本ですが、男性から通話を終えるとなると後になって「なんかガチャ切りされたっぽくて傷ついた」とか言ってくる女性が実際にいるので、それを経験したことのある男性はトラウマになって、通話終了ボタンを押せないのです。

こういうジレンマに毎度の通話で悩まされるのは結構めんどくさいので、できれば女性の方からさっさと通話終了のゴングを鳴らしてほしいと思います。

もちろん、用件を伝えた後はさっさと電話を切る男性もいますが、こういう男性ってやっぱり何故か女性から「電話の切り方が冷たい」という評価を下されがちなんですよね。なんだかなぁ。

男性は、「じゃあそろそろ切るね」「うん、じゃあね……って切らないの! 」みたいな茶番には、いちいち付き合いたくありません。

男性は電話の切り方なんかこだわらない! 彼女の方からガンガン切ろう!

おわりに

今って、スマホもあるしその気になれば何時間でも通話することができます。
遠距離恋愛の恋人同士ならそれも重宝するでしょうが、普通のカップルが長電話をするなんてのは、結構男性としては馬鹿げてると思えるところが多いのは事実です。

その上で電話の切り方一つとっても、なんかこう、イライラさせられることもあるわけですから、いっそ電話なんかなくなってしまえばいいとさえ思うことも。

電話に依存しているのか、交際相手に依存しているのか。はたまたその両方か。
どちらにしても、通話をしつこく強要してくる女性って面倒です。
そしてこの手の女性ほど、電話の切り方に対してもいちいち要求が多い傾向があります。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

6うーん…