三十路のまま処女をキープした君へ……焦るか、諦めるかそろそろ決めよう

現代は恋愛も自由主義の時代です。
昔のように、結婚は社会人として当然なすべきものというわけでもありませんし、いくつになっても未婚のまま、存分に恋愛だけを楽しむことも許されています、

ただ、自由恋愛の弊害って、恋愛上手な男女ばかりが一緒になって楽しんでいくことで、それ以外の男女が全員に近い割合で置いてけぼりになっていることなんですよね。

三十路のまま処女をキープした君へ……焦るか、諦めるかそろそろ決めよう

女性の3人に1人がセックスをしないまま三十路に……

世間の恋愛動静についてこれずに置いてけぼりになるとは、どういう状態を指すのかと言えば、これはもう男女共に“童貞・処女のまま、三十路を迎えてしまう”ということになるでしょう。

一昔前はこれも珍しい話だったようですが、2000年代に入って、私たちの生活は様々な意味で様変わりしました。
ネットの普及が引きこもりや、対人関係でのわずらわしさを感じる人々を、自分の世界に留まらせる役割を果たしている側面がありますし、恋愛をしようにも、特に男性の場合は生活をするだけのお金しか手元にないので、とてもデート費用が捻出できないという事例も珍しくありません。

男性に恋愛をする体力がなくなったということは、相手となる女性も相対的にあぶれる可能性が高まるということ。
よほどのイケメン、美女以外は、日常生活を送る上で恋愛の可能性がどんどん低下したまま、三十路を迎えることとなるわけです。

さて、2015年に国立社会保障人口問題研究所が調査したデータに、「未婚者の性体験構成比」という項目があります。
これによると30~34歳までの男性の童貞率は25.6%。
同年代の女性の場合でも、処女率は31.3%という結果が紹介されていました。

三十路を迎えても男性の4人に1人が童貞。
女性の場合は3人に1人が、処女ということになるとは、ちょっと驚きですよね。

三十路のまま処女をキープした君へ……焦るか、諦めるかそろそろ決めよう

このまま処女でいるのも人生。恋愛を楽しむのも人生。

現在三十路を超えて、未だに処女という方も、もしかしたらこのコラムをご覧になっているかもしれません。
この手の女性にはっきり言っておきたいことがあります。

どんな状況下で生きてきたにせよ、三十路になるまでセックスをせず処女をキープしてきた時点で、9割以上の男性は、たとえあなたがルックス的にはそこそこイケてても引きます。

なんというか、字面がキツいんですよね。
三十路の処女って。

酷いことを書いているという自覚はあるのですが、三十路になるまで処女だった人に「なるようになる」とか書いても響かないじゃないですか。
だから本音で書きますが、男性は三十路の処女に重さを感じて、「いざセックスしたら依存されそう」とか思ってしまうんです。

だったらそんな女性には手出ししない方がいいと考えるわけです。
何が言いたいのか、率直に書いてしまいますが、もしもあなたが今後人並みの恋愛とセックスがしたいなら、いっそ三十路の処女という事実は捨てましょう。隠しましょう。誤魔化しましょう。

交際相手が処女で喜ぶなんて、せいぜい10代後半から20代前半ぐらいまで。
それ以降は軽くヒキます。

恋愛をしたいという意思があるなら、三十路でまだ処女であるという事実は、相手に知らせないでおくべきです。
性体験があると嘘を言っておく方が、恋愛の間口は広がります。
それぐらい、三十路の処女って男性が手出ししにくい案件なのです。

三十路のまま処女をキープした君へ……焦るか、諦めるかそろそろ決めよう

おわりに

もっとも、このままの人生で大いに結構というのであれば、無理強いはしません。
男性も女性も、かなり多い割合がセックス未経験のままおっさん、おばさんになっている今の時代。

そういう生き方があるというのは事実なのですから、それを否定する権限は誰にもありませんし……。

 

《参考元》国立社会保険・人口問題研究所:http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/doukou15_gaiyo.asp

 

Written by 松本 ミゾレ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…