「結婚はもう無理」と諦める前に試してみたい「最後の手段」

結婚には適齢期があるともいいますが、本人が諦めるまで可能性は残されています。「もう無理」と思っても、意外と最後のひと踏ん張りで結果が変わることもあるのです。今回は、「もう無理」と思ってから試してみたい「最後の手段」についてお話します。

「もう無理」は焦りのサイン! 結婚から離れることで余裕が出てくる

結婚したいと思ってはいるのに、全くその兆候や可能性がない生活を送っていると、「結婚はもう無理」と思ってしまうかもしれません。しかし、結婚にリミットはないのです。

周囲の友人や同僚が結婚してしまうと、自分だけ遅れているような気がしてしまい、「自分はもう無理だ」と諦めてしまう人がいます。

結婚は、入学や卒業とは違い、適齢期には個人差があるのです。「もう無理」と思ってしまうということは、周囲と比較することで焦りを感じているのかもしれません。

結婚に焦りは禁物です。焦って結婚相手を探してしまうと、自分の気持ちよりも「自分と結婚してくれる人」を探してしまうようになります。

「もう無理」と思っているけれど、心の底では結婚したい気持ちを持っているならば、焦りのサインが出ている可能性が高いでしょう。あえて「結婚」から頭を離すことで、自分の良さに気がつくことができるかもしれません。自分の魅力に気がつくと言葉やしぐさに余裕が出てくるものです。

「結婚はもう無理」と諦める前に試してみたい「最後の手段」

「もう無理」と思ったときの最後の手段1つ目は、あえて結婚から意識を離すことで、自分の魅力に気がつき、余裕のある人になることでしょう。そうゆう人は異性から見ても魅力的に見えるものです。

「もう無理」と思ったら人に頼ってみるタイミング

結婚するために頑張ってきたけれど「もう無理」と思ったときには、自分だけの力ではどうにもならない状態なのかもしれません。結婚は出会いから始まります。出会いのきっかけに恵まれている人やきっかけ作りが上手な人は、結婚のチャンスに恵まれるでしょう。

しかし、どんなに素敵な人であっても、きっかけ作りが苦手な人もいるのです。普段は口達者な人でも、異性の前では口下手になってしまう人も、きっかけ作りが苦手な人といえます。

人間の性格や個性は、そう簡単に変えられるものではありません。ある程度自分で頑張ってはみたものの「もう無理」と思ったのならば、人に頼ってみることも大切です。

人に頼るとは、出会いのきっかけ作りをお願いすることです。異性の友人が多い人に、いい人を紹介してもらう方法もあります。最近は、結婚紹介サービスも充実しています。二人の間に仲介者が入るだけで、急に心が軽くなることも多いのです。

「結婚はもう無理」と諦める前に試してみたい「最後の手段」

「もう無理」と思ったときの最後の手段2つ目は、人の力を借りて出会いのきっかけをみつけることです。

今の環境で「もう無理」ならば出会いの場所を広げてみる

「結婚はもう無理」と思っている人の中には、環境に恵まれていない人も多いのではないでしょうか。例えば、同性の同僚しかいない職場と自宅との往復の毎日では、結婚相手と出会える可能性は少ないでしょう。

結婚相手は探して見つけるものではありませんが、出会うための努力は必要です。同性しかいない職場で「もう無理」と思っていても何も始まりません。出会いの場を広げる必要があります。どうせならば、理想の結婚相手と出会えそうな場を探しましょう。

共通の趣味を持つ人がいいならば、習い事を始めてみてもいいでしょう。アフターファイブの習い事には、同年代の人が多いものです。学生時代の部活やサークル仲間のような付き合いができる人と巡り合える可能性もあります。

もしも習い事を始める時間がないならば、同性の同僚を味方につける方法もあります。中には、同じように結婚について悩んでいる人がいるはずです。一人では婚活をする勇気がなくても、仲間がいれば楽しんで婚活できるのではないでしょうか。

お互いの友人関係をすり合わせてみると、意外と出会いにつながることもあります。

「結婚はもう無理」と諦める前に試してみたい「最後の手段」

「もう無理」と思ったときの最後の手段3つ目は、少しの勇気を出して環境に変化を与えることです。少しの勇気があれば、想像以上の世界が広がってくるかもしれません。

幸寿の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…