気持ちよく朝SEXを楽しむための3つの条件

セックスレス解消には朝SEXがいい、ということがまことしやかにネット上で言われています。

まあ、まんざらウソでもないように思います。朝は彼のモノがカチカチです。それに昨夜感じていた疲れや、仕事の気になることも一時的にであるにせよ吹っ飛んでいるわけだから疲れている夜にヤルくらいなら、朝のパンパンになっている彼のモノをいただく、というのは恐らくいいことなのでしょう。

でも朝SEXには、それを楽しむための条件があるはずです。

気持ちよく朝SEXを楽しむための3つの条件

まず、寝起きが悪い人は朝sexを楽しめないでしょう。寝起きが超悪い彼はきっと「うぜ~な、朝からおれのチ●コを触ってくんなよ」と言うでしょう。せっかく彼女がやる気満々なのに「うぜ~な」と言われたら悲しいですよね?

1分でもたくさん寝たいと思っている彼とはきっと朝エッチを楽しむことができないはずです。あなたが彼のを触ったら「ごめん、あと1分だけ寝かせて」と言いつつ、結局30分も寝て遅刻しそうになって大慌てで出勤する彼……彼女がかわいそうといえばかわいそうですよね。

1分でも多く寝ていたいのであれば夜1分早めにベッドに入るといいわけですが、多くの人はこれができないから、朝になって「あと1分」と言うわけで……なかなか解決を見ない問題ではないかと思います。
気持ちよく朝sexを楽しむための3つの条件

歯を磨いていないお口でチューできないと思っている人もきっと、朝エッチには向いていない人です。

朝起きて洗面台に立ち、歯を磨いている間にわりとまともな思考になりますよね? 寝る前に「よし、明日の朝は起きたらすぐにエッチしよう」と思っていても朝起きてトイレで用を足し、歯を磨いているあいだに「起きてからやるべきこと」が思い出されて「朝からセックスどころの騒ぎではない」と思ってきたらもうダメですよね。

ということで寝起きが良く十分な睡眠ののち、歯磨きをしなくてもエッチを楽しめる人限定なのが、朝エッチということになりますよね。
気持ちよく朝sexを楽しむための3つの条件

「先にヤッて」あとから肉を食べているはずです

この3つの要点を満たそうと思えば、おそらく早寝早起きの習慣や歯磨きせずともチューできる粗野な性格が必要なのではなく、「エッチが好き」という気持ちが求められるように思います。

エッチが好きな人ってそれこそいつ、どこででもエッチできますよね。これくらいエッチが好きじゃないとちょっと朝エッチは楽しめないのでは?

それでも朝エッチでセックスレスを解消したいと思うのであれば、カップルでセックスを日常生活に組み込んでしまうことが求められるのではないでしょうか?

歯を磨いたり洗濯をしたりするのと同じレベルに、セックスを置いてあげることです。
気持ちよく朝sexを楽しむための3つの条件

これも無理なら、朝ではなく昼間にエッチするとか。昼エッチを世間が推奨しないのはみなさん仕事をしているからでしょう。であれば、仕事がお休みの日の昼間にエッチすればいいのではないでしょうか?

昼間から彼をセックスに誘うのが恥ずかしいと思っているのであれば、そういう考えを今すぐ捨てることです。休日の昼下がりあなたの家にやってきた彼をソッコーで襲って、まずはエッチする。で、エッチが終わってから彼と一緒に焼肉でもなんでも食べに行く。

こういうことをやっているカップルはそれなりにいます。休日の夕方5時くらいからカップルでイチャつきながら焼肉を食べている人たちって、「先にヤッて」あとから肉を食べているはずです。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

15いいね!

10うーん…