合コンで男性ウケする服装は? 出会いのチャンスを逃さないファッション

合コンに行くときは、やっぱり男性ウケを一番に考えて服装選びをしたいもの。

せっかくの出会いのチャンスの場なのに、男性ウケしない服装で行ってはすべてが台無しでもったいない!

合コンのときばかりは同性の目は気にせず、男性にモテる服装で登場して、一人勝ちをかっさらってしまうのが賢い方法です。

王道のスカートスタイル

女性らしさを感じられる、スカートスタイルが好きな男性はとっても多いです。

常日頃磨きをかけた美脚は、ここぞとばかりにアピールしてしまいましょう。

しかし、気をつけなければいけないのは、男性は露出度が高すぎる服装には引いてしまうということ。

いくらミニスカートが流行っている時期だとしても、太ももがあらわになるほどのミニスカートは合コンにははいて行かないほうが無難です。

男性ウケするのは、定番の膝上丈か膝ギリギリ丈のスカート。

しかも、タイトスカートよりは、ひらひらしたフレアのスカートがおすすめです。

女性らしい色合いのプリーツスカートや、揺れるシフォンのスカートなどが合コンでは最高の服装になります。

これからの季節は厚手のタイツを合わせたくなりますが、合コンのときは寒いのは我慢して、男性ウケ抜群の透け感のある薄いストッキングを合わせるのが正解です。

男性はみんな大好き、ワンピーススタイル

実は、ワンピースが嫌いな男性はいないと言っても過言ではないほど、合コンでウケがいい服装です。

清楚な雰囲気も演出できるうえに、一気に脱がせられそうで男性のセクシーな妄想をかき立てることができるからです。

ワンピースなら、男性の苦手とする露出をしなくても、女性らしいボディラインをさりげなくアピールすることもできます。

今からの季節特におすすめできるのが、柔らかいイメージのニットワンピース。清楚系のニットワンピースを着て合コンに行けば、その場の人気ナンバー1になれることも夢ではないでしょう。

そして、花柄のワンピースもポイントが高く、男性に好印象を与えることが可能です。

しかし注意をしなければならないのは、暗い色の小花柄ワンピースは地味で老けて見えることもありえるということ。

ぱっと明るめの色のカーディガンや小物を合わせることが、合コンで成功できる秘訣です。
合コンで男性ウケする服装は?出会いのチャンスを逃さないファッション

意外性のあるパンツスタイル

仕事の帰りに合コンに行くならば、もちろんパンツスタイルでもいいのです。

仕事がデキそうなかっこいいタイプの女性が好みだという男性もたくさんいますので、オフィスカジュアルっぽいパンツでも勝負することができます。

その場合に注意することは、男性みたいなカジュアルすぎるパンツスタイルにならないこと。

会社帰りならまずいないとは思いますが、いくらかっこいいと思ってもダメージデニムなどはNGのスタイルです。

そして、今はかなり布地がたっぷりとしたワイドパンツも流行っていますが、合コンでの服装においては、流行の服装というものはひとまず忘れてください。

流行の最先端な服装を苦手に思う男性は多いですし、ワイドすぎるパンツは脚のラインもわからないので不評なようです。

逆に、脚にぴったりしすぎたスキニーのパンツもあまりよくありません。

スリムすぎもしない、ワイドすぎもしない女性らしさを忘れない柔らかさのあるパンツスタイルならば、モテることができるでしょう。
合コンで男性ウケする服装は? 出会いのチャンスを逃さないファッション

ニーハイブーツを合わせたスタイル

合コンでおすすめできる靴といえば、ニーハイのブーツ。

男性ウケするブーツといえば、何をおいても女性らしさをアピールできる長めのニーハイブーツです。

ここ数年間というもの、ショートブーツやブーティをファッションに合わせていた人が多いかと思いますが、実は2017年の秋冬はロングやニーハイのブーツが流行ってくるようです。

実際にファッションショーでも長めのブーツが多かったですし、ニーハイブーツが好きな人は今年の冬の合コンは絶好のチャンスとなります。

男性ウケももちろん抜群で、スカートにニーハイブーツはもはや流行りというより定番と言っていいでしょう。
合コンで男性ウケする服装は? 出会いのチャンスを逃さないファッション

まとめ

合コンにおいて男性ウケが狙える服装をまとめましたが、いかがでしたか?

いろいろなアイテムをご紹介しましたので、きっとあなたのキャラクターや体型に似合うものがあるはずです。

合コンでは同性ウケを忘れて、男性ウケを意識した服装で行くことも抜け駆けするためには大事なことです。

次の合コンでは男性の視線を独り占めできるように、ぜひこれらの服装を意識して選んでみてくださいね!

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…