信頼関係を築くには? 他人に信頼されるための4つの方法

人は一人きりでは生きていけませんし、仕事をするにしても生活をするうえでも、他人とのかかわりは必須です。もしあなたが他人とのかかわりにおいて、自分は信頼関係を築くのが下手くそだなあと感じているならば、早急に改善が必要になってきます。

他人とちょうど良い距離感で、仲良くできるということはとっても心地よいもの。今回は、他人と信頼関係を築くうえで気をつけるべき方法4つをご紹介していきます。

初対面から笑顔で接する

人間対人間が信頼関係を築くにあたって、初対面での第一印象というものはかなり重要になってきます。初対面で嫌な印象を持たれた場合、それを挽回するのはかなり難しいことです。

まず、仲良くしたい人がいたら、あなたからさりげない笑顔で話しかけましょう。「笑顔」は、他人との信頼関係を築く重要なポイントとなります。たまにクールに見られたいのか、初対面からムスッとしている冷たい人もいますが、あなただってそんな人と話してみたいとは思えないはずです。

笑顔で話しかけることができれば、よっぽどではない限り、相手は好印象を持ってくれるはずです。他人と仲良くなりたい、信頼関係を築くためには、まずは明るい笑顔からです。

信頼関係を築くには? 他人に信頼されるための4つの方法

悪口やうわさ話をしない

女性同士の話題に多く見られる、うわさ話や悪口ですが、これは良いこととは言えません。口を開けば悪口や他人の文句しか出てこないような人は、その場では、みんな話を合わせてくれるかもしれませんが、決して信頼関係を築くことはできません。

なぜなら、「この人は私がいないところでは、私の悪口もきっと言いふらしているんだろうな……」と思われてしまうからです。

そんなことはない! 嫌いな人の悪口だけだ! と反論があるかもしれませんが、嫌いな人であろうとも悪口を言う人は、好きだと思う人にも好かれることはありません。

うわさ話でも同様で、「口の軽い人だな、陰で私のうわさ話もしているんだろうな」と、話し相手を不安にさせてしまうことは明らかです。そういった人が、他人と信頼関係を築くことはできませんよね。

聞き上手になる

自分の話ばかりをするような人が、他人と信頼関係を築くことは難しいです。人間は誰でも自分のことを話したい、聞いてほしいと思っているもの。それがまったく相手の話を聞くことなく、一方的に自分のことばかりを話しまくるようでは、当然嫌がられてしまいます。

オチがあるようなおもしろい話なら、おしゃべりでも許される場合もありますが、あなたはそんなお笑い芸人のような楽しい話はしていませんよね? 自分の自慢や、愚痴ばかり話してしまっているようでは、信頼関係を築くことは不可能です。

会話をする場合は、まず相手の話に耳を傾けてあげることが必要になってきます。「うんうん」「それで?」など、相手が話しやすいようにテンポよく相づちを入れるのもポイントです。それによって、「この人と話すのは楽しいな」と思わせることができるのです。

信頼関係を築くには? 他人に信頼されるための4つの方法

常識を知る

あなたは、周りに細やかに気を使えているでしょうか。「ありがとう」「ごめんなさい」は、言うべき時にちゃんと言っていますか?

いつも相手に貰いっぱなし、お世話になりっぱなしではなく、ちゃんとお返しをすることはできていますか? 常識のない振舞いばかりしている人は、他人と信頼関係を築くことはできません。

誰でもしているような、当たり前のことからはじめてみてください。いつも身近にいる親兄弟や家族に感謝し、大切にすることからはじめましょう。

身内を大事にできなく粗末に扱うような人が、他人と信頼関係を築くことはなかなか難しいことです。常識的な振舞いは、家庭での人間関係から生まれてくると言っても過言ではありません。

信頼関係を築くには? 他人に信頼されるための4つの方法

まとめ

他人との信頼関係を築くうえで重要なことを4つご紹介しましたが、いかがでしたか? 信頼関係を築くことは一朝一夕にはできませんし、一度失った信頼を取り戻すのも容易なことではありません。周りの人や、新しく出会った人には親切にし、他人を大事にするように心掛けましょうね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…