大人女子でもできる! 童顔メイクのポイント3選

皆さんは、老け顔と童顔、どちらでしょうか?

老け顔と童顔、どちらも一長一短であるとはいえ、やはり女性としては少しでも若く見られたいと感じる方も多いのではないでしょうか。今回は、ブリブリにかわいらしいメイクに抵抗がある大人女子でも挑戦しやすい童顔メイクのポイントをご紹介します。

ポイントその1: あの手この手で目を丸く整えるべし!

丸い目元が"守ってあげたい印象"をつくる

童顔メイクのポイントは、なんといっても小動物のような丸い目元。切れ長の目もセクシーで素敵ですが、童顔を目指す場合は大きく丸い、可愛い目元を目指しましょう。

「そんなこと言われても、私の目元は生まれつき切れ長で、骨格的にどうやっても丸くなんかならないと思うんだけど……」という方も、ちょっとした工夫で印象はガラリと変わりますのでぜひ挑戦してみましょう。
大人女子でもできる! 童顔メイクのポイント3選

アイラインとカラコンで、黒目がちな丸い目に

まずポイントになってくるのがアイラインの引き方です。

アイライナーは、より柔らかい印象を与えるペンシルタイプのダークブラウンがおすすめ。黒だと引き締まった印象になり、少し凛々しくなりすぎてしまいます。

童顔メイクでは、まつ毛のキワを埋めるよう、丁寧にアイラインを引いていきましょう。ポイントは、黒目の上部分を少し太めに描くこと。こうすることで黒目を大きく見せることができるので、目の形を丸く見せることができます。目尻はやや下がり気味に、ナチュラルなたれ目に見せましょう。

コンタクトに抵抗のない方であれば、カラコンを使うのもおすすめです。「カラコンなんて、ギャルみたいになるんじゃないの~?」と思う方も多いかもしれませんが、色やデザインの選び方さえ間違えなければ、手っ取り早く黒目を大きく見せることができます。黒目部分とそれ以外の部分の色の境目がはっきりしすぎていない、ナチュラルなブラウンがおすすめです。

禁断のひみつ道具“つけまつげ"で童顔に

つけまつげというと目尻に向かって長くなるタイプのものや、まつげ全体の長さを大幅に長く見せるタイプのものが多いですが、童顔メイクにはこうしたつけまつげは逆効果です。

大人女子におすすめの童顔つけまつげは、ほんの少し目元に華やかさをプラスしてくれる、毛量が少ない控え目なもの。各メーカーから、黒目の上部分にほんの少しボリュームをプラスしてくれるタイプのものが発売されているので、ぜひ取り入れてみましょう。カラーはアイラインと同じく、ブラウンのものがおすすめです。
大人女子でもできる! 童顔メイクのポイント3選

ポイントその2: "離れ眉"で隙のある表情を作るべし!

子どもは大人よりも目と目の間隔が広く、成長するに従って徐々に距離が狭まっていくといわれています。童顔メイクでも同様に、目と目の間隔を広く見せることで子どものようなあどけない表情を作りましょう。

ここで工夫するのは、眉の書き方です。眉の描き始め部分をやや外側にずらし、眉間を広く見せましょう。やりすぎると間が抜けた顔になってしまうので、少しずつ目頭側に描きたしながら調整するのがおすすめです。

ポイントその3: 顔の縦幅を短く、頬を丸く見せるべし

資生堂「ビノラボ」(http://www.shiseidogroup.jp/binolab/m_0001/)によると、顔の横幅の長さを1としたとき、縦幅が1.4より短ければ、幼く子供っぽい印象になるというデータがあるようです。

つまり、顔の縦幅を短く見せ、丸みのある輪郭を手に入れれば童顔により近づくということ……!

大人女子の中には顔をシャープにキリっと見せるために、チークを斜めに入れている方も多いかもしれませんが、童顔メイクでは血色感のあるカラーを頬骨付近に丸く入れましょう。ほどよく入れれば、頬を丸く、若々しく見せることができます。

また、髪型で顔の長さを短く見せるのも効果的です。おでこを全開にするよりは前髪を下ろし、顔の縦幅を短く見せると、よりかわいらしい印象に近づきます。
大人女子でもできる! 童顔メイクのポイント3選

童顔メイクでいつもよりキュートな印象に!

ほんの少しや頬を丸くするだけで、意外なほど印象は変化するもの。

日頃はシャープでカッコイイ系のメイクで過ごしている方も、ぜひ童顔メイクに挑戦してみましょう。新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

六海ういの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…