デキる女になりたい! 仕事ができる人の特徴4選

「仕事ができる人」と聞いて、皆さんはどんな人物像を思い浮かべますか?

デキる女には憧れるけど、自分にはなれない……と思っている方も多いでしょう。しかし実は、仕事ができる人になるための条件は、それほど多くありません。

仕事ができる人の特徴を知り、デキる女に近づいちゃいましょう。

約束をきちんと守る

仕事ができる人は、約束をしっかりと守ります。

納期や締め切りはもちろん、取引先との打ち合わせや部署内のミーティングなど仕事での予定や約束の他、プライベートの用事でも約束を破りません。

これは、相手が自分と何らかの約束をするとき、そこに至るまでの準備にかかる時間やコスト、スケジュール調整の手間が生じていることをきちんと理解し、意識しているからです。

「うっかり忘れた」「勘違いしていた」「そもそも予定として無理があった」などの理由で約束を破ることは、相手がかけてくれた時間や手間を踏みにじる行為です。

こうした行為は相手からの信頼を大きく損ない、その後の関係性に大きなヒビを生じさせてしまいます。

 

・TODOリストを駆使する
・スマホのリマインダーやアラームなどの機能を活用する
・無理な予定を立てない

 

など、一度した約束を忘れない工夫やスケジュールの組み立て方を見直すなどして、約束をきちんと守れる人になりましょう。デキる女になりたい! 仕事ができる人の特徴4選

自分の力量を把握している

仕事ができない人はなんとかして成果を上げようと無理な仕事を請け負ってしまいがちですが、仕事ができる人は自分の能力以上の仕事を安請け合いするようなことはしません。

これは、仕事ができる人は自分自身の力量をきちんと把握しているからです。

皆さんは、自分が取引先へのメールを書いたり、会議の資料をまとめたりするのにどれくらい時間をかけているか、計ったことがありますか?

もちろんその時々や内容次第でかかる時間は変化するものですが、大体目安として自分が何をするのにどれくらいの時間をかけているかを知っておくと、仕事を請け負ったり、スケジュールを立てたりするときに役立ちます。

そして、仕事ができる人は、もし自分の能力以上の仕事を振られてしまっても、上司と交渉して締め切りを調整したり、他の人に協力を仰いで負担を分散させるのが非常に上手いです。

日頃から職場でのコミュニケーションを上手にとり、こうした場合の交渉を円滑に進めることができるということが彼らの大きな強みであるともいえます。
デキる女になりたい! 仕事ができる人の特徴4選

「ありがとう」と「ごめんなさい」が素直に言える

仕事ができる人は、相手に謝罪や感謝の気持ちを伝えるのが上手です。

そんなの小さな子供でもできるよ、と思う方も多いかもしれませんが、意外と意地やプライドが邪魔をしてしまい、素直に気持ちを伝えられない大人は多いものです。

謝罪や感謝の気持ちをためらわずに口にすることは、相手との信頼関係の構築にも結び付く、とても大切なことです。

「ありがとうございます」「申し訳ございません」と心を込めて感謝・謝罪ができる人の周りには、自然と人が集まるようになります。

こうして周囲との信頼関係を築いておくと、自分が難しい問題に直面したとき、すぐに周囲の人が助けてくれます。

日頃から、きちんと口に出して心を込めた感謝や謝罪ができるようにしておきましょう。デキる女になりたい! 仕事ができる人の特徴4選

休日も予定を入れている

仕事がない日くらい、好きなだけ寝て、好きなだけゴロゴロしたい! と思っている方、実際にそうしている方は多いのではないでしょうか。

もちろん、たまにはそんな過ごし方をしても良いかもしれませんが、毎週毎週布団の中から出ない休日を過ごしている方は、一度自分の休日の使い方を改めることをおすすめします。

仕事ができる人は、常に新しい情報や感覚を取り入れたり、体を動かして心身をリフレッシュさせたりと、休日も有意義に過ごしている方が多いです。

外に出て新しいものに触れたり、運動をしたり、友人と会ってコミュニケーションを取り、自分の中に新しいものを取り入れることを意識しましょう。

どうしても外に出るのは面倒、という方は、映画やアニメ、本などから新しい情報や考え方を得るのもよいでしょう。

何か一つでも自分の中に新しいものを取り入れることで、仕事にも良い影響があるはずです。

六海ういの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…