男目線と女目線は違う! いい女は男目線を意識する

女性から見ると「いい女」という人が浮いた噂がなく、「え? なぜあの子」というような子が男性にモテてしまう。そんなことはよくありますよね。

男目線のいい女とはどんな人のことをいうのでしょうか? ここでは男目線と女目線の違い、また男目線のいい女の条件をご紹介していきます!

男目線と女目線は違う

男性からいい女と思われたければ、男目線を意識しなければなりません。そうでないとどんなにオシャレをしても、どんなに美容の為にと頑張っても、その努力は報われません。

なぜなら女目線と男目線とは違うからなんです。

女目線の可愛い・いい女は男性ウケがいいわけではない

女目線から見た可愛い女性、いい女という人が必ずしも男性には高評価ではないことがあります。

例えば、女性から見た可愛い女性はこんな人です。
・見た目が良いことに加えて、性格がいい
・オシャレに余念がない
・話し方が女性らしいけど、変にぶりっこではない
・ふわふわした感じの服装をしている

また女性から見たいい女の条件はこんな感じです。
・サバサバしていてカッコいい
・男性に見せる顔と女性に見せる顔が同じ
・媚びを売らない
・面倒見がいい

このような女性は男性にも「可愛い」とか「いい人」と思ってもらえることは確かではありますが、男心をくすぐるような魅力的な女性とまではいかないようです。ですから恋愛に発展したとしても、本命ではなくキープにされることが多い女性となります。
男目線と女目線は違う! いい女は男目線を意識する

男目線のいい女の条件

男性ウケを狙うなら、女性から見たいい女ではなく男目線のいい女を目指さなければなりません。

では、男目線のいい女とはどんな女性なのでしょうか? みていきましょう。

雰囲気美人

男性にウケるのは、ただの美人ではなく雰囲気のある美人です。どちらかというと女性は顔のバランスが取れた正統派美人に憧れる傾向がありますが、男性には正統派美人はあまり人気がありません。

少し欠点があってもセクシーな雰囲気の女性や、パッと見美人ではないけど愛嬌がある女性の方が魅力を感じます。男目線のいい女を狙うなら、自分の長所を生かした雰囲気美人を目指しましょう!
男目線と女目線は違う! いい女は男目線を意識する

甘え上手

サバサバとした女性は同性にはウケるものの、男性の目には恋愛対象として映らないということが少なくありません。なんでも自分でやろうとする女性よりも、「お願い!」と甘えてくれる女性の方が男性には可愛らしく映ります。

なんでも自分でやっちゃうという人は、まずは男性に頼ることを学ぶようにしましょう。

積極的にアピールしてくれる

女性には不人気のぶりっこですが、多くの男性はぶりっこが好きです。そんな男性を見て、「見る目がない」「騙されている」と考える女性は多いと思います。しかし実際には男性の多くは騙されたフリをしているだけだって知っていましたか?

男性の多くは、ぶりっこをしている女性が自然とそうやっているとは思っていないんです。男性へのアピールの手段としてやっているということが分かっています。

でもそれが分かっているからこそ、男性に向けて積極的にアピールしているその態度を可愛いと思うんです。「ありのままの自分を受け入れてくれる男性が理想」という女性は多いと思いますが、何のアピールもなければ男性には「恋愛する気がない」という風に見られてしまい、なかなか恋愛のチャンスが掴めません。

男目線のいい女になりたければ、少々女性を敵に回しても積極的に可愛い女性を演じる必要があります。
男目線と女目線は違う! いい女は男目線を意識する

女性らしい体型をしている

細い女性に憧れる女性は少なくないものの、男性に人気なのは丸みを帯びた女性らしい体型です。太り過ぎは良くありませんが、ガリガリに痩せているよりはちょっとポッチャリくらいの方が男性には魅力的です。男目線を意識するなら、バストはCカップ以上、ウエストはキュッと引き締まったメリハリのある体型を目指しましょう。

これまで恋愛経験はあるものの、いつもキープ女子になっていたという人は、男目線のいい女を目指してみては? 男目線を意識することで、男性が放っておかない女性になれるはずです!

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

2うーん…