3大欲求の重要性! 気持ちのいいセックスをするために意識したいこと

最近エッチなことに興味が薄れている。彼との夜の回数が少なくなっている――。

それは単に彼とのエッチがマンネリなのではなく、もしかしたら3大欲求の減少に原因があるかもしれません。言わずもがな、3大欲求とは食欲・睡眠欲・性欲のことですよね。

お腹が空いていてはいい仕事はできませんし、睡眠が足りなくては元気がでず、健康にもよくないものです。性欲だって恋人とのラブラブな関係を維持するためには、絶対に欠かせないもの。

そこで今回は、こと恋愛について3大欲求を高めることの大切さを考えてみました。

睡眠欲

1日のなかで欠かさず取らなければいけないもの、それが睡眠だと思います。眠るときは、どうしたって睡魔が襲ってくるもの。

睡眠が足りないと、人は体がだるくなったり、判断能力が鈍ってしまったりしてしまいますよね。当然「エッチをしたい」と思う余裕もなくなるものです。

特に仕事で追われた日は、否応でも体が睡眠を求めるもの。疲れが溜まっていれば「寝ても寝ても寝足りない……」なんてこともあるのでは?

何をするにも体が資本ですから、いかにして睡眠の質を高めるかは大事な問題だと思います。たとえば夜更かしは避け、きちんと睡眠時間を確保することから始まり、シャワーで済ませず毎日きちんとお風呂に入るとか。

「気持ちいいから」とコタツで寝てしまわず、ちゃんとベッドや布団で寝るとか。寝る前のスマホいじりは極力避ける。照明器具は消して、部屋を暗くして寝るなど――。

一見当たり前なことを欠いてしまっている人は多いのではないでしょうか? 「面倒くさいから」というひとことで片付けず、疲れているからこそ注意したいものです。3大欲求の重要性!気持ちのいいセックスをするために意識したいこと

食欲

食欲もなくては生命にかかわりますよね。「腹が減っては戦はできぬ」というように、ご飯を食べなくては力が出ないものです。

お腹いっぱい食べることで睡眠も襲ってきますし「ほかのことをしよう」というやる気もみなぎるもの。当然そのなかにはエッチも含まれるでしょう。

デート前の食事なら、お互いに食べたいものを食べて、いかにリラックスした空間を作れるかが大事だと思います。ただご飯を食べているだけでは味気ないですしね。

3大欲求には含まれていませんが、コミュニケーション欲も私たちが生活するうえでなくてはならないものです。人は、誰かと話しをしたい欲を持っています。

恋人関係だって、日ごろから話ができていないと、お互いに不安になってしまいますし、気持ちのすれ違いが起きかねませんよね。

話をすることでお互いの気持ちがわかり、心身ともにリラックスできて、エッチの時も体を許せるはず。デート時はぜひ美味しい食べ物で、ふたりのホンネを打ち明けながら、心を寄せ合いたいものです。3大欲求の重要性!気持ちのいいセックスをするために意識したいこと

性欲

3大欲求のひとつ、性欲。睡眠欲、食欲がまともに取れていないと、性欲は湧きづらいものです。そういった意味で、性欲はちょっとデリケートなものと言えるかもしれません。

性差でいうと、男性の性欲は20歳をピークに、それ以降下がり気味になると聞きます。一方の女性は、35歳を過ぎて40歳がピークとも。いずれも男女のホルモンが関係しているのでしょう。

性欲と聞くと、エッチなイメージを抱く女性も多いかもしれませんが。性欲を高めることは、生活をするうえでのボルテージになります。好きな人を意識するのも、究極のところ相手に性欲を感じるからでは?

性欲を高めるポイントは、ストレスをため込まないこと、毎日を積極的に楽しむことです。心身が安定していないと、性欲は高まりません。

仕事やプライベートでのストレスを極力減らし、彼との関係もどうしたらより良いものになるか、ぜひ前向きに考えてみてください。3大欲求の重要性!気持ちのいいセックスをするために意識したいこと

おわりに

最近彼とのエッチがマンネリ、夜の回数も少なくなってきている。

そう感じたなら、ぜひ3大欲求に注目してみては? マンネリの原因が解消されるかもしれません。

柚木深つばさの他の記事を読む

この記事どうだった?

6いいね!

1うーん…