正しい化粧水の付け方をマスターして美肌を手に入れよう! 目指せみずみずしいジューシー肌♪

いつも洗顔後に何気なく使っている化粧水。
どんなふうに付けていますか? 化粧水の付け方を変えただけでスキンケア効果をアップ。さらにお肌のコンディションを整えることができます。

お肌のうるおいを保つために欠かせない化粧水。正しい付け方をここでマスターしてジューシー肌を手に入れましょう。

なぜ化粧水は必要なの? 化粧水を使う目的とは

「いつも何気なく使っている化粧水の役割は何?」と聞かれてすぐに答えられるでしょうか?
簡単に言うとお肌への水分チャージです。水分を補給することで乾燥からお肌を守ります。

もし水分が足りてなかったらお肌はどうなってしまうのでしょうか? 乾燥したお肌は紫外線などの外部からの刺激を受けやすくなります。
それによってシミやそばかすができやすくなったり、肌表面のバリア機能が低下したりして肌荒れやニキビができやすい環境へと変わります。肌内部の水分が不足することでめぐりが悪くなり、ターンオーバーサイクルも乱れ、肌トラブルが続出するようになります。

お肌にとって水分は必須なのです。
そのために化粧水の正しい付け方をマスターしてお肌を乾燥から守る必要があります。
正しい化粧水の付け方をマスターして美肌を手に入れよう! みずみずしいジューシー肌に

肌の奥まで浸透させるパッティング! 正しい化粧水の付け方

洗顔後すぐにつけるのが鉄則! 乾燥からお肌を守る

洗顔してタオルで水分を取ったらすぐに化粧水をつけましょう。放っておくとお肌はどんどん乾燥するばかり。
そんな状態で化粧水をつけたとしても浸透率がガクッと下がってしまいます。

化粧水の付け方で一番大切なのが、洗顔後すぐに化粧水をつけることです。

化粧水の適量はどのくらい? 多ければいいというものでもない

化粧水の付け方でのポイント2つ目は化粧水の量です。目安としては500円玉程度。
コットンで付けるならコットンから流れ落ちるくらいの量は適量とはいえませんし、コットン全体が湿っていない状態で使用するとお肌に付けるときにコットンが刺激となってしまいます。

化粧水の量はコットン全体が湿っていて、お肌にのせたときに吸い付くような感覚があるくらいがベストです。
正しい化粧水の付け方をマスターして美肌を手に入れよう! みずみずしいジューシー肌に

コットンor手どちらがベター? どちらを選ぶかはあなた次第

化粧水を付けるときにコットンを使うメリットは、お肌の細かい部分を含め化粧水を全体に浸透させることができる点です。
ただコットンの場合には全体を化粧水で湿らせてから使用しないと毛羽立ちが肌刺激となったり、擦るようにして化粧水を付けたりすることでもお肌にダメージを与えてしまうことになります。

それなら手で化粧水を付けるのはどうなのでしょうか?
手の温度でお肌を温め、化粧水の浸透率を高めるハンドプレスと呼ばれる方法がありますが、手で付けると手に化粧水が浸透してしまい、思うように肌浸透率がアップしないことも考えられます。

またハンドプレスでは小鼻の周りや目のくぼみ部分など、細部に化粧水を行きわたらせるには工夫が必要です。
ただ実際にお肌に触れることで肌表面の状態を知ることができるという点は、ハンドプレスならではのメリットと言えるでしょう。

お肌に刺激はNG! 化粧水の付け方の注意点

化粧水の付け方で利用する手法、パッティング。
この名前から顔を叩きながら化粧水を浸透させるものだと思い込んでいる人も中にはいます。でもこれはNG。

肌刺激を与えてしまうだけでなくダメージが出て肌トラブルの原因となってしまいます。パッティングとは叩くのではなく、基本は肌を押し撫でるようにして化粧水を浸透させる方法です。
正しい化粧水の付け方をマスターして美肌を手に入れよう! 目指せみずみずしいジューシー肌♪

まとめ:正しい化粧水の付け方をマスターしてお肌に潤いを♪

化粧水はお肌を乾燥から守り、スキンケア効果を高めるために付けるアイテムです。だからこそお肌に浸透してない付け方では意味がありません。

特に今までお肌に化粧水が浸透している感じがしていなかった人にはこの機会に化粧水の正しい付け方マスターして、化粧水がお肌に浸透するとはどういうことなのかを味わってほしいです。

化粧水の肌浸透率がアップしただけでもメイクのノリに変化が現れます。ベースとなる化粧水の付け方にこだわってみてください。

涼夏の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…