処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

誰しも処女であったはず。処女でない方の話を聞くと、初めてのセックスでは男性のアレがなかなか入りにくいと言われます。(少女漫画のようにはいかないのですね、、、)

ではどうして処女は、はじめてのセックスで入りにくいのかご存知でしょうか?

 処女の女性が初のセックスで入りにくい理由は「処女膜」が原因。

 処女膜というのは膣内の内側にある「ひだ」のことで、女性によって形や硬さが違います。それと「膜」といっても膣内を完全に塞いでいるわけではなく、小指が入るくらいの穴はあいています。処女膜に空いている小さい穴は、生理時の出血やおりものが排出する分には問題ない大きさですが、男性のペニスになるとちょっと窮屈で入れるのが大変。

 男性の勃起したペニスは小指以上の大きさになるので、小さい穴しかない状態ではうまく入りません。それに無理に入れようとすると女性は「痛み」を感じることが多いので、途中で怖くなり、それ以上先に進めなくなったりもします。

 一度でも最後まで入れることができれば次回からはもっとスムーズなんですけどね。

 これからはじめてのセックスに挑む女性へ、初体験を無事に終わらせるアドバイスを紹介していくので参考にしてみてください。

ドキドキの初体験について

みんなの初エッチのタイミングって、付き合ってどれくらいでしているのでしょう? 「恋学アンケート」で男女別にアンケート調査を実施してみましたので参考にしてみてください。

男性が好きな人と初エッチするタイミングは交際開始から1ヶ月以内

【男性限定】好きな人との初エッチのタイミングは?|恋学

投票者合計766人、多くの男性読者からのアンケート協力をいただけました。

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

 

 

初エッチのタイミングは? というアンケートで、意外にも多かったのが『付き合って初めてのデート』。全体の15%の男性が初デートの後にエッチをする、もしくはしたいと考えているようです。

 処女の方にとって、初デートが初体験を迎える日になるかもしれませんね。

 一番多かったのが『交際開始から1ヶ月以内(全体の28%)』、このくらいの期間が男性にとって丁度いい期間なのかもしれません。処女の方にとっても、最低でも1ヶ月は心の準備ができることになります。

 

女性が好きな人と初エッチするタイミングは交際開始から3ヶ月以内

【女性限定】好きな人との初エッチのタイミングは?

次は女性に行ったアンケート調査結果です。
投票者合計511人、こちらも多くの女性読者からアンケートをいただけました。

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

 

女性のアンケートでも、『付き合って初めてのデート』で初エッチをすると答えた女性が全体の19%、意外にも男性よりも女性の方が初デートで初エッチをする、もしくはしたいと思っているようです。

 そして一番多かったのが『交際開始から3ヶ月以内(全体の22%)』、彼との初エッチはじっくり交際を続けてから行いたいと思う女性が多いようですね。

はじめてのセックスへの9つのステップ

「はじめてのセックスはどんな感じで展開していくのだろう? 」「彼に全部任せればいいのかな? 」など、処女の方にとってはじめての初体験へのシチュエーションに不安を感じる女性は多いと思います。

 ココでは、はじめてのセックスを9つのステップに分けて解説していきます。

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

1.いいムードを作ろう

記念すべき初セックスをする前には、「これからエッチなことをする」という雰囲気作りが必要です。なんの前触れもなしに、いきなりセックスがはじまることはありません。必ず「いいムード」になってからセックスがはじまっていくんです。

 ムードを作るためには、「今日初エッチするのかな? 」と予防線を張っておけば、自然とそういう雰囲気になっていくこともあるし、彼とイチャイチャしているうちに気がつくとエッチなムードになったりします。

 彼のほうも、あなたとの初エッチのタイミングを伺っているので、チャンスがあれば誘ってくるはずです。

2.軽いスキンシップをとる

セックスをはじめる前に、彼と軽いスキンシップを楽しんでみましょう。お互いを優しく抱きしめ合うことで、彼とあなたのカラダが密着し、ガチガチに緊張した心とカラダをリラックスしてくるので、初体験への不安も少しは収まっていくはずです。

3.ライトなキスからディープキスへ

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

緊張がほぐれてきたら、次は彼とのキスです。もしこれがはじめてのキスだった場合には、男性の唇の感触にドキドキするかもしれません。まずは、彼の唇とあなたの唇を重ね合う、ライトなキスを楽しんでみましょう。慣れてきたら、あなたの唇で彼の唇を優しく噛んでみるのもいいですね。

ライトなキスに慣れてきたら、今度は「舌」を使って彼の舌と絡み合う「ディープキス」をしてみましょう。ライトなキスの何倍も刺激的で、頭から足先までビリビリと衝撃が走ることもあります。ディープキスをしていくうちに、次第にエッチな気分が高まっていくはずです。

初セックスの前に、キスの快感を思う存分楽しんでおきましょう。

4.服の上からソフトタッチ

ディープキスをしていくうちに、お互いのエッチな気分は高まっていきます。そのタイミングで、次は彼の服の上からカラダをソフトタッチしてみましょう。手のひらに伝わってくる彼の体温と感触に、あなたのエッチな気分も高まっていくはずです。

熱いディープキスをしながら彼のカラダをソフトタッチ。あなたが彼に触れたことで、彼も「触っていいんだ」と解釈するので、彼もあなたのカラダをソフトタッチしてくるはずです。緊張であなたに触ることができない様子であれば、彼の手をそっと取り、自分のカラダへと運んであげましょう。そうすると彼の緊張もほぐれ、さらに愛し合うことができます。

5.お互い服を脱がせあう

お互いの気持ちが昂ぶってきたら、次は服を脱ぎ、セックスへの準備へ入っていきましょう。別に全部脱がなくてもいいですが、お互いハダカになり、素肌で体温を感じ合うほうが心も落ちつくし、なにより彼との愛を強く実感できたりします。

服を脱ぐ時も自分で脱ぐのではなく、お互いの服を脱がせあってみましょう、そうすると「これからセックスするんだ」という実感が強くなっていきます。それに彼のハダカを見た時の感動も味わえますよ。

6.愛撫しあう

セックスに欠かせないものに「愛撫」という前戯があります。愛撫というのは、「手」や「口」を使って相手のカラダを「触わる」「舐める」ということ。セックス初体験の女性がいきなり愛撫するのはちょっと敷居が高いかもしれませんが、する・しないで、そこから先のセックスに影響も出てくるので頑張ってみましょう。

愛撫にはいろいろありますが、お互いに気持ちよさを感じやすいのは、お互いの性器を舐めるということ。つまり「フェラ」と「クンニ」です。フェラが苦手な女性も多いでしょうが、男性はフェラされることで一層興奮するので、怖がらずに愛撫してみましょう。

それと、彼からクンニされることに抵抗を感じるでしょうが、彼に愛撫してもらうことで、「一つになりたい」という思いが強くなったりします。お互いを愛撫しあうことで、初セックスへの不安も和らいでいきますよ。

処女の方にとって、いきなり「フェラ」と「クンニ」は難しいかもしれないので、無理にする必要はありませんよ。

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

 

7.コンドーム装着後挿入

セックスを行う上で欠かせないのが「コンドーム(スキン)」、これをちゃんと着用していないと「妊娠」や「性病」のリスクが高まるので必ず着用しましょう。

ココまでの手順を行っていれば、お互い心の準備が出来ているので、いよいよ挿入です。あとは彼にカラダを任せ、はじめてのセックスがスタートです。

ここで痛みを感じる人が多いのですが、出来るだけ深呼吸してリラックスして彼の挿入を待ちましょう。

もし痛みを感じたら、正直に彼に言ってください。くれぐれも無理しないように。

8.コンドームが破れていないか確認

セックスは、男性が「射精」することで終わります。コンドームを着用してのセックスは、女性の膣内でそのまま射精することもあります。そこで確認しておきたいのが、射精した「精液」が漏れてないかどうかです。もしも、ピストン運動の動きや摩擦によってコンドームが破れたり外れていたら、膣内に精液が付着してしまう恐れがあるからです。

セックスが終わったらコンドームが破けていないか確認もしておきましょう。

9.ピロートーク

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

「ピロートーク」というのは、エッチが終わったあとの会話のことです。セックスの感想を話してみたり、自分がどれだけ相手のことを好きか伝えるなど、カップルによってピロートークの内容は違います。簡単に言えば、エッチが終わったあとも“イチャイチャできる時間”ということです。

セックスが終わったあとの心地よい充足感と、彼とピロートークすることで生まれる心の安らぎが、セックス後も余韻を楽しませてくれます。

はじめてのセックスが素敵な思い出になるように

これさえやっとけば初体験は怖くない

処女が初めてのセックスをする時は「かなり痛い」という話を聞いたことがあると思います。実際にその通りなんですが、この痛みは“たったの2秒くらい”で去っていくんです。

たったの2秒くらいなら我慢できそうな気がしてきませんか? でも、痛みを2秒で終わらすためにはにちょっとした事前準備が必要です。

初めて膣内にペニスを入れる前には、必ず「指でほぐす」という前戯が必要になります。
最初は指1本から徐々に慣らしていき、次は2本という感じで少しづつ膣内をほぐしていきましょう。この時、濡れた状態の膣と指であれば、第二関節くらいまでならあまり痛みを感じることなく入れることができます。自力で濡らすことができない場合は「ローション」といったラブグッズを使うのもオススメ。

こうすることで膣内と処女膜の壁がほぐれていき「入れやすい状態」になっていきます。

ちょっと痛みはあるけど、指がスムーズに入るようになれば膣内はある程度ほぐれてきたサインです。そのタイミングで膣内にペニスをゆっくり入れてもらいましょう。

女性によって処女膜の硬さも違うので、途中でペニスが止まってしまうことがあります。その時にはもう一度指でほぐしてもらうか、途中まで入ったペニスをゆっくり時間をかけて前後運動してもらいましょう。そうすると処女膜がほぐれていき、奥まで入れることができるようになっていきます。

ペニスは指の第二関節以上の長さがあるので根本まで入れると痛みを感じますが、前戯がうまくできていれば痛みはたったの2秒程度で収まっていきます。

きちんと手順を踏んでいれば、初めてのセックスが「気持ちよかった」と感じることもできるので、ガチガチに緊張せずリラックスして初めてのセックスを楽しんでみてください。

相手が童貞だとうまく入らないことが多い

処女と童貞という組み合わせは、初のセックスが失敗に終わることが結構多いって知ってました?

失敗する理由は色々とありますが、主な原因は「性に対する知識不足」です。「とりあえず入れたらいい」なんて思ってるから、小さい穴の状態で無理やりペニスを押し込もうとし、「あれ入らない? 」と予想外の出来事に焦ります。それに女性が痛がった反応を見せると相手の男性は萎縮してしまい、勃起を維持することができません。処女の膣内はかなり締め付けがあるので、萎縮したペニスでは入れることがもっと難しくなっちゃいます。

きちんと段階を踏むことでスムーズに入れることができるのですが、処女と童貞はそういった予備知識がないことが多いので初体験が失敗に終わりやすいんです。

初体験がうまくいかなかったら自分もショックですが、相手の男性も相当ショックを受けていることが多いので、失敗した時には「また次がんばろうね〜」と童貞男性へのフォローもしておくのも大事ですよ。

逆にセックス慣れしている男性(これもちょっと嫌ですが)でも、処女とのセックス経験がない場合にはうまくいかないこともあります。それだけ処女とのセックスは男性にとって難しいものなんです。

事前に体のケアを入念にしておく

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

初セックスが失敗しないために、事前に体のケア(手入れ)をしておくことも大事です。彼の前でハダカを晒すことになるので、気になるところがあれば事前に手入れをしておきましょう。

それと、気をつけたいのが「匂い」です。セックスではお互いのカラダが密着し合うので、今まで気が付かなった匂いを感じることがあります。特に注意しておきたいのが「アソコの匂い」。彼が「クンニ」をしてくるときに、あなたのアソコから匂いが出ていると、せっかくそこまで盛り上げたエッチな雰囲気が冷めてしまうことがあります。

そうならないためには、セックス前のシャワーで入念にアソコのケアもしておきましょう。ただし、せっけんで洗いすぎないよう気をつけてくださいね。

お互い無理はしない、痛みが伴うなら中断もあり!

はじめてのセックスは痛みが伴うのは仕方のないことです。じっくりと時間をかけた前戯をしても、挿入時に激しい痛みを感じる場合には中断するのもありです。やはりはじめての経験ですから、痛みの恐怖でそこから先へ進むのが難しいこともあります。

セックスを中断することは男性にとって残念なことですが、彼女への思いやりがある人ならば分かってくれるはずです。それにセックスをするチャンスはこれから何度もありますので、この次に頑張ればいいだけです。何度も挑戦していくうちに、徐々に痛みにも慣れていくはずなので、そのうち初体験を無事に終わらすことができますよ。

「はじめてのセックス」は記念になる特別な場所で

処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ

はじめてのセックスというのは男性、女性ともに記憶に残りやすいものです。あとで振り返った時に、良い思い出として残るように記念すべき初セックスは「特別な場所」でしてみるのもいいと思いますよ。

例えばですが、彼と一緒に旅行に行き、旅行先のホテルで初セックスをするのもあとで良い思い出として振り返ることができます。旅行中の楽しい思い出も一緒に蘇ってくるので、いつまでも色褪せることなく、あなたの記憶に残るはずです。

自宅や彼の部屋で初セックスをするのもいいですが、記念すべき初セックスは「ラブホテル」を使ってみるのもいいと思いますよ。処女女性は今まで一度もラブホテルを利用したことがないと思うので、初体験と合わせてラブホテルを経験してみるのも思い出になると思います。地元のラブホテルでもいいし、県外の高級ラブホテルへ旅行ついでに行ってみるのもいいかもしれません。

はじめてのセックスというのは、おそらく一生の記憶の中に残るので、絶対に良い思い出になるようにしたほうがいいと思いますよ。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

207いいね!

11うーん…