セックスでの焦らしプレイは男性を虜にするテクニック

セックスというのは基本的にどちらかが「受け」になり、相手のプレイに身を任せています。
そこに「愛」さえあればどんな単調なプレイでも気持ちよくなれるんですが、ちょっとしたテクニックを駆使することで、男性はあなたとのセックスが癖になります。

セックスでのテクニックには色々ありますが、今回は『焦らしプレイ』という方法を紹介したいと思います。焦らしプレイをマスターすれば彼はあなたにぞっこんですよ! 

焦らしプレイは女性の『責め』が重要

セックスの終着点は男性が「射精すること」で終了しますよね? では、射精をしないようにコントロールすればどうなるでしょう。

男性は射精する瞬間が快感のピークですが、射精の直前も気持ちよかったりするのです。つまり、長い時間射精させないであげると「気持ちいい時間」が長く続きます。

男性との関係性にもよりますが、基本的に女性は「受け側」として男性の気持ちいいように主導権を渡してあげています。
もちろんそれだけでも男性は満足してくれるのですが、あなたが「責め」にシフトチェンジすることで男性に「いつもとは違う快感」をあげることができます。

簡単にできる焦らしプレイは「フェラチオ」と「手コキ」

「フェラチオ」や「手コキ」は焦らしプレイに最適の方法で、射精を簡単にコントロールすることができます。男性はイキそうになると表情や言葉に表れるので非常に分かりやすいです。
フェラチオや手コキをしつつ、相手の表情や言葉に注意していれば射精の直前で止めてみましょう。

男性からすると「なんで止めるの?」と不満を感じますが、「まだイッちゃダメ」と射精を焦らしてあげましょう。数分置くことで男性の射精感が徐々に収まってくれます。

収まってきたら再びフェラチオや手コキで射精の直前まで運んであげ、イキそうになればまた止める、といった焦らしを何回もやってみましょう。

男性は射精直前の快感を何度も味わうことができるので、いつもより気持ちよくなってくれるはずです。

セックスでの焦らしプレイは男性を虜にするテクニック

騎乗位からの寸止め焦らしプレイ

セックスの体位には女性が上になって行う騎乗位プレイがあります。自分が動くことで男性を射精に導けるこの体位でも焦らしプレイが可能です。

騎乗位中に男性がイキそうになる直前に腰を動かすのをやめてみましょう。男性が動かそうとする場合には一度膣から抜いて、手で軽くしごいたり舐めてあげたりするのも効果的です。

膣内の感覚と手と口による感覚は違うので、「気持ちいけど射精できない」状態になります。こうした射精感を鎮めながらの焦らしプレイも男性に喜ばれるので挑戦してみてください。
セックスでの焦らしプレイは男性を虜にするテクニック

焦らしプレイは癖になりやすい

男性は自分の意志である程度射精をコントロールすることができますが、それは自分が責めている時だけです。女性から射精するタイミングの主導権を握られると「イキたいけどイケない」というちょっと不思議な快感になります。

自分の意志とは関係なく射精をコントロールされるのは、通常では味わえない快感なので女性からの焦らしプレイが癖になり、毎回同じことをしてあげないと満足してくれなくなる場合があるので注意です。

時間がある時はじっくり時間をかけて焦らしプレイをすることができますが、あなたが疲れている時や時間がない時に要求されてしまうとちょっと困ってしまいます。

焦らしプレイは男性にとって気持ちいい時間が続く「至福の時」ですが、癖になってしまうとこちらの負担が大きくなるので考えものです。セックスでの焦らしプレイは男性を虜にするテクニック

まとめ

セックスにおける女性からの焦らしプレイは男性の快感を長くしてあげることができるテクニックです。
相手の表情を読み取ることができれば、射精のタイミングが簡単に分かるので誰でも焦らしプレイをすることができます。

あまりやり過ぎると癖になってしまうことがあるので、焦らしプレイはほどほどにしておきましょう。

松嶋とるての他の記事を読む

この記事どうだった?

16いいね!

1うーん…