お見合い結婚は幸せになれる! お見合い結婚が人気に理由とは?

お見合い結婚は、離婚率が低いと知っていましたか? お見合いなんて嫌だと思う人も多いかもしれませんが本当に結婚をしたい人にはおすすめです。

お見合いはお互いの事情や情報を知らせた上で出会うので結婚までスムーズにいきます。

今回はそんな「お見合い結婚」が人気の理由に迫ります!!

お見合い結婚とは?

お見合いはどうすれば出来る?

「お見合い結婚をしたい」と思ったときに、どうすればお見合いができるのか? わかりませんよね。知り合いや近所の方でお見合いのお世話をされている方がいれば、話は早いですね。しかし、なかなか知り合いだからこそ断りにくいパターンもあります。

そこで、自治体などで結婚相談所に足を運んでみたり、ネットで大手のお見合いサイトに登録することから始めましょう。お見合いに登録するときには自分のことを客観的に見る必要があります。しっかり自分を見つめて、理想の相手と巡り会いましょう!

お見合いのメリットは?

結婚相談所や紹介してくれる人に、自分が希望する結婚相手の条件に見合った人を紹介してもらえます。

多くの男性と交際しても、自分の理想の男性に出会うことは、そう簡単ではありません。しかし、お見合いなら条件のいい人と知り合う事ができるので、結婚までの無駄な時間が省けます。

またお互い結婚を意識しているので、軽い気持ちの男性もいないので安心できます。
お見合い結婚は幸せになれる! お見合い結婚が人気に理由とは?

お見合い結婚はどのように進むの?

お見合い結婚は、条件の合う方を紹介してもらい双方がOKであれば、お見合いに進みます。食事やお茶を二人で行い、お互いのフィーリングを確かめます。

話が弾むか、趣味が合うかなど。お互いの印象が良ければ、また次に会う約束や携帯番号を教えたりして交際期間に発展します。この交際期間で、結婚出来るかどうかしっかり吟味しましょう。もしも、無理かも? と思うことがあれば断ることもできます。

相手の事が気に入ったら真剣に交際をし、プロポーズされて結婚ととんとん拍子に進みます。

今お見合い結婚が人気の理由

離婚率が低い

意外ですが、実はお見合い結婚は離婚率が低いのです。恋愛で結婚した人の離婚率が50%以内に対して、お見合い結婚の離婚率は10%以内だと言われています。

恋愛結婚に比べ、お互いの素性を知らせた上でのお見合い結婚は、ある程度良い面も悪い面も分かった上で結婚するので、結婚後のマイナス部分が少ないからでしょう。

また、お見合い結婚はお互いの価値観や将来の未来像などしっかり話し合って結婚するので、幸せな結婚生活をおくれます。

理想の相手に出会うことができる

先ほどお見合い結婚のメリットでも話しましたが、お見合いなら理想の条件を提示しても恥ずかしくありません。

「恋愛なら相手の収入がいくらなのか?」「会社は一流企業か?」「大学はどこを出ているのか?」など聞きにくいですよね。また、好きになってしまったら、「大学に出ていないから」や「一流企業で働いていないから!」 と言って別れを切り出すわけにもいきません。

このような理由から、お見合い結婚は自分の理想の相手を探す最高のシステムで人気があるのです。
お見合い結婚は幸せになれる! お見合い結婚が人気に理由とは?

お見合い結婚で知っておくべき事

登録料金が発生する

「お見合い結婚をしたい!」と思う女性も増えています。そこで、お見合いサイトや地元の相談所でも最初に登録料が発生することを知っておきましょう。

最初に払う金額は、サイトや相談所で違いますので払える金額のサイトにしましょう。登録料金を払うので、しっかりサポートや相談に乗ってくれますよ。

イメージと違う場合もある

お見合い結婚は、お互いの条件や写真を元にマッチングします。そこで、写真を多少加工して載せている場合がないわけではありません。

少しでも相手によく見られたいという気持ちは女性でも同じですよね。そこで、合ったときにイメージと違う場合もあるということは、頭に入れて置きましょう。

紹介者に気を使う

相談所やお見合いサイトなら大丈夫です。紹介者に気を使うというのは、上司や親戚などの紹介でお見合いをする場合です。

相手の事を気に入れば大丈夫なのですが、どうしても断りたいと思う時や相手が気に入ってくれなかったとき、気まずい関係になる場合があることを知っておきましょう。
お見合い結婚は幸せになれる! お見合い結婚が人気に理由とは?

結婚願望が強いならお見合い結婚を!

早く結婚したいと思うなら「お見合い結婚」が良いと思います。恋愛特有の面倒くさい駆け引きなども不要で幸せな結婚をゲットできます。

恋に疲れた人や、リアルに結婚をしたい人はお見合いサイトや結婚相談所に出かけて見てはどうですか?

KKYOKOの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…