15通目: オーガズムって、セックスにいらなくないですか?(トイアンナ → yuzukaさん)

15通目: オーガズムって、セックスにいらなくないですか?(トイアンナ → yuzukaさん)

こんにちは、トイアンナです。大人気ライターのyuzukaさんと文通連載する本シリーズ、今回のテーマはは「オーガズム」です。

最近セックスについてご相談をいただくことが多くあります。中でも「イケない」相談はこっそり打ち明けられることが多いものです。他のお悩みに多い「痛い」「濡れない」と比べても、自分に責任があるように感じられてしまうせいでしょうか。

「ごめん、イケなくて」

「俺こそイかせられなくてごめん」

と、愛はあれどもイケない問題に悩む乙女は多いのです。

 

yuzukaさんの前回記事はこちら
14通目: ネット恋愛するならしたたかに、当たればラッキー感覚で(yuzuka→ トイアンナさん)

 

オーガズム、いります?

けれど……ですよ。オーガズムがなくても、セックスって気持ちよくないですか? 服越しにしか分からなかった相手の体を抱きしめられるだけで嬉しいし、自分を気持ちよくさせようとしてくれる彼を見られるだけでも気持ちいい。

お気持ち面だけでなく、身体的にも女性は感じる部分がたくさんあります。性器が性感帯のほぼすべてとなっている男性に対し、イかなくても気持ちいい場所は山ほどあります。

ですからイけないと悩む女性へ、

「じゃあ、オーガズムがないセックスは退屈だから二度とやりたくないと思う?」

と質問すると、そんなまさか、だって今でも気持ちいいし……と返ってきます。

じゃあ、オーガズムって別にあってもなくてもいいじゃん。

彼のためにイこうとしないで

むしろ、問題だなと思うのは「彼のために感じなきゃ」というプレッシャーです。男性だって「ほとんどイかない」方もいれば、簡単に達する人もいます。それと同じで女性だってイきやすい人と、逆立ちしようが子宮にパワーストーン突っ込もうがイかない人もいる。それはもう感覚の差です。

男女問わず、そこへ罪悪感を抱くことはない。イかないもんはイかないんだ! って開き直っていいんじゃないかと思うのです。「みんなが知っている快楽を自分だけ知らないのはなんかヤダ」という気持ち、分かります。

けれどオーガズムを得にくい人はその代わり、イかない快楽を追求する権利を持っています。触れば秒でビクンビクン、イくー! って人には永遠にわからないであろう深淵なボディタッチを楽しめるのは、あなただけの特権。あなたはセックスで劣っているのではなく、違う道を歩んでいるだけ。そう考えたら、セックスってオーガズムなしでも楽しくなりそうじゃないですか?

 

最後にyuzukaさんへ「イかなくてもセックスって楽しくありませんか」と質問させていただきます。

ライターの数だけ答えあり、次回もご期待ください。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)

(1)あなたはセックスでイくことがありますか?

 

Written by トイアンナ&yuzuka