彼と接近したいのなら、プールと花火と○○の合わせ技!~アナウンサー小泉恵未の【コエミの恋するグルメ】Vol.19~

夏といえば海! でも実は海ってデートスポットとしてはハードルが高め。プールの方が気軽に彼と接近できることもあるのです。

プールが有利な2つのポイント

1.長く遊べる
この時期、炎天下の砂浜の表面温度は50度を超えます。ビーチパラソルにクーラーボックス持参で徹底的な日よけを行うか、海の家で過ごせば、体力のない人でも乗り切ることができますが、彼との接近より自分の日焼けにヒヤヒヤしていてはもったいない! プールなら、2人乗り浮き輪のチューブライドで、どちらが誘うでもなく自然に接近できるし、暑さを感じたら、併設されている屋内レストランに入ったり、砂が付かないので移動がスムーズで長く施設内で楽しめます

2.夜までさっぱりした気持ちで遊べる
学生時代からボディーボードをやっている私は、車に必ずポリタンク式の簡易シャワーを積んで海に行っていますが、グループや二人での海水浴デートとなると、一般的に海の家やビーチに設置されたシャワーを使うことが多くなると思います。これらのシャワーは海水や砂を洗い流すことが目的なので、次の人が待っていると、ゆっくりシャンプーをすることなどは難しいのが現状。ましてはドライヤーなどありません。ベタベタ感が残って、頭がちょっとかゆいなーと感じては夜の花火大会まで楽しめなくなってしまいます。

プール選びをしてみよう

東京のプールスポットはDEKASLA」が話題の東京サマーランドや、スライダーが豊富なとしまえんが定番ですが、ちょっと足をのばして東武動物公園まで行ってみてはいかがでしょうか。その名の通り、プール利用券で動物園にも入園できます。暑さが去った夕暮れ時にプールから動物園へ!この合わせ技はぐっと心を接近させるチャンスです!一緒に1つの浮き輪に乗った後なら、手をつなぐのもいつもより簡単かも。土日は20時まで営業していますが、動物とのふれあいは16時まで。15時40分の「ヤギのお帰りタイム」までには動物園に入って、是非、小屋めがけて猛ダッシュで帰るヤギの姿を見てみましょう。一緒に笑うと一体感が増して幸せを感じられます。ふれあい動物の残りの20分で二人寄り添ってヒヨコやウサギを抱いて距離接近!せっかくですから、ここで写真を撮ってもらうのもいいかも

2014080102

その後は動物園の目玉であるホワイトタイガーを見に行くなど、ゆっくりした時間を楽しみましょう。プールあがりですから、無理をしない程度に。最後に残った体力で挑むのが、花火大会です。

8月中の土曜日は東ゲートで19時半

2014080103

19時30分になったら遊園地側の東ゲートへ向かいましょう。「東武動物公園、花火イリュージョン」、穴場です!今まで花火大会を取材してきましたが、花火大会鉄板のJ-POPとは少し違ったセレクション(笑)JUDY AND MARY motto嵐のOne Love。もしかしたら、2人の思い出の1曲になるかもしれませんね。打ち上げ場所もとても近い見応えのあるオススメ花火です。今週からはまたプログラムが変わるそうですよ☆

見た目も涼しげ、喉越しツルン!

2014080104

暑い日はあまり出歩きたくない方にもオススメの今日の恋するグルメは、涼しげで幸せを感じられる「水車厘(水ゼリー)」京都室町に本店を構える然花抄院のお菓子ですが、実は渋谷ヒカリエの店舗でも食べられます。日本人らしい繊細さをもつお菓子が、美味しく感じられる季節。ほんのりと甘さを感じられるゼリーに黒蜜をかければ、ひやっと冷たい喉越し。決して甘ったるくない黒蜜の余韻を口の中に残したままお抹茶を頂けば、、、あぁ、幸せ。最近夏バテ気味な彼を誘って、さっぱりした和の世界を一緒に堪能してはいかがでしょうか。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…