セックスでイキやすい男性との付き合い方

今回は、セックスでイキやすい男性との付き合い方について考えてみたいと思います。あなたが中々イキづらい場合は、充実したセックスライフが送れず、恋愛に支障をきたす可能性があります。

身体への負荷を考える

セックスでイク、すなわち、男性の場合は射精する際は、血管などポンプ系に負荷がかかります。ですから、あなたがイキづらいからといって、彼に何度も何度もイカせながらセックスを繰り返すというのはすすめません。

彼自身の身体への負荷を考えた上で、セックスライフというのは、一緒に作り上げていかないといけません。

たとえばですが、記念日、クリスマス、長めの旅行の際は、頑張ってもらうといったように、常にではなくタイミングを決めておくと、男性側もあなたも気持ちをそこに向けて、盛り上げたり体調を整えたりする準備期間があるため良いと思います。

男性はかなり気にしている

男性は他人からどう見られているかの評価を非常に気にします。特にセックスについては、男性として最もある意味で真価が試されると感じていますので、イキやすい男性であればあるほど、実は内面で非常に気にしています。

ですから、そこに対してダイレクトな表現で伝えるのはやめましょう。また、男性がイッたからといって、愛撫自体はそこで打ち切るのではなく、あなたがイクまでしっかりとしてもらうように促していくことも大切です。

セックスでイキやすい男性との付き合い方

セックスの位置付け

セックスが始まる前とイッた後では、男性は、天と地ほど気分に差があることを理解しましょう。セックスは雄としてのゴールであり、射精はその終了を意味しますから、終わった後、男性は極めて冷静になります。

セックスするまでは理性のコントロールが非常に難しいくらい、本能に突き動かされてしまいますので、落差にびっくりされる女性も多いです。

ですから、あなたと彼の中でセックスが愛し合う行為だということを、何度も何度も会話をして、男性側に単なる射精行為ではないんだということを教育していくことが大切になります。

セックスでイキやすい男性との付き合い方

イキづらいから良いということではない

イキやすい男性に不満な女性が、逆にイキづらい男性に満足するのかというとそうではありません。イキづらい男性は性器の接触時間も増えますから、気持ちが乗らないときは痛みを感じ、それが男性がイクまで続くという過酷な時間になることさえもあります。

イキやすいなら、イキやすいなりの、イキづらいならイキづらいなりの、セックスのスピード感があります。愛撫の仕方も変わってしかるべきです。

ですから、あなたと彼で満足できるセックスの仕方を、しっかりと話し合って作り上げていくことが、恋愛の信頼関係をさらに深め、お互い安心して大切な関係を確かめ合うためのセックスライフを実現するために、非常に重要となります。

セックスでイキやすい男性との付き合い方

いかがでしたか?

イキやすい男性が、イキづらくする身体的なテクニックもあるようですので、関心のある方は、そちらも調べてみても良いと思います。充実したセックスライフを送るためにも日々研鑽(けんさん)が必要ですね。

神崎志乃の他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

3うーん…