【恋愛小説】私のカレイドスコープ ~妄想社内恋愛のススメ?~ 第4話 「白衣パニック」

~あらすじ~

セリカは、大手家具メーカーに勤める27歳OL。2年前、元カレに浮気されてフラれた過去をひきずりつつ、ときめきを求め、好みの男を見つけてはある妄想をしてしまう癖が。

営業部のプレイボーイ、企画部のイケメン上司、人事部の年下男子……と、妄想を駆り立てる相手には事欠かない。

めくるめく万華鏡(=カレイドスコープ)のように変わるセリカの脳内ワールド。それは、彼女の現実に恋人を引き寄せるスパイスになるのか?

第4話 「白衣パニック」

会議室(臨時医務室)

出先から戻ってきたドクターと、向き合って座った。

「鼻血が止まらないから来たんですけど。もう、治まったみたいで……」

私がうつむいてそう言うと、

「そうですか。まあ、止まったのならよかった」

と、ドクターは笑った。

ふと胸元を見ると、『桐生』という名札がつけてある。 

 

桐生先生は、

「いちおう、熱と血圧を測っておきましょう」

と言い、血圧の機器を私の手に付けた。

 

おかしい。

絶対におかしい。

 

だって……

 

なんの妄想も始まらない。

 

目の前の現実の時間が、淡々と過ぎていく。

 

こんなにすごいイケメンに、微笑みかけられちゃって、手なんか触られちゃって、密着しているのに。

 

「大丈夫だね。平熱だし、血圧も正常です。最近、鼻血以外の気になること、ありました?」

「特にないです(妄想癖はありますが……)」 

フツーの問診。フツーの問診。

「あの……桐生…先生」

「はい?」

「いつも、うちの会社の健康相談に来られてるんですか?」

「僕がこちらの会社を担当したのは今日が初めてですよ。どうして?」

「私、初めてだから、よくわからなくて」

「ああ、そうなんですね」

桐生先生はパソコンを打っていたが、少しの沈黙の後、ぼーっとしている私に向かって、

「来月も来ると思いますよ。気になることがあったら、なんでも相談してくださいね」

と、にっこり笑った。

 

総務部に戻っても、桐生先生の笑顔が頭から離れなかった。

と言って、廊下でもエレベーターでも、なんの妄想も想像もわいてこなかった。

 

それ以前に、臨時医務室には「ベッド」が三台も置いていた。

「さあ、思う存分に妄想に使ってやってください」と言わんばかりのシチュエーションだったのに。

 

私は中身まで「フツーの女子社員」だった。

それが逆に、自分の中でちょっとしたパニックを引き起こすことになった。
【恋愛小説】私のカレイドスコープ ~妄想社内恋愛のススメ?~ 第4話 「白衣パニック」

 

社内ラウンジ

今月のドクターがすごく素敵だという噂は、たちまち社内の女子社員の間に広まっていった。

休憩時間、企画部の理沙を誘って社内ラウンジに行くと、別の課の若い子がテンション高めに、「桐生先生がかっこいい~」と騒いでいた。

 

理沙と二人きりになった時、私も「確かに桐生先生は工藤さんレベルのいい男」と、彼の話をした。けれども、理沙は、

「ふーん」

と、興味なさそうに声を漏らし、すぐに話題を変えてしまった。

いつもなら彼女も飛びついてくるような話なのに、とてもあっさりしていて、違和感をおぼえる。

 

そうして、コーヒーの湯気を見つめながら、桐生先生と会ったことで妄想癖が治ったのかなあと考えていた。

 

「ねえセリカ、あんた、なんとなく最近、お肌の調子よくない? 新しいコスメ使い始めた?」

「ううん、ずっと同じだよ」

理沙は私を上から下までなめるように見つめて、

「ははーん、わかった。じゃあ男ね」

「はああああああ? なに言ってんの」

「彼氏できた? それとも、セフレできた?」

「あんた……バカ?」

「失礼ねっ! セックスするとお肌がキレイになるなんて、今どき常識じゃん」

 

そんなやりとりの最中、ラウンジに男が入ってきた。

 

人事部の佐倉部長だった。

 

理沙が耳元でささやく。

「前は愛妻家で通ってたのに、最近、女ができたって噂」

「そうなの?」

「車内キスとか目撃されてるんだって。まあ、そういう人ほど、女ができるとのめりこんじゃうのよねえ」

 

車内……助手席……

スイッチオン。
【恋愛小説】私のカレイドスコープ ~妄想社内恋愛のススメ?~ 第4話 「白衣パニック」

助手席

誰もいない山道で、車を止める佐倉部長。

「こんな山の奥まで私を連れてきて、なんのお話ですか?」

小刻みに震える私に、彼は前を向いたまま答える。

「わかってるくせに。オレの気持ち、気づいてたろ?」

「気持ち?」

すると彼はいきなり、私の上に覆いかぶさってきた。

「君を抱きたいって思ってるってこと」

 

おい、治ってないじゃん。

妄想癖。
【恋愛小説】私のカレイドスコープ ~妄想社内恋愛のススメ?~ 第4話 「白衣パニック」

 

第1話から読みたい人は……
私のカレイドスコープ ~妄想社内恋愛のススメ?~
次回をお楽しみに!!

吉井ベロニカの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…