正月太りで人は○キロも太る! 警戒したい正月太り

年末年始はとにかくご飯がおいしい時期です。

そして運動もせずにゴロゴロしてしまう人も多いため、「正月太り」になってしまうことも……。

何人くらいの人が正月太りをして、何キロ増えて、そしてどれくらいの人がそれをぜい肉として蓄えこんでしまうのでしょうか?

人は平均で2.2キロも太る!

オレンジページnetが、モニター会員1370名(有効件数)を対象として、2013年の12月20日~12月26日までに関して行ったインターネットアンケートの結果があります。

これによると、「正月太りをした経験がある」と答えた人は、なんと75.3%!
十人のうちの七人~八人は、今までに正月太りをした経験があるということだったのです。

また、「どれくらい体重が増えてしまったのか?」という問いかけには、「2キロ程度」と答えた人がもっとも多く、全体の半数近く(48.4%)を占めています。次いで多いのが、全体の4分の1程度の割合である「3キロ程度」で24.6%でした。

正月太りで人は○キロも太る! 警戒したい正月太り
それに続くのは「1キロ程度」で11.5%です。なんと、平均で2.2キロも体重が増えている、という結果に!

また、さらに恐ろしいことに、「ここで蓄えたぜい肉を落とせなかった」という人が、20%近くもいます。

もっとも、30%を超える人が「1か月以内に落とすことができている」と答えており、「2週間程度で戻せる」と答えた人が16.7%、そして「2か月以内に戻せる」と答えた人が8%程度いることを考えれば、これは決して悲嘆するべき数字ではありません。

では、正月太りをした体を元に戻すためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

正月太りを解決するための方法とは?

ここからは、正月太りを解消するための方法について見ていきましょう。

上で挙げたアンケートでは、正月太りを解消するための方法として、「食事節制や節酒を行う」と答えた人がもっとも多かったということが分かっています。食事によって太った分は、食事節制によって調整する……という考え方です。
正月太りで人は○キロも太る! 警戒したい正月太り
また、2位についたのは、「ウォーキングを行う」というもの。これも非常に有用です。

また、「食事に気を付けて、ダイエットを行っていく」というのも有効です。これは上で挙げたような「食事の量を節制する」という方法だけではありません。

正月太りの原因のうちの一つは「お酒などによるむくみ」ですが、これを解消するためには、塩分の調整成分として知られているカリウムの摂取が望まれます。加えて、糖質などの代謝に役立つビタミンB群(特にビタミンB1やビタミンB6)を摂取することが効果的です。

「糖質制限」は、医師によって賛否が分かれるものです。

「ダイエット効果は高いが、慢性的な糖質不足は脳の働きに悪影響を与える」とする説もあれば、「糖質制限は体によく、またダイエット効果も高い」としている医師もいます。

ただ、どちらの立場をとるにせよ、短期間での糖質ダイエットならばそれほど大きな問題にはなりにくいかと思われます。
正月太りで人は○キロも太る! 警戒したい正月太り
そのため、糖質制限ダイエットにもろ手を挙げて賛成、という人でなくても、「正月太りを解消するために、1週間程度だけ糖質の摂取をなるべく控える」といったやり方をとることは効果的だと言えるでしょう。

糖質制限をしているときでも、ほかの栄養素はとらなければなりません。たんぱく質や野菜類を積極的にとりましょう。また、高カロリーのものは意識して避けます。これに簡単な運動を加えていけば、正月太りはほどなく解消するでしょう。

もちろん、「正月太りにならないような食生活」をつくることも大切ですが、「太った後も戻すことができる」とわかっていれば、過剰におびえる必要がないことも分かるのではないでしょうか。

 

〈参考元〉
正月太りに関するアンケート|オレンジページnet
http://www.orangepage.net/op/news/newsrelease20140107.pdf
正月太りを残さない!解消するためのダイエット方法|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/020492/

鍋谷萌子の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…