セックスでの性交痛……悪いのは本当に私なの?

皆さんは性交痛の経験はありますか? セックスでは「濡れる・濡れている」という状態は非常に大切なことですよね。
 
ペニスを挿入する際に濡れていなければ、女性が痛みを覚えるのは当たり前ですし、逆に男性側も痛みを覚えてしまうことだってありえます。今回は、「性交痛」についてお勉強してみましょう。

「濡れる」のはなんのため?

セックスにおいて「濡れる・濡れている」という状態はいやらしい状態ではなく、正常にセックスをするうえで非常に大切なことであると言えます。

ですが、中には様々な理由や体質によって、「濡れない・濡れにくい」女性というのが存在するのも事実です。その結果として痛みを覚える女性がいるのも事実ですね。

今回は「濡れない・濡れにくい」から生じる「性交痛」の改善方法について知ってみましょう。そもそもの問題としてなぜ「濡れる」必要があるのかと言えば、それはセックスの際の潤滑剤としても意味がありますが、それと同じように女性器を傷つけないためという理由もあります。

ですから、セックスの際に前戯をして濡れた状態にするのは必要なことなのですが、前戯が雑であったり時間をかけない場合は、「濡れない」という状態になってしまうのはあたりまえのことですね。

ただし「濡れやすさ」には個人差があり、キスだけで十分に濡れた状態になる女性がいたり、前戯に長く時間を掛けてようやく濡れる女性がいたりと、自分の濡れやすさを把握することも大切になってきます。そしてそのことをパートナーにも理解してもらいましょう。

セックスでの性交痛……悪いのは本当に私なの?

「濡れない・濡れにくい」理由-身体的な理由―

「濡れない」理由の1つとして個人差があると上記しましたが、さらに言えば体調面によっても「濡れない・濡れにくい」に変化があるのは、当たり前なことであると言えます。

ですから、体調を整えることも重要ですし、何より本当に「濡れない・濡れにくい」体質なのであれば、無理をすることなく、ローションのような市販されている潤滑材を使うことも検討してみてはいかがでしょうか。

パートナーのために頑張るのも良いことだとは思いますが、それでストレスを抱えるのは間違っているのではないでしょうか。

「濡れない・濡れにくい」理由-心理的な問題―

心理的な変化によって「濡れない・濡れにくい」状態にある場合もあれば、心理的な問題によって濡れない場合も多々あります。

例えばセックスに対してストレスを持っているとか、パートナーに対して緊張しているとか、そんな理由によって「濡れない・濡れにくい」状態にある女性もいることでしょう。

男性でも緊張してペニスが勃起しないことがありますので、緊張のためにセックスができなくなるのは何も女性に限った話ではありません。

ですから、パートナーとの信頼関係を築くためにコミュニケーションを取ったり、リラックスできるようお風呂に入ってみたりと、緊張した状態をほぐす行動をしてみてはいかがでしょうか。