デート中に話がつまらない人の特徴

いい人だけど、話がつまらない人っていますよね。逆に自分の話がつまらなくなってる時もあると思います。

恋愛やデートで話がつまらないのは致命的です。今回は、「デート中に話がつまらない人の特徴」についてまとめてみました。

自慢話が多い

積極的に自分から話すのは悪いことではありません。お互いに距離がつかめない間は、間が持たないので余計にしゃべる人もいます。

でも、その内容が自分中心の話だと、聞いている人は白けてしまいます。自慢話を話したいときは、相手から話を振られたときだけにしてください。

話題がずれている

本人に悪気はなくても、急に的外れな話題をふる人がいます。グルメの話で盛り上がっているときに、急にスポーツの話題に変えられたら、会話の流れが止まってしまいますよね。

会話はその場の空気やノリに影響されます。さらにちょっとしたことで会話の流れは切れてしまい、そこから仕切り直すことは意外と大変です。

例えば、レストランで料理が運ばれてきたときでも、会話が1回止まってしまいますよね。会話の流れが1回切られると、そこからもう1回盛り上げるのは大変なのです。

デート中に話がつまらない人の特徴

面白くしようとする努力がない

会話を面白くしようとする努力がないと、話がつまらない人を卒業できません。それは口下手でも話上手でも関係ありません。

話上手なら自分の話よりも、相手の話を聞き出してあげてください。口下手なら相手の話に相槌をうち、楽しそうに聞いてあげてください。

会話が受け身でも問題ないと思いますが、質問に「はい」「いいえ」で答えるだけではいけません。会話を盛り上げるために、その理由も加えて、そこから話を広げるような努力をしてください。

小言が多い

小言が多い人っていますよね。レストランに行っても、料理や店員の対応に文句をつけたり。自分は正しいことを言っているつもりでも、周りから見ると小さい人間に見えます。

デート中は相手に度量の広さを見せたいところです。小さなことに構うよりも、相手の気持ちを考えて言葉や行動を選びましょう。