意外と多い! ダブル不倫の真相は? 不倫する人の共通点とは

芸能界でも一般人でも話題を振りまくダブル不倫! 最近本当に多いですね。今朝のニュースでも芸能人夫婦のダブル不倫報道があっていました。

実は、ダブル不倫をする人には、共通点がありました! その真相に迫ってみます。あなたも結婚して不倫関係に陥らないようしっかり学んでおきましょう。

世間を騒がすダブル不倫とは?

不倫との違いって何?

ダブル不倫とは、不倫している双方に配偶者がいるということです。

一般的な不倫は、どちらかに配偶者がいて片方は独身という関係ですね。しかし、ダブル不倫はお互いに家庭が有りながら、体の関係を持ってしまうということ。もしバレたら、お互いの家庭が泥沼になり、1番リスクが高いと言えます。

なぜダブル不倫になるのか?

ダブル不倫になりやすいのは、同じ会社で働いている職場同士がダントツです。理由は、職場の飲み会や仕事の相談、また残業など長い時間一緒にいることで、お互いに家庭が有りながら相手を意識してしまうようです。

きっかけは、ほんの些細な事ですが、毎日会社で顔を合わせて二人だけの秘密というスリルを楽しむタイプが多いです。

意外と多い! ダブル不倫の真相は? 不倫する人の共通点とは

ダブル不倫する人の共通点とは?

セックスレス状態が続いている

夫婦間でセックスレスというのは、1ヶ月以上性交渉がない場合に言います。お互いにそれでもよければ問題はありません。しかし、夫婦のどちらかに不満が出てくると不倫に走ってしまう可能性があります。

データでみると、1年以上性交渉がなく、女性が誘っても、疲れているや忙しいなどの理由で断られて不倫に走った人も多い。女性から誘って断られるなんてプライドが傷つきますしね……。

この環境で男性に誘われてしまったら、道徳的にはいけないことと頭では分かっていても、体が突っ走ってしまうのでしょう。

自由な時間がある

ダブル不倫で珍しくないのは、意外にも専業主婦なのです。理由は、昼間など自由な時間があるから。買い物を終えて食事をするまでのお昼の時間帯に、不倫相手と会っている人も少なくありません。

何年か前に流行ったドラマ「昼顔」状態ですね。当然、仕事をしているキャリアウーマンも、残業や外回りを理由に自由な時間を作ることが出来ます。このように自由な時間を捻出できる人がダブル不倫に陥りやすいと言えます。

結婚前に浮気の経験がある

また、もともと独身の時から男好きだったり女好きな人が多いです。結婚前から二股は当たり前で、うまくやってきた人たちですね。

このようなタイプは結婚したからといって、急に性格が変わるわけでもありませんので、用心しなければいけません。結婚3年目あたりから、浮気癖がうずうずしてくるはずです。

「3年目の浮気」というタイトルの歌がありますが、本当に人間の心理についています。ちょうど結婚して3年目あたりに浮気をする人が多いというアンケート結果もあります。

意外と多い! ダブル不倫の真相は? 不倫する人の共通点とは

ダブル不倫の代償は?

ダブル不倫が発覚した場合どうなる?

これからは、リスクの話です。もしダブル不倫がバレてしまったらどうなるのでしょう? 想像しただけでも恐ろしいですね。

1度の不倫なら許せるという理解のある配偶者も中にはいるかもしれません。(子供のためなどが理由で)しかしながら、離婚を迫られることもあります。当然悪いのは自分なので、慰謝料を請求される可能性も出てきます。

ダブル不倫での慰謝料の相場は100万円から300万円。しかも、子供に養育費を払うようになれば、離婚後も膨大なお金が必要になるでしょう。

解雇になる可能性も!

もし、社内でのダブル不倫が会社に発覚すれば、当然会社はクビになります。もし、クビにならなかったとしても、噂などで会社に居づらくなりますね。仕事を失ってしまったら、生活が出来なくなります。

仕事がなくなれば、収入がなくなるので家庭も崩壊してしまい、離婚するケースも多いです。1度の過ちで、会社と家庭の両方を失いかねません。

意外と多い! ダブル不倫の真相は? 不倫する人の共通点とは

ダブル不倫に陥らないために努力すること

ダブル不倫する人の共通点をチェックして、もし自分にも可能性がある人は十分に注意して下さいね。そうならない努力は必要です。

セックスレスが問題であれば、男性をその気にさせる努力も必要です。日頃から強く、男っぽいと、女性としてみることが出来ません。

もしかしたら、男性にもEDという病気があるので悩んでいるのかもしれません。そんな方には、朝立ちを利用して性交渉をしてみるのもおすすめです。

KKYOKOの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

6うーん…