結婚式の新常識? 1.5次会ってどんなもの?

最近の結婚式で人気がある1.5次会についてリサーチします。

1.5次会とはどんな形のものなのでしょう? メリットは? どれくらいの費用がかかるの?

色んな疑問を解決します。それでは結婚式の新常識1.5次会を見てみましょう。

1.5次会パーティ特集

1.5次会とは?

1.5次会を一言で言うと、結婚式と二次会の間のポジション。披露宴ほどしっかりしたものではなく、だからといって二次会ほどカジュアルでもない!

双方のいいとこ取りをしたそんなちょうど良い披露パーティーが新感覚の1.5次会。この1.5次会は現代のニーズに合っていて、今人気のパーティーなのです。

1.5次会メリットは?

1.5次会は決まった形がないので、自分流を演出できます。好きなように内容を決めることが出来るので人気があります。

レストランを貸し切ってフランクにパーティーをしたり、海外で挙式を挙げた夫婦のお披露目に使用したり、それぞれの想いでパーティーが出来ます。

さらに予算も会費制にすれば、その範囲内で治めることができるので貯金がなくても結婚式ができる点も嬉しいですよね!結婚式の新常識? 1.5次会ってどんなもの?

会費制と祝儀制の違いって?

1.5次会にすると決ったら、まず会場を選んだりお客様のリストアップをしなくてはなりません。そこで、会費制と祝儀制の違いを簡単に説明します。

通常の披露宴であれば当然ご祝儀制になり、二次会は会費制が一般的ですよね! この1.5次会では、大半の方が会費制でされています。

金額の相場も1万円から1万5千円が多いです。なるべく来ていただく方の負担を減らし、多くの方に楽しんでもらうという想いがベースにあります。

料理はどんな感じなの?

料理は、着座でコース料理(一般的な結婚披露宴のような)や立食でビュッフェスタイルになります。ゲストが上司や年配が多いなら着座でコース料理がいいでしょう。

コース料理の値段は1万円~。またカジュアルなビュッフェスタイルなら料理の金額をおとすことができ、さらに本人たちもゲストも好きな料理を自由に動いて取ることが出来ます!

立食のビュッフェスタイルでも、テーブルを用意して親族の方はそちらに座って食べていただくことも可能です。結婚式の新常識? 1.5次会ってどんなもの?

引き出物は必要?

引き出物は祝儀制の1.5次会であれば必要でしょう。ご祝儀を頂くわけなので、引き出物3000円くらいの物を準備したほうがいいです。

会費制であれば引き出物は特別必要はないですが、1000円~1500円程度の引き菓子を準備すると喜ばれます。

また1万円以下の会費制であれば300円くらいのプチギフト(結婚披露宴ならお見送り時に渡すギフト)を用意するといいでしょう。

気になる総費用の金額は?

1.5次会を行う会場で多少は違ってきますが、基本的にかかる金額は飲食代(料理・飲み物・サービス)です。

考え方としては、一人2万円×50人で100万円といった感じです。1名の予算額×人数で計算することができます。

もし、貯金がなくて会費内でしようと考えているなら、総金額から逆算して料理代金などを決めていかなければなりません。

実際に飲食以外にかかる費用は、衣装代や招待状代・引き出物・会場使用料・音響照明などがかかってきます。

招待状も東急ハンズなどで購入して自分で手作りしたり、衣装はドレスを借りずに自前の衣装にする(着物やパーティードレス)ようにすると予算は抑えられるでしょう。

1.5次会の良い所は結婚式ほど敷居が高くないところなので、オリジナルをどんどん出していって良いと思います。結婚式の新常識? 1.5次会ってどんなもの?

結婚決めたら1.5次会がおすすめ!

結婚しよう! と二人の決意が固まったら1.5次会で披露パーティを行いましょう。自分たちの予算に合わせたプランもあるので、是非多くのレストランや式場を巡って欲しいと思います。

会場ごとに色々なプランが用意されています。結婚生活が始まると色んな面でお金が必要になってきます。

結婚式にお金をかけるより、お金は貯めておいた方がベストです! お金をかけなくても世界一素敵なパーティーを1.5次会でしてみませんか?

KKYOKOの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…