ディープキスのやり方で気をつけるポイント。もっと気持ち良く!

大好きな人との濃厚なキスって、すごく気持ち良いし幸せですよね。でも、キスの仕方によっては不快に感じることも無きにしも非ずです。そこで今回は、ディープキスで気をつけるポイントとやり方について紹介します。

キス前の口臭チェックは忘れずに!

ディープキスって軽くチュッってするキスとは違って、濃厚に唇を絡ませあうキスですよね。ということは、もし口臭がきつい場合、相手に嫌われかねないキスでもあります……。

せっかくいい雰囲気だったのに、たった1回の濃厚なキスで彼に距離を置かれた……なんて嫌ですよね?

そうならないためにも、キスする前はエチケットとしてもぜひ口臭チェックを。できれば常にブレスケア用品は持ち歩いた方が安全ですね。食事後など、彼の見てない隙にサッと息を爽やかにしておきましょう。

ディープキスのやり方で気をつけるポイント。もっと気持ち良く!

ディープキスはやり方もそうだけど雰囲気も大事

肉食系の女性なら、自分から好きな男性にキスするのは抵抗がないかもしれませんね。でも、どんなに彼のことが好きでも、デートの途中でいきなりディープキスはしないようにしてくださいね……。

うっとりした雰囲気でもない時に、いきなりされても集中できないし、どこか抵抗感もあるしで、気持ち良くは感じないですから。というか男性側に「がっつきすぎてて怖い……」と思われかねないですよ。

ディープキスってやり方も大事ですが、雰囲気もかなり大事。

じゃぁどんな雰囲気がいいの? って話ですが、部屋の照明をやや暗くしたり、アロマを焚いて部屋をいい香りにしたりね。ちょっとムラムラしちゃうような空間にすれば興奮度も上がり、ディープキスも盛り上がるはず。

ディープキスのやり方で気をつけるポイント。もっと気持ち良く!

ディープキスってどうやるの?

実際ディープキスってどうやるの? って話ですが簡単な話、お互い唇を絡ませあうキスです。

相手の唇を甘噛みしたり、唇や舌を軽く吸ったり、舌で相手の上顎を刺激してみたり。ただ長時間キスし続けると息苦しくなるので、その辺の加減は忘れずに。

あと、あまりにも女性側が激しくキスすると、男性側に引かれてしまうこともあるので、できれば最初のうちは彼の動きに合わせてキスしましょう。

女性の中には「恥ずかしくてディープキスとかできないよ……」って人もいるかもしれませんが、好きな人と仲を深めるためにもディープキスはいいものですよ。ちょっと恥じらいを捨てて、完全受身じゃなく一緒にキスを楽しみましょうね。

じゃないと彼が「あれ? 俺とのキス嫌なのかな……」「もしかして俺……キス下手?」と、いらない不安を抱いてしまうかもしれないので。

1度不安になると、次から堂々とキスできなくなったりするので、その辺は気をつけてくださいね。