自分でもタロット占いはできる! 簡単にできる方法をご紹介

タロットは占いの中でも的中率が高く女の子の間でも話題となっています。

特に恋愛に悩む女の子が占い専門店にまで足を運び、占い師に今後のことを占ってもらう場合も多く、予約をしなければ占ってもらえないこともあるのです。

ですが、タロット占いは自分で行うことも可能です。

タロットカードがあればすぐに占えるので、SNSでも話題のその方法について紹介していきましょう。

タロットカードを準備する

まずは、タロットカードを準備する必要があります。

輸入物や国産など様々な種類がありますが、ネットショッピングを利用するれば手軽に購入できます。

初心者であれば、78枚1デッキ揃っているタロットカードがオススメです。

56枚の小アルカナカードに加えて22枚の大アルカナカードがあり、様々なスプレッドで占うことができます。

占う前に行うこと

タロットカードで占いを行う前には、事前準備が必要です。

まずは道具の準備です。

集中できる場所を選び、机があると便利でしょう。

机の上にはタロットカードを広げる布を敷き、カードを保護するだけではなく、そのカードのパワーを強める働きがあります。

また、浄化を行うことも大切です。

心を静めることが大切で落ち着くためにもお香を焚くことがオススメです。

その際には必ず焚いた後に煙を外に逃がすことが重要となります。

手を叩いたり鈴を鳴らす方法で浄化を行う占い師もいます。

また、手をしっかりと洗うことも浄化のひとつです。

汚れが付いていれば、正確な占い診断ができないことがあるので気をつけましょう。

シャッフルの仕方

適当にシャッフルをするだけでは診断結果も的確ではないでしょう。

真剣にシャッフルを行うためにも、正確な方法をご紹介します。

 

①シャッフル

カードを裏返し、両手を使って時計回りに混ぜ合わせます。

シャッフルの間は占いたい質問を頭で考えることが大切です。

 

②ガードをまとめる

自分が納得するタイミングでシャッフルをやめてカードをまとめます。

 

③カードを切る

トランプのようにタロットカードを納得のいくまで切ります。

 

④カットする

質問を考えながらカードを左手を使って3つに分け、次に先ほどとは逆の順番で左手を使ってカードをまとめます。

簡単にできる診断方法:ワンオラクル

毎日の占いやイエス・ノーと答えがはっきりと2択になる質問であれば、ワンオラクルはオススメです。

方法としては、しっかりとシャッフルをした後に質問を頭の中で繰り返し唱えて、好きなカードを1枚だけ引きます。

タロットの意味から診断結果を導き出すことができるでしょう。

対策も知ることができる:ツーオラクル

占い方はワンオラクルと同じですが、カードを引く枚数が2枚となっています。

左側のカードが診断結果、右のカードは対策となります。

悪い結果が出たとしても、2枚目のカード結果によって対策を施すことができるので、すぐに行動に移すことができるでしょう。

近い将来も占える:スリーカードオラクル

悩みの対処法だけではなく、その原因や今後も予想することができる占い方法です。

シャッフルはワンオラクルやツーオラクルと同様で、引くカードが3枚となります。

上から3枚でなくても、好きな場所から選んで大丈夫です。

選んだカードが左から順番に並べるのですが、過去・現在・未来となり、

 

・過去:質問の原因

・現在:今の状況

・未来:質問の結果

 

と診断することができます。

原因によって、どういった状態になり最終的にはどうなるのかを導き出し、未来の結果によって解決策を出すことも可能です。

いかがでしたか?

タロットカードでの占いは自分ではできないと思われがちですが、上記のように誰もが簡単に行うことができます。

しっかりと気持ちを落ち着かせて占うことが肝心なので、動揺している時には落ちついてから占ってみましょう。

早紀の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…