常備菜で節約&健康痩せ! 美味しくヘルシーなおすすめメニュー

1度に調理し保管する「常備菜」は、自炊する時間がない人や外食をしがちな人の大切な味方です!

節約やダイエットにもつながるなど、常備菜の習慣はうれしいメリットがたくさん。料理初心者さんにもおすすめしたい、常備菜メニューをご紹介していきます。

主菜にぴったり!【お肉×常備菜】

お肉を使った常備菜は、お弁当にも、おかずにも使える満足度の高いメニューです。
 
幅広いメニューの中で特におすすめなのは、トマトソース煮。食べやすくカットした玉ねぎとお肉を炒め、市販のトマトソースを投入します。その後、お好みで塩やコショウを使って味を調えたら完成! 豚肉でも鶏肉でも牛肉でも美味しく仕上がり、幅広いシーンで重宝するレシピです。
 
栄養バランスを考え、野菜をたくさん摂取したいときは、お好みで野菜を足してもいいですね。パプリカやピーマン、ブロッコリーなどの野菜は、トマトソースとの相性◎。さらに、彩りも豊かになるので、見た目も楽しい食事になりそうです。
 
この他にも、お肉を煮込んだメニューは、常備菜の定番とも言える人気レシピです。トマトソースだけでなく、しょう油や砂糖で煮汁を作れば、和風煮込みも完成。
 
お肉の種類や野菜の種類も変えることで、レパートリーはどんどん広がりますので、好みに合わせて常備菜を研究してみるのもいいですね。
常備菜で節約&健康痩せ! 美味しくヘルシーなおすすめメニュー

【野菜×常備菜】で、ヘルシーな食生活にチェンジ

常備菜を作るなら、絶対外せないのが野菜を使ったメニューです。野菜に含まれるさまざまな栄養素は、気を配っていても日々の生活の中で効率的に摂取することは、なかなか難しいものです。
 
常備菜で用意しておけば、忙しい生活の中でも美味しく十分な栄養を摂取でき、偏った食生活を脱却できることからダイエットにも効果的です。
 
特におすすめなのは、食べやすく切った野菜をレンジでチンして、調味料で合える和え物系常備菜です。例えば、ほうれん草×ごま。きゃべつ×塩こんぶ。ピーマン×ツナ缶など……こちらもアイディア次第でレパートリーが広がるため、自由に組み合わせてみて。
 
また、酢と水を1:1で用意し、そこに砂糖、塩、にんにくをお好みで入れて作る簡単ピクルスもあるとうれしい常備菜です。色んな野菜を自由に入れて、冷蔵庫で保管するだけで、食べたいときにすぐ食べられるのが魅力。きゅうり、とまと、かぶ、大根と、旬の野菜をたっぷり使いましょう。

お弁当のおかずにもOK【お魚×常備菜】

ダイエット中には「お肉よりもヘルシーなお魚の方が食べたい!」ということも多いのではないでしょうか? お魚を使った常備菜も、食べ応えがあり食事のメインになるため、ぜひ用意しておきたいですね。

外せない定番メニューは、ソテー系のメニュー。お魚を両面こんがりと焼き、ソースや調味料で和えるだけです。

粒マスタードとマヨネーズでマスタードソースを作っても、バターしょう油でシンプルに味付けても絶品。カレー粉を使ってスパイシーに仕上げてもいいですね。こちらも、色んなお魚でレパートリーを増やせます。ぶりや鮭、鱈など、旬のお魚を美味しく味わいましょう。

常備菜で節約&健康痩せ! 美味しくヘルシーなおすすめメニュー

健康のためにも取り入れたい【豆×常備菜】

続いて、常備菜の種類を増やしたいときに活躍する、ヘルシーな豆料理です。栄養価も高い豆は、箸休めとしても重宝するメニューがたくさんあります。
 
定番のおすすめメニューは、ひじきと大豆の煮物。ひじきのおかげで食べ応えが増し、和食に欠かせない一品ですね。そぼろを加えると、さらにボリュームアップします。
 
旬の季節には、枝豆を使ったぺペロンチーノも活躍します。表面のうぶ毛をとった枝豆を、さやごとガーリックとオリーブオイルでさっと炒めた一品です。きのこやブロッコリーを足しても美味しく、食べ応えも十分です! 
常備菜で節約&健康痩せ! 美味しくヘルシーなおすすめメニュー

メリットたっぷり! 常備菜生活で、新しい習慣を手に入れて

常備菜の習慣をつけることで、外食や買い食いは確実に減っていきます。節約になり、栄養も効率的に摂取でき、カロリーも抑えられ、ダイエット効果が期待できる……といいことづくめ! ぜひ、常備菜の習慣をつけてみてくださいね。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…