ブラジャーの選び方は何が正しい? 美胸を作るメソッド

胸を美しく見せるために、必要不可欠なブラジャー。しかし、選び方を間違えると、かえってスタイルが崩れる原因にもなりかねません。正しいブラジャーの選び方を知って、魅力アップを目指しませんか?

サイズはこまめに測ってジャストサイズを選ぼう

自分に合ったブラジャーを選ぶためには、まずはサイズを把握することからはじめましょう。あなたのブラジャーは、次の項目に当てはまっていませんか? 

・カップの上にすき間ができている
・身につけていると、ずり下がってくる
・身につけていると、サイドにお肉がのっている
・肩紐のズレが気になる
・ワキや背中に痛みを感じる
・外したとき、跡が残ってしまう

これらは、サイズの合っていないブラジャーの特徴。せっかくのスタイルを、崩してしまう可能性があります。また、小さいブラジャーを無理やりつけていると、肩や胸周りの血行不良にもつながりかねません。

ブラジャーの選び方は何が正しい? 美胸を作るメソッド

ジャストサイズのブラジャーを身につけるためには「ブラジャーを購入するたびに、現在のサイズを把握する」ことが欠かせません。例えば、1~2ヶ月前に測ったときのサイズを覚えていて、ブラジャーの試着をせずに購入する……というのはおすすめできません。

その日や前日に食べたものによって体重が変化するように、胸のサイズも日々変化しています。ブラジャーを購入するときには、こまめにサイズを測った上でそのときの自分に合ったブラジャーを購入するようにしてください。

ブラジャーの選び方は何が正しい? 美胸を作るメソッド

バストをサイズアップしたいときの選び方

胸が小さい人は、コンプレックスを覚えているかもしれませんね。しかし、ブラジャーの選び方にこだわれば、自然に胸をサイズアップすることが可能です。サイズアップには、胸をしっかり包み込むフルカップブラジャーではなく、1/2カップブラジャーや、3/4カップブラジャーを選びましょう。

◆1/2カップブラジャー
胸を覆うフルカップブラジャーに比べ、およそ半分ほどのカップサイズが特徴的なブラジャーです。ハーフカップブラジャーとも呼ばれています。

フルカップブラジャーと違い、上の部分が水平にカットされています。胸全体を下から支え、持ち上げることできれいなシルエットを作ってくれます。

◆3/4カップブラジャー
フルカップブラジャーに比べ、上の1/4をカットし、ななめ下から持ち上げるタイプのブラジャーです。1/2カップブラジャーが水平にカットされているのに対し、ななめのカットが特徴です。

胸をワキから支えることができるため、谷間を作りたいときに活躍します。パットが入っているタイプも多く、ワキや背中のお肉もブラジャーに収めて、確実にサイズアップしたいときに活用しましょう。

ブラジャーの選び方は何が正しい? 美胸を作るメソッド

自然なつけ心地を実感したいときの選び方

血行不良気味な人や、肩こりをしやすい人などは、ちょっとした締め付けでも窮屈に感じられますよね。また、細身の人の場合、カップ部分に入っているワイヤーが肋骨に当たるなど、痛みを感じてしまうこともありますよね。

ブラジャーの締め付けがストレスに感じられる人は、ノンワイヤータイプのブラジャーを選ぶようにしましょう。

ノンワイヤータイプのブラジャーは、その名の通りカップの下にワイヤーが入っておらず、身体をきつく締め付けることがありません。キャミソールと一体になっているタイプもあるので、使いやすいものを選びましょう。

ノンワイヤータイプのブラジャーについて、「胸が垂れない?」「ちゃんと胸を固定してくれるの?」と言うイメージを持っている人は、間違いです。

近年、下着メーカーだけでなくさまざまなアパレルブランドから展開されているノンワイヤータイプのブラジャーは、ホールド力に優れたアイテムも少なくありません。もちろん、デザインの幅も広がっているので、実際に試着しながら体型に合ったブラジャーを選びましょう。

ブラジャーの選び方は何が正しい? 美胸を作るメソッド

ブラジャーの選び方で、スタイルは変わる!

ブラジャーを選ぶとき、ついついデザインや価格を重視してしまうこともあるのではないでしょうか。
これからは、サイズを測った上で、自分のスタイルに合わせた丁寧な選び方を心がけてみて。バストサイズがアップしたり、細く見えるようになったりと、うれしい効果が期待できるかもしれません。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…