顔のむくみは早めのケアが鍵! 効果的な対策で小顔美人になろう

「太った?」「顔パンパンじゃん!」そんな言葉にドキっとしたこと、ありませんか?

顔のむくみは周りの人にバレやすいのが特徴です。顔のむくみに悩んでいる時は、原因から対処法までしっかりチェックして、すっきり小顔を手に入れましょう。

顔のむくみ、あなたは大丈夫?

あなたは、朝起きた時に顔がパンパンにむくんでいた経験がありませんか?

顔のむくみは様々な原因でできてしまいます。そして、気になる顔のむくみをそのままにしていると、更なるトラブルの原因にもなるかも。

太って見えてしまうのはもちろんのこと、顔のたるみなどを招く原因にもなりかねません。顔のむくみの主な原因として、不要な水分や老廃物が滞っていることが挙げられます。

血行が悪く、本来なら排出されるべき水分や老廃物がスムーズに流れないために顔に残ったままになり、パンパンにむくんでしまうのです。

さらに、睡眠不足や運動不足が原因で血流が妨げられてしまうことも。むくみは慢性化している場合もあるため、日頃の生活がむくみやすい習慣になっていないか、改めて確認しましょう。

顔のむくみは早めのケアが鍵! 効果的な対策で小顔美人になろう

顔のむくみ度セルフチェック

顔のむくみが起きやすい体質になっていないかどうかは、セルフチェックで確かめましょう。
 
□肩がこりやすい
□お酒をよく飲む
□十分な睡眠がとれていない
□冷たい飲み物が好き
□手足が冷えやすい体質だ
□ジャンクフードが好き
□体重が変わっていなくても「太った?」と聞かれる
□運動の習慣がない
 

上記の項目に当てはまる数が多いほど、むくみやすい体質と言えます。

本当は小顔の人でも顔のむくみが慢性化すると「自分は顔が大きい」と思い込んでしまいかねません。効果的なケアでむくみがとれれば「実は小顔かも!」と自信が持てるかもしれませんよ! 
顔のむくみは早めのケアが鍵! 効果的な対策で小顔美人になろう

顔のむくみ対策にはマッサージが効果的

もっとも効果的な顔のむくみ対策が、マッサージです。特に目の周りは血流が滞りやすく、放っておくとクマやたるみにも繋がりかねません。

 

目の周りのマッサージは、次のような手順で行ないましょう。

1.両手の人差し指の、第二関節を眉頭につけます
2.そのまま、眉間からこめかみへとゆっくりと指を滑らせていきます
3.今度は目の下にも同じように第二関節を当てます
4.目の輪郭に沿って、内側から外側へと指を滑らせます
5.3~5回ほど繰り返します

 

目の周りのマッサージが終わったら、続いてフェイスラインのマッサージも行ないましょう。

1.少し曲げた人差し指と中指でピースサインを作ります
2.二本の指のあいだで、顎を掴みます
3.そのまま、フェイスラインに沿って顎から耳の方へと指をゆっくり滑らせていきます
4.3~5回ほど繰り返します

 

顔のむくみ取りマッサージは、ルーティン化するのがおすすめです。お風呂に入った時、メイクの前など、タイミングを決めて毎日やってみてください。

むくみやすい生活習慣を見直そう

サラサラの血液ならば順調に体内を流れ、スムーズに排出されていくもの。顔がむくんでいるということは血流が滞っている証拠です。マッサージをするだけでなく、生活習慣を見直して血流を促進するよう心がけましょう。

例えば、睡眠不足や運動不足が続いている人は、まずそれらの改善から試してみて。また、ぜひ見直してほしいのが食生活です。油分、塩分、糖分などを過渡に摂取するとサラサラの血液ではなくなり、血流が滞ってしまいます。

また、アルコールの飲みすぎも顔のむくみに繋がるため、できるだけ控えてください。

顔のむくみ改善には、半身浴でじっくりと身体を温めるのも効果的です。身体が温まると血流が促進し、溜まった水分や老廃物が流れやすくなるためです。

普段お風呂をシャワーだけで済ましているという人は特に、湯船に浸かる習慣をつけましょう。

顔のむくみは早めのケアが鍵! 効果的な対策で小顔美人になろう

顔のむくみを解消して、小顔美人になろう

顔のむくみは何気ない習慣の中で自然にできてしまうもの。反対に何気ない習慣で改善することもできます。

顔のむくみがすっきり解消すれば、小顔美人も夢じゃないかもしれませんね。

ちありの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…