洗顔は泡立てるべき? 肌トラブルの原因は洗顔にあるかも!

ニキビをはじめとした肌トラブルは、1度悩まされるとなかなか解決しないこともめずらしくありません。もしかすると、原因は「洗顔の泡立て」にあるかも。

きれいなお肌を手に入れるための泡立ての重要性をはじめ、洗顔のコツをまとめました。

泡立てない洗顔によるデメリットとは

「洗顔フォームは泡立ててから使うべき」と知っていても、毎日しっかりと泡立ててから洗顔できている人は意外と少ないもの。

特に、忙しいときや疲れているときは、しっかり泡立てているつもりでも、十分な泡を作れていない場合がめずらしくありません。しかし洗顔フォームは、しっかり泡立てずに使うとさまざまなデメリットにつながってしまいます。

泡立てが十分でないと、洗顔時にお肌の摩擦が大きくなります。デリケートなお肌をゴシゴシこすってしまうことで、肌にストレスを与え、ニキビなどの肌トラブルにつながりやすくなります。

洗顔後、つっぱる感じやお肌が熱くなる感じが残る人は、洗顔のやり方が合っていないかもしれませんね。摩擦は、お肌の表面にある組織や細胞にダメージを与えたり、毛穴が開く原因になったりと、トラブルの種になります。

洗顔フォームを泡立てる目安は「なんとなく泡立った」ではなく、「手とお肌が触れないくらい、ボリューミーな泡が手のひらの上にたっぷりとできた」というレベルまで泡立てるようにしましょう。

洗顔は泡立てるべき? 肌トラブルの原因は洗顔にあるかも!

洗顔の泡立てにはネットを使おう

泡立てが十分にできていない人の中で、いつも手で洗顔フォームを泡立てている人は、見直した方がいいかもしれません。

確かに、手をくの字に曲げて洗顔フォームを出し、濡れた手で練るようにこすっていけば、手だけで洗顔フォームを泡立てることもできます。しかし、摩擦が起きないほどボリューミーな泡を作るのにはコツが必要なため、初心者さんにはおすすめできません。

濃密な泡を手早く作るには、泡立てネットを活用しましょう。ドラッグストアや100円ショップで購入できる泡立てネットは、洗顔フォームをのせて水を含ませ、ネット同士をごしごしとこすりつけるだけで効率的にきめ細かい泡を作るアイテムです。

短い時間で、ふんわりもこもこの泡がたっぷりできるため、忙しい人にもうれしいですね。

泡立てネットは使用後しっかりと水気をしぼり、通気性のいい場所で保管しましょう。管理の仕方を間違えると、カビや雑菌が繁殖しかねないので注意してください。

洗顔は泡立てるべき? 肌トラブルの原因は洗顔にあるかも!

ネットだけじゃない! プッシュ式泡立てグッズも人気

今、泡立てネットだけじゃなく、効率的にボリューミーな泡を作れると話題を集めているアイテムがあります。それは、プッシュ式の泡立てグッズ! 使いやすさや、泡の密度の高さから、注目を集めているアイテムです。

1、まず、カップ部分にお水やお湯を注ぎます。

2、蓋の内側に洗顔フォームや石鹸類をこすりつけ、カップにセットします。

3、その状態で蓋についているスティックを上下させます。

4、20~30秒ほどスティックを上下させれば、たっぷりの泡ができあがり。

カップと蓋がセットになったプッシュ式の泡立てグッズは、ドラッグストアや100円ショップで購入できます。泡立てが苦手な人は、ぜひ試してみて。

たっぷりの泡は、しっかり洗い流すことも大切

泡立てグッズを利用することで、洗顔時のお肌へのストレスは最小限に抑えられます。しかし、しっかりと泡立ててさえいれば、肌トラブルを回避できる……というわけではありません。

濃密な泡はお肌の汚れを落としてくれる半面、お肌に長い時間のせておくとかえって刺激を与えてしまいます。お肌に泡をのせたら、なるべく1分ほどで落としましょう。2分以上泡をのせたままにしておくことがないように気をつけてください。

泡を落とすときは、もみあげや生え際まできちんと確認してください。落とし忘れた泡も、肌トラブルの原因になってしまいます。泡をしっかり落としたら、清潔なタオルをぽんぽんと軽く当てて、水気を拭き取りましょう。

洗顔は泡立てるべき? 肌トラブルの原因は洗顔にあるかも!

洗顔の泡立て習慣で、肌トラブルも落ち着くかも

毎日のことだからこそ、洗顔の習慣はつい雑になってしまいがちです。肌トラブルが気になるときには「泡立ては十分?」「泡はきちんと落とせている?」と、毎日の洗顔を見直しましょう。

正しい洗顔で、肌トラブル知らずの美肌を手に入れてくださいね!

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…