口紅の塗り方一つで美人になれる? 愛され唇を作る5パターン

口紅は、顔全体の印象をがらっと変える、メイクの必需品です。

好印象をGETするためには、口紅のカラーや質感だけじゃなく、塗り方にもこだわってみて。口紅の塗り方について、使い分け術やポイントをご紹介します!

発色を楽しみたいなら【直塗り】がベスト

口紅を塗るときには、まず「どんな風に仕上げたいか」を考えておきましょう。「色っぽく」「あか抜けた雰囲気に」「かわいく」など、イメージによって、塗り方を変えるのがベスト。口紅そのものの色味をしっかりと活かした、存在感のある唇を演出したいときには、直塗りがおすすめです。

直塗りは、口紅やリップティントを直接唇につけていく定番の塗り方。きれいなカラーをそのまま唇にのせられるだけでなく、ツヤ感やラメ感もはっきり演出しやすいのが魅力です。唇の形に添うように口紅を動かしながら、たっぷり塗り重ねましょう。

口紅の塗り方一つで美人になれる? 愛され唇を作る5パターン

丁寧に輪郭を作れる【ブラシ塗り】

直塗りに続き、口紅を効果的に使うために欠かせないのがリップブラシを活用する塗り方です。リップブラシを使うときは、口紅を少し出してリップブラシの先端に含ませ、唇の上にゆっくり滑らせながら仕上げていきます。

ブラシ塗りは、口紅を直塗りするときには見落としやすい部分まで丁寧に塗れるのが魅力です。唇のフォルムに沿って、すみまでしっかりと口紅を塗ると、きっちりとしたイメージを演出できます。ビジネスシーンや、冠婚葬祭でも活躍する塗り方ですね。

ふんわり色づく唇は【指先塗り】で作る

トレンドメイクでは、あえてきっちりと仕上げないことで抜け感を演出するテクニックも重宝します。カジュアルコーデのときや、デートのときにはこなれた唇に仕上げてくれる指先塗りも取り入れてみて。

指先塗りとは、口紅を小指の先などにとって、唇にとんとんのせていく塗り方のこと。色味が強く出すぎないため、ふんわりと自然な仕上がりが実現できます。

「唇が厚くて、口紅が浮いてしまう」「お気に入りの口紅だけど、うまく使いこなせない」というときに試してみて。また、ナチュラルメイクが好きな人、フェミニンコーデが好きな人にもおすすめです!

口紅の塗り方一つで美人になれる? 愛され唇を作る5パターン

派手カラーをのせるのは【中央だけ】

赤リップのように発色のいい口紅はトレンド感を演出できる一方、うまく使いこなさないと派手になりすぎてしいます。直塗りやブラシ塗りできちんと感を演出するつもりが、唇だけぼってり浮いてしまった……なんてこともあるかもしれません。

ほどよいバランスを実現するためには、塗り方に工夫をしてみて。発色のいい口紅なら、唇全体にのせるのではなく中央にだけぽんぽんとのせましょう。もともと唇の血色がいい人も、口紅のカラーとケンカすることがなくなり、ほどよく鮮やかなイメージになります。色味を楽しみながら、派手すぎない絶妙なバランスを叶えられますよ。

【コンシーラー使い】で理想の唇に

さらに、理想の唇を手に入れるために活用したいのが「リップコンシーラー」です。口紅よりもベージュに近く、ベースメイク用のコンシーラーよりは赤みが強いリップコンシーラーは、さらに自由な口紅の塗り方を叶えてくれるアイテムです。リップコンシーラーは、あらかじめ塗っておくことで、唇本来の輪郭を変えることもできます。

 

・もっと口角をあげたい

・唇が厚いので、薄く見せたい

・唇が大きいので、小さく見せたい

 

というとき、リップコンシーラーで気になる部分を消し、上から口紅を塗り重ねましょう。また、口紅の上からリップコンシーラーを重ねれば、じわっとにじむような大人っぽい仕上がりも演出できます。リップコンシーラーを使った塗り方は、唇のコンプレックスに悩む人にとって覚えておきたいテクニックですね。

口紅の塗り方一つで美人になれる? 愛され唇を作る5パターン

口紅の塗り方を変えてなりたい私になろう

口紅の塗り方を変えると、同じアイテムを使っても印象ががらりと変わります。

その日の気分、コーデ、会う相手に合わせて、塗り方を変えてみるのもいいかもしれませんね。口紅のメイクにこだわって、あか抜けた印象を手に入れてくださいね。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…