花より男子のドラマがリメイク? あのキュンを恋愛に活かすなら

花より男子のリメイク版がドラマ化されるって話が浮上しました。原作漫画を何度も読んだ筆者、「今さら花より男子が再ドラマ化!?」と驚きましたが、果たしてその真相は? また、改めてドラマを見返してみて、気づいた恋愛TIPSもご紹介します♡

花より男子が再ドラマ化??

「花より男子」は、1992年から2004年にかけて雑誌「マーガレット」で連載された少女漫画。2005年にテレビドラマ化され、人気を博しました。

主役である、牧野つくし役を演じたのは井上真央さん。ほか、松本潤さん、小栗旬さん、松田翔太さん、阿部力さんがF4役に抜擢されました。大ヒットとなった花より男子ですが、2018年にリメイク版が再ドラマ化されるのでは? と噂されたんですね。

1992年から1995年まで少女漫画雑誌「りぼん」で連載されていた「ママレード・ボーイ」が、2018年に実写映画化されることが決まっています。

アラサー世代が狙い撃ちにされている、昨今のマーケット事情的には十分ありえる話かな? とも思えましたが、原作者が「ありません」ときっぱり否定しています。どうやら、ただの噂……ということだったようですね。

花より男子のドラマがリメイク? あのキュンを恋愛に活かすなら

元祖・ドラマ版「花より男子」を恋愛テクに活かしてみる

さて今回、改めてドラマ版「花より男子」を見返してみて、「恋愛に活かせる大事なことがいっぱい詰まってる……」と感じたので、恋学読者の女の子にもシェアしますね♡

男性に媚びない姿勢が大事

主人公の牧野つくしは、家が貧乏なのになぜかお金持ちばかりが通う名門学校へ入学します。そのせいで、いろいろな辛い思いを強いられることに。でも、つくしは持ち前の負けん気の強さ、明るさを武器に、決して卑怯ないじめや嫌がらせには屈しません。

とくに、序盤の道明寺司(松本潤)からの攻撃は凄まじいものがあるのですが、絶対に媚びたりしないんです。その真っ直ぐな姿に、道明寺は急激に惹かれていきます。周りの人たちも、つくしのことを好きになっていくんです。

正しさを貫き通すのは、実はとても難しいこと。その他大勢の意見にまぎれてしまった方が楽なのです。それでも自分を信じて突き進める、芯の通った人間にこそ、たった1つの、誠実で素敵な恋が訪れるのかもしれませんね。

花より男子のドラマがリメイク? あのキュンを恋愛に活かすなら

自分をしっかり持つ

男性からも女の子からも愛される、かっこかわいい素敵女性の藤堂静(佐田真由美)。外見の美しさだけでなく、性格も良くて教養もあるという、ぶっちぎりの無敵キャラです。

いくら漫画といえど、ここまで完璧なキャラクターは珍しいんじゃないか……と思える静さん。彼女を見ていると「自分をしっかり持つ」ことの大切さを思い出させてくれます。

静にはいくつもの名言がありますが、その中に「物事を決めるのは海外で買い物をするのと同じ。チャンスを逃せば2度と手に入らないの。ああすればよかった、なんて考えながら生きるのは嫌なの」という言葉があります。

言葉の通り、静はこうしよう! と思ったら意志は固く、それをやり抜く強さや潔さを持った女性です。そういった、凛とした姿に魅力を感じる人は少なくないでしょうし、「そんなところが好き」と言ってくれる男性となら、尊敬し合いながら素敵な関係を築いていけそうですよね。

他人を貶め(おとしめ)ることで得ようとする恋は、失敗する

つくしをいじめるクラスメートの中でも、特に目立つ女子3人組がいます。この子たち、見ているだけでムカムカしてくるんですが、話が進むにつれて、スカッとする場面も増えていくのでご心配なく。

彼女たちは、道明寺はじめF4に好かれようと猫をかぶっています。が、ある日つくしに会いにきた道明寺に振り払われ、あげく「うるせえ! ブス!」と言われてしまうのです。

道明寺はこれまでも、この3人組がつくしに嫌がらせをするシーンを見ています。それでも自分から口や手を出すことはなかったのですが、ここにきてついに……! という、ちょっとばかり胸が熱くなるシーンでした。

「この子さえいなければ、わたしが彼女になれるのに」

恋愛中には、そんな悪魔の囁きが聞こえてくる瞬間もあるでしょう。でも、そういった心の醜さ(みにくさ)は相手にも伝わります。「そういう子なんだ……」と思われてしまっては、叶う恋も叶わないと心に留めておきましょう。

花より男子のドラマがリメイク? あのキュンを恋愛に活かすなら

おわりに

花より男子の再ドラマ化の話は今のところなさそうですが、これを機に元祖ドラマを見返してみるのはいかがでしょうか?

話題になった頃、筆者は芸能人に疎く「松本潤くらいしか知らない……」と思ったものでした。が、今見てみると豪華すぎるキャストでビックリ! 今でも活躍されている方が多いので、違いも味わいつつ、楽しんでみてください♪

七尾なおの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…