何をやってもダメな時期は新しいステージの準備期間

本当に何をやってもダメな時期ってありますよね。どうにか抜け出そうともがいても、もがけばもがくほどどんどん負のループに陥っている感覚。

それならもう思い切ってもがくのをやめてみたらどうでしょうか? 何をやってもダメなら、考え方を変えてみましょう。

うまくいかないときは誰にでもある

長い人生の間で、何をやってもダメな時期は誰にでも訪れるものですよね。周りの人から見たら順風満帆な人生に見えても、本人にとっては苦労の連続だったということもあるものです。

運気は上がったり、下がったりを繰り返していますので、ずっと幸運期ばかりがくるなんてことはないのだと思います。

不運ばかり訪れるサイクルをどうにか変えたくて、もがき苦しんでも裏目にばかり出てしまうということも珍しくありません。何をやってもダメな時は本当に何をやってもダメなのです。

それならいっそ、もがき苦しむのをやめてダメなことを受け入れてみてはどうでしょうか。諦めることは逃げることと一緒だから、そんなことしたくない! なんて人もいるかもしれません。

でも諦めたり逃げたりすることも時には大切なのです。流れに身を任せることで肩の力がふっと抜けて、それがきっかけで考え方が変わり、運気が好転したなんてこともあるのです。

何をやってもダメな時は、いちどふと立ち止まって、自分のことを見つめなおす時間が来たのだと思ってください。

今まで頑張ってきたことすべてが無駄になったと感じる人もいるかもしれませんが、そんなことは絶対にありません。一生懸命頑張ってきたことはあなたの血となり骨となり、あなたを作る一部となっているからです。

何をやってもダメな時期は新しいステージの準備期間

新たなスタートをするために何が必要か考える

不幸のどん底にいると思うと、もう何をするにも気力がなくなりますよね。どうにか打破しようと思う気持ちもなくなり、生気が失われてしまうことさえあります。

でも何をやってもダメな時は、何もしなくていいのです。ベッドにもぐって1日中寝ていてもいいですし、家にこもって友達に誘われても断ったっていいのです。

気が乗らないのに無理に自分を取り繕わなくて大丈夫。今がどん底なら、あとは今よりもいいことしか起こりません。

今はそのいいことが起こる前の準備中なのです。他の人になんて言われようと、どう思われようと、あなたの人生を生きている人はあなたなのです。主人公がやる気がないのに物語が進むわけがありません。たっぷりと休養を取って、次のスタートがくるまで準備をしましょう。

失恋をしたり、悲しい別れをした時、どうしても受け入れられないと思うこともあります。後から考えれば、時間がだんだんと解決してくれるものなのですが、その時はそんなに冷静に物事を考えられる時期ではありません。

どっぷりと、たっぷりと沈むだけ沈んだら、有り余る時間で自分磨きを始めましょう。パックをする、マニキュアを塗る、美容院に行くなどちょっとしたことでいいのす。気持ちが落ち着くようなアロマをたくだけでも十分です。

他のことを少しだけでも考えることができるようになったら、次のスタートをするために何が必要なのか考えてみましょう。

何をやってもダメな時期は新しいステージの準備期間

頑張った自分をほめてあげる

たとえ辛い結末で終わったとしても、あなたが相手のことを想っていたことは素敵なことに変わりはありません。恋が実るか実らないかはそんなに重要ではありません。

恋する気持ちを持たせてくれた相手に感謝の気持ちを持ちましょう。そして、自分の心の変化に目を向け、新しい自分を発見できたことを喜びましょう。

たとえ受け入れてもらえなかったとしても、それは相手とのタイミングが合わなかっただけ。あなたにとって1つの恋愛経験であることは確かです。

一生懸命メールの文章を考えたこと、思い切って電話を掛けたこと、相手の立場を考えて諦めたことなど、あなたがしたこと全てをポジティブに考えてみてください。本当によく頑張ったとほめてあげてもいいのではないでしょうか。

何をやってもダメな時期は新しいステージの準備期間

おわりに

いかがでしたでしょうか? 恋愛はすべてのことが勉強です。

うまくいくもいかないもすべて経験です。好きな人はいつかまた、きっとできると思います。その時のために今の時間を有効活用できるようにできたらいいですね。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…