「結婚するにはどうしたらいいの?」素朴な疑問を一気に解決します

結婚したい人なら必ず聞きたい質問が「結婚するにはどうしたらいいの?」ではないでしょうか。実は結婚するには「やった方がいいこと」と「やらない方がいいこと」があるのです。

今回は「結婚するにはポイント」を3つに分けて素朴な疑問に答えます。

積極的な「売り込み」はやらない方がいいこと

結婚したいにも関わらず相手さえいない人の中には、積極的に自分を売り込もうとする人がいます。売り込む場所は友人の結婚式であったり、職場の飲み会であったりするのです。

確かに結婚するには結婚したい意志を相手に伝える必要はあるかもしれません。しかし伝える相手が不特定多数になってしまうと逆効果になる可能性があるのです。なぜならば不特定多数の人に「私、結婚したいです」と言っているようで、結婚を軽く考えている人という印象を与えてしまうからです。
「結婚するにはどうしたらいいの?」素朴な疑問を一気に解決します

自分をアピールすることと売り込むこととは似ていますが全く違います。アピールすることは自分を表現し、相手に見てもらうことが目的です。しかし、売り込むことは強引に押しつけることになります。男性に限らず人は強引に来られれば、相手がいい人であってもとりあえず逃げたくなるでしょう。

相手に結婚相手として見てもらいたいと思うならば、売り込むのではなく相手を引きつけ、自分に興味を持たせるようにすることがポイントです。

また、親戚の結婚式のときに「誰かいい人いませんか」と声をかけて歩く人もいます。一昔前であれば世話好きな親戚の人が会社の後輩を紹介してくれることもあったでしょう。しかし最近は、会社とプライベートをしっかりと分ける人が増えているため、人づての紹介による結婚は少なくなっています。

もしもアピールが苦手で出会いに恵まれていないのならば、結婚紹介所を訪れてみてもいいかもしれません。アピール不足で出会いに恵まれていないのならば、もったいない話です。

「結婚するにはポイント」の1つ目は、自分を売り込んだり安売りしたりしないことでしょう。

「自分について話す」はやった方がいいこと

「やまとなでしこ」が好まれた時代は終わったのかもしれません。結婚相手の対象とするならば「口数が少なく本心がわからない人」よりも「心を開いて話をする人柄がわかる人」の方が安心できるでしょう。結婚のチャンスはいつどこにあるか分からないものです。

会社の飲み会かもしれないし、同窓会かもしれません。ただ、せっかくのチャンスでも黙っていてはチャンスを逃してしまいます。聞いてくれるターゲットを絞らなくても、自分の口から自分の話をすることで自分に興味を持ってくれる人が出てくるかもしれないのです。

話の話題は話しやすいことでかまいません。好きな映画や興味のあることを話せば、共通の価値観を持った人と話が合うはずです。

「結婚するにはポイント」の2つ目は、自分について話をして似た価値観を持った人と出会うことではないでしょうか。
「結婚するにはどうしたらいいの?」素朴な疑問を一気に解決します

「相手に好みに合わせる」はやらない方がいいこと

結婚したら相手の気持ちに寄り添い、相手の好みに合わせることも大切です。しかし、結婚する前から相手の好みに合わせることはやめましょう。特に「結婚してもらうため」に相手の好みに合わせてしまうと、結婚後の生活が疲れるだけでなく自分がとても惨めになってしまうかもしれません。

相手に好かれる人になりたいと思うと、相手の好みに合わせた人を演じてしまうことがあります。相手から見れば好みの人に近くなるため、結婚への近道になるでしょう。しかし、演じ続けることはできません。例え結婚できたとしてもいつかは本性が出てきます。
「結婚するにはどうしたらいいの?」素朴な疑問を一気に解決します

「結婚するには」を考えている人は、多かれ少なかれ結婚への焦りがあるかもしれません。しかし結婚は演じたり合わせたりしても長続きしないものです。自然体の自分を見せても自分を好きでいてくれる人と出会うことが結婚で一番大切なことではないでしょうか。

「結婚するにはポイント」の3つ目は、結婚したいと思う相手の前でこそ自然体でいることです。

幸寿の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…