「結婚しない男」がいるのはなぜ? 結婚しない男から「結婚するコツ」を探る

「結婚しない男」が増えていると言われています。「結婚しない男」は「結婚できない男」ではありません。結婚のチャンスはあっても、あえて結婚しないことには理由があったのです。

今回は「結婚しない男」の結婚しない理由から「結婚するためのコツ」を探ります。

結婚しない男は結婚に適齢期と期限を持っていない

「結婚しない男」と言われているほとんどの人たちは、結婚しないと決めているわけではありません。周囲の人たちが、結婚適齢期を過ぎても未婚である男を「結婚しない男」と呼んでいるのです。「結婚しない男」と思われる人ほどモテる傾向があります。モテるからこそ「結婚できない男」ではなく「結婚しない男」と言われるのです。

「結婚しない男」は、結婚に期限を設けていません。結婚適齢期という考えもないため結婚に焦りを感じないのです。

「結婚しない男」が増えている原因は、結婚に対する考えの変化が大きいのではないでしょうか。少し前まで「結婚とは新しい所帯を持って家庭を作ること」と考える人が多かったのかもしれません。

しかし最近は「所帯を持つ」という考えよりも「一人の生活が二人になる」というように、家族視点よりもパートナー視点で結婚を考える人が増えてきたのではないでしょうか。
夜デートで男性をドキッとさせるコツ

家族視点には、子どもも含まれることになります。子どもを考えるならば出産するための年齢も考慮されるため、おのずと結婚適齢期が連想されるのです。しかし、パートナー視点で結婚を考えるならば、年齢は関係ありません。年齢よりも自分とピッタリと相性が合う人と出会うことが大切なのです。

「結婚しない男」が結婚しない理由は、自分と合う人と出会う日を待っているからなのかもしれません。そしてそれは、幸せな結婚をするためには一番大切なことではないでしょうか。

結婚しない男こそ結婚の本質を知っている

「結婚しない男」の中には、本当に結婚する必要がないと思っている人もいます。周囲の既婚者の話を聞くと「奥さんが恐い」や「小遣いが少ない」など結婚生活に対する不満が多いのかもしれません。その点、「結婚しない男」は家に帰っても恐れる人はいないし、給与も使いたい放題です。結婚にメリットを感じないために、結婚しない人もいるのです。

結婚とは経済的に楽になることでも体裁をよくすることでもありません。

「一人で生きていくこともできるけれど、二人で生きていけばもっと幸せになれる」と思うから結婚するのです。いわゆる結婚適齢期で、なんとなく結婚してしまった人は、結婚後に不平不満を言いながら結婚生活を送ることになるのかもしれません。

不平不満を言いながらも、体裁が気になるから結婚生活を続けている人もいるでしょう。「結婚しない男」がいるのはなぜ? 結婚しない男から「結婚するコツ」を探る

一方、結婚する必要がないと思って「結婚しない男」でいる人は、結婚の本質を知っているのかもしれません。「現在の一人の生活が結婚によってよくなることはない」と思っているから、あえて結婚しないのでしょう。

ただ、結婚はしてみなければ結果は分からないものです。「幸せになれると思って結婚をしても、結果的に一人の方がよかった」と思うかもしれないし、「期待しないで結婚してみたけれど、二人で幸せになれた」と思うかもしれません。いい時もあれば悪い時もあるのが結婚であり、それが結婚の面白さなのです。

結婚しない男は結婚の本質を知っているのかもしれないけれど、結婚の面白さを知ることはできないのかもしれません。

結婚しない男は自分を知っている

「結婚しない男」は自分が結婚に合っていないと思っていることも多いのです。結婚すれば自分が折れたり、自分を変えたりする「妥協」が求められる時もあります。

それができなければ結婚生活は成り立ちません。しかし、結婚しているほとんどの人は「妥協」の必要性に結婚後に気がつきます。

結婚後にぶつかり合いを繰り返しながら、上手に二人の妥協点を見つけられるようになるのです。「結婚しない男」がいるのはなぜ? 結婚しない男から「結婚するコツ」を探る

「結婚しない男」は、自分のことをよく知っているのでしょう。知っているからこそ、結婚後の大変さや苦労を具体的にイメージすることができるのです。しかし、結婚は完璧な人間だけができることではありません。自分に欠けている部分をお互いに埋め合いながら生きていくことが結婚なのではないでしょうか。

幸寿の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…