「夫婦の生活費」をしっかり管理するほど結婚はうまくいく

「結婚したばかりでお金の話はしたくない」という考えはよくありません。夫婦の生活費は結婚と同時に取り決めることが大切です。

「愛があればお金なんて」では結婚生活は成り立ちません。

今回は、夫婦の生活費を管理するコツについてシビアにお話しします。

「夫婦の生活費」は新婚真っただ中で決める

結婚直後は夢のような毎日でお金の話は蚊帳の外に出されてしまう傾向があります。

しかし、自分よりも相手を大切に思える新婚真っただ中のときこそ「夫婦の生活費」について話しやすいタイミングなのです。夫婦の生活費について取り決めるときは、家賃や食費のように二人が必要とする経費だけでなく、女性だけが使う化粧品代や美容院代も夫婦の生活費の中に入れるようにしましょう。

控えめな女性ほど自分だけが使うお金は「小遣いからやりくりしなければ」と考えがちです。しかし男性には交際費という名の飲み代、娯楽費という名のタバコ代やゴルフ代があるのです。交際費や娯楽費は、とても小遣いだけではおさまらない額になります。女性もしっかりと自分の必要経費を最初から申し出ておくことで、不公平感をなくすことができるのです。
「夫婦の生活費」をしっかり管理するほど結婚はうまくいく

「夫婦の生活費」にはヘソクリ項目も暗に含めておく

夫婦の生活費を取り決めるとき、毎月の給与収入だけでなくボーナスなどの臨時収入もすべて聞き出しておきましょう。結婚生活が長くなると、臨時収入は副収入として自分の懐に入れてしまう男性も多いのです。最初に全てを聞き出しておくことで、夫婦の生活費をより細かく取り決めることができます。

結婚後に専業主婦になる人は自分の収入がなくなります。長い結婚生活の中では急に必要なお金が出てくるかもしれません。毎月コツコツと貯金をしておけばいいのですが、夫婦の生活費を取り決めるとき「毎月3万円は貯金しよう」と公表してしまうと、どうしても「あて」にされてしまうのです。

特に自分の収入がなくなってしまう人は、ヘソクリが大切です。ヘソクリというと「自分勝手に使うお金」というイメージがありますが、この場合のヘソクリは夫婦の万が一のときに使うお金や将来の子どものために蓄えておくお金と考えましょう。

「夫婦の生活費」をしっかり管理するほど結婚はうまくいく

「あて」にされずにコツコツとヘソクリを貯めるコツは、夫婦の生活費を取り決めるときにヘソクリ項目を暗に含めておくことです。例えば、食費が月3万円かかるとするならば、夫婦の生活費を取り決めるときには月4万円としておくのです。そして、差額の1万円をこっそりヘソクリ口座に移動させておきます。これを毎月繰り返すだけで、夫には内緒のヘソクリ口座に年間12万円が貯金できるのです。

ヘソクリ口座に貯めたお金は、夫婦が本当に必要となったときに出せばいいでしょう。しばしば「いざというときには結婚前に貯めたお金を使えばいい」と考える人がいます。しかし、結婚前のお金は夫婦のお金ではなく自分のお金です。結婚前のお金は本当のヘソクリとして大切に持っていてもいいのではないでしょうか。

「俺の稼いだお金」と言われたら「私の生活費」としてがっちり管理

「夫婦の生活費」をしっかり管理するほど結婚はうまくいく

夫婦の生活費を取り決めるとき「俺の稼いだお金」という言葉が出てきたら要注意です。

「俺の稼いだお金」という言葉を使う人の頭には「夫婦の生活費」という考えがありません。

こういう人には夫婦の生活費を取り決める前に「夫婦の生活費」を理解させましょう。

まず、新婚時に「給与は私が管理するから」と思い切って伝えてみましょう。相手に嫌われたくない気持ちが強い新婚時ならば、渋々でも給与を預けてくれるかもしれません。

給与を丸ごと預かり、毎月決まった額をお小遣いとして夫に渡します。これを繰り返していくうちに「俺の稼いだお金」という考えから、次第に「給与は妻が管理するもの」に変わってくる可能性があります。

預かった給与は家計簿でしっかり管理をしましょう。そして年月が経ち「夫婦の生活費」という考えが出てきたら、家計簿を見せて夫婦の生活費について取り決めをするといいでしょう。

「俺の稼いだお金」をしっかり管理されていたことが分かれば安心してお金を託すことができるのではないでしょうか。

幸寿の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…