貯金のコツは生活習慣の中にあり!? 明日からでもできるお金を貯める方法5選

貯金しなくちゃと思っても、ついつい無駄遣いがやめられない……という方は意外と多いのではないでしょうか。貯金をするには月々の固定費を見直すなどさまざまな方法がありますが、コツさえつかめば月に数万円もの貯金を捻出できる場合もあります。この記事では、明日からでもできる手軽な貯金のコツをご紹介します。

明日からできる貯金のコツその①:ランチ代を見直そう

皆さんは毎日のランチ、どうしてますか? 働いている方であれば、なんとなく外食で済ませているという方も多いでしょう。しかし、週5~6回の出勤で毎回1000円程度のランチを食べ続けると考えると、ランチ代だけで月に2万円もの出費になります。もちろん外食は楽においしい物を食べることができるという大きなメリットはありますが、貯金をしたいと考えている場合は、ランチにかけるお金は真っ先に節約するべき部分であるといえるでしょう。

1番手っ取り早いランチ代の節約方法は、外食をやめてお弁当に切り替えてしまうことです。毎朝1からおかずを作るのはとても大変なので、週末に作り置きをしておいたり、前日の晩ごはんのおかずを少しだけ残しておいたものを持っていくようにすると、お弁当作りへのハードルをぐっと下げることができます。「どうしてもおかずは用意できない!」という方は、お米だけ持参しておかずはコンビニで買うようにするだけでも1日数百円の節約になります。

料理は苦手だから絶対にお弁当を作りたくない!という方は、ランチに通うお店の価格帯を見直しましょう。1000円かかっていたものが700円、500円と下がれば、少しでも貯金に回せる金額を増やすことができます。

貯金のコツは生活習慣の中にあり!? 明日からでもできるお金を貯める方法5選

明日からできる貯金のコツその②:飲み物代を見直そう

ランチ代と同様、毎日の飲み物代も見直しの大きなポイントになります。毎日何気なく買っている150円のペットボトルのお茶も、1日2本飲むと計算すれば月に9000円もの出費になります。さらに、スタバなどのカフェでコーヒーを買うのが日課になっている場合は毎月1万円以上も飲み物にお金をかけている計算になります。

飲み物代を節約するなら、タンブラーなどを使って自宅で用意したお茶やコーヒーを持ち歩くのがおすすめです。

貯金のコツは生活習慣の中にあり!? 明日からでもできるお金を貯める方法5選

明日からできる貯金のコツその③:飲み会の頻度を見直そう

飲み会は1回あたりの費用がかなり大きいため、回数を抑えることができさえすればかなりの節約につながります。

とはいえ、飲みに行くのが日頃のストレスの解消になっている方も多いでしょう。どうしても行きたい飲み会にはしっかり参加し、なんとなく流れで出席しているものだけ断るようにすると、ストレスを溜めずに飲み会代を貯金できます。

貯金のコツは生活習慣の中にあり!? 明日からでもできるお金を貯める方法5選

明日からできる貯金のコツその④:コンビニ通いを見直そう

残業で遅くなった帰り道、コンビニの明かりが目に入るとついつい用もないのに入ってしまいますよね。なんとなく店内をウロウロして、買うつもりのなかったお菓子や雑誌、飲み物などをいつのまにか買い物カゴに入れてしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、コンビニに入るたびにお菓子やお酒などの「あったら嬉しいけどなくても困らないもの」をついつい買ってしまうと、どんどん無駄遣いが増えてしまいます。

コンビニはいつでも食べ物や日用品が手に入るのでとても便利ですが、私たち消費者を巧みな商品陳列で誘導して無駄なものを買わせる、節約や貯金の敵でもあります。コンビニに入るのは、必要なものが明確になっているときだけにしましょう。

貯金のコツは生活習慣の中にあり!? 明日からでもできるお金を貯める方法5選

明日からできる貯金のコツその⑤:目標をもとう

貯金がうまくいかない1番の原因は、貯金をする理由・動機が漠然としていることです。「なんとなく将来が不安だから貯金しなきゃな」「周りが貯金してるから自分もやらなきゃな」と目的意識なく貯金を始めても、あまり長続きしません。貯金や節約の習慣を長続きさせるためには、貯金に意味をもたせることが大切です。

貯金の目標といっても、何十万円、何百万円貯めるなどといた大それた目標を立てる必要はありません。「3万円貯めたら、1万円使ってちょっといい店で焼き肉を食べる!」など、すぐにクリアできそうな目標をその都度立てて楽しみながら節約に努めましょう。

六海ういの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…