実録! 本当に効果があるいちご鼻の撃退法まとめ

寒い時期は代謝が落ち、毛穴は詰まりがちに。鏡に映った“いちご鼻”を見て、自分でもびっくりしたことがある人は意外に多いのではないでしょうか。

今回は、筆者自らが効果を実感したいちご鼻の撃退法をご紹介します。続けることで効果を発揮しますよ。

いちご鼻が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

いちご鼻が気になる!

クレンジングや洗顔をきちんとしていても、いつの間にか詰まってしまう毛穴。

角柱が盛り上がり、まるでいちごのようにブツブツになってしまったいちご鼻を見ると、本当に凹んでしまいます。

しかし、正しいケアさえ習得すればいちご鼻は確実に治せます。

以下の方法を参考に、急がず焦らずゆっくり向き合っていきましょう。

いちご鼻の原因とは?

いちご鼻の原因は、詰まった角柱です。残ったメイク汚れはもちろんのこと、落とし切れていない皮脂や埃などが積もりに積もって、いちご鼻になります。

いちご鼻を改善するためにはこれらの汚れを取り除き、角柱をなくすことがポイントになります。
実録! 本当に効果があるいちご鼻の撃退法まとめ

いちご鼻の撃退法

①クレンジング前にホットタオルなどで毛穴を開く

寒い時期は筋肉が収縮しているので、毛穴も縮んでいる状態です。そのため、ただクレンジング剤を付けるだけでは毛穴に入り込んでしまったメイク汚れなどまでは落としきることができません。いちご鼻を撃退するためには、クレンジングをする前に毛穴を開いておくことが重要。ホットタオルを使えば、簡単に毛穴を開かせることができます。

ホットタオルは、タオルを水で濡らして硬く絞り、そのままビニール袋などに入れて電子レンジで温めれば完成。火傷をしない程度に冷ましたら、顔全体をホットタオルで覆います。

ちなみに、温熱効果のあるホットクレンジング剤も販売されていますが、それだけでは毛穴はほとんど開きませんでした。ホットタオルが難しい場合は、お風呂に暫く浸かるなどして毛穴を開くのもおすすめです。

 

 ②クレンジング剤は肌馴染みのよいオイル系がおすすめ

クレンジング剤は様々な種類が販売されていますが、筆者が一番効果を感じたのは、オイル系です。オイルはテクスチャーが滑らかなので、肌馴染みが抜群。

また、皮脂と同じ油性の成分なので、角柱が溶けやすいのも魅力です。
実録! 本当に効果があるいちご鼻の撃退法まとめ

 ③洗顔は酵素系が効果的

たんぱく質や皮脂分解に優れた酵素系洗顔は、いちご鼻の改善に最適。角柱はもちろんのこと、角柱予備軍の皮脂汚れまで落としてくれるので、洗い上がりのお肌がツルツルになります。

ちなみに、洗顔は“手”ではなく“泡”で洗うのもポイント。ゴシゴシと手で擦ると皮膚表面を傷付けてしまうので、これでもかと言うくらい洗顔剤を泡立ててから、撫でるように洗うのが正解です。

 

④最終手段は毛穴パック×ポアトル!

①から③の方法ではどうしても改善しない頑固ないちご鼻は、一旦、毛穴パックでリセットするのがおすすめ。毛穴パックの前には、毛穴をゆるめて角柱を浮き上がらせてくれる「ポアトル」を使うと、角柱を瞬時に一掃することができます。

しかし、これはあくまでも最終手段です。やりすぎると、逆に毛穴を広げてしまったり、皮膚自体を傷付けてしまう恐れも。いちご鼻が目立たなくなるまでの間、週1回が使用の目安です。
実録! 本当に効果があるいちご鼻の撃退法まとめ

ケアした後は保湿を忘れずに

これらの撃退法で角柱がなくなった毛穴は、とても無防備な状態です。そのため、ケアの後はたっぷり保湿をして、肌にバリアを作ってあげるのが正解。

潤いのある健やかな素肌を育むことで、毛穴はどんどん小さくなり、いちご鼻を防ぐことができますよ。

ぜひ試してみてください。

nanaの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…