華奢見せ効果抜群! 肩幅を狭く見せる洋服の選び方と着こなし

頑張ったところで縮めることなんてできない肩幅。広くてがっちりとした男勝りな肩幅にコンプレックスを抱えている女性は、意外と多いのではないでしょうか?

今回は、肩幅を狭く見せる洋服の選び方と着こなし方をご紹介します。選ぶ洋服をかえたり着こなし方を工夫するだけで、女性らしい華奢な肩幅を演出することができますよ。

広い肩幅に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

肩幅を狭く見せる洋服の選び方

盛り袖トップスで肩幅を隠す

今シーズントレンドの盛り袖トップスは、広い肩幅をカバーするのに最適のアイテムです。特に、肩回りにボリュームがあるパフスリーブは、いかり肩やがっちり肩を隠すのにぴったり。

身幅が細めのデザインを選ぶことで、メリハリのある女性らしいシルエットを演出することができます。

「盛り袖トップスだと余計に肩幅が強調されてしまうのでは?」と気になってしまう人は、ブラックのように暗めのカラーを選ぶのがおすすめ。

トーンが落ち着くと見た目の引き締め効果がプラスされるので、想像以上に肩幅が狭く見えますよ。

ラグランスリーブで肩幅を誤魔化す

袖と肩が一体になっているラグランスリーブも、肩幅を誤魔化すにはもってこいのアイテムです。ラグランスリーブは襟元から脇下へ向かって切替が入っているので、肩自体の位置を狭く見せる効果がありますよ。

ラグランスリーブを選ぶ時は、袖部分のカラーが身頃よりも濃いデザインを選ぶのがポイントです。濃いめのカラーは見た目の引き締め効果が期待できるので、肩や腕をよりほっそりと見せてくれますよ。

Vネックで首元をシャープに見せる

首元をシャープに見せるVネックも、ボディの華奢見せ効果が高く、肩幅の広さが目立ちにくいのでおすすめです。なかでも、首元の開きが狭く深いVネックは、肩幅の広い女性にもってこいのアイテム。

縦長効果がプラスされるので、全体的にほっそりとしたイメージに仕上がります。ちなみに、Vネックの華奢見せ効果を際立たせてくれるのが、ノースリーブのデザインです。

肩幅の広い女性には少し抵抗があるかもしれませんが、スリーブが細ければ細いほど、繊細な雰囲気が演出され、より女性らしさを感じさせることができますよ。華奢見せ効果抜群! 肩幅を狭く見せる洋服の選び方と着こなし

肩幅を狭く見せる洋服の着こなし方

レイヤード(重ね着)

トップス1枚だけでは広い肩幅を隠し切れないと感じている女性は、レイヤード(重ね着)で肩幅を隠してみませんか。

ボリュームのある羽織りにタイトなインナーを合わせることで、メリハリのある女性らしいボディラインを演出することができますよ。

羽織るアイテムは、Iラインを強調してくれる縦長のデザインがおすすめ。ロング丈のニットやガウンなら、肩幅はもちろんのことおしりまでもカバーできるので、全身のスタイルアップが叶います。華奢見せ効果抜群! 肩幅を狭く見せる洋服の選び方と着こなし

ジレを合わせる

トップスにジレを合わせるのも、華奢見せにもってこいのコーディネートです。

なかでも、濃色で縦長デザインのジレなら、引き締め効果だけでなく、細見せ効果も抜群。トップスの上に1枚重ねるだけで、簡単に肩幅を目立たなくさせることができますよ。

首元にストールやマフラーを巻く

首回りの小物で、肩幅を隠すのもおすすめです。

ボリューミーなストールやマフラーなら、広い肩幅を覆うことができるだけでなく、小顔効果も狙えますよ。また、ストールホルダーやブローチなどのアクセサリーをプラスして、目線を肩から逸らすのも作戦です。