美髪を作るブローとは? やるべきこと・やめるべきことまとめ

ブローとは、濡れた髪の毛をただ乾かすことだと思っていませんか?

艶やかな美髪を作るためには、どうやって髪の毛を乾かすかがとても重要です。

ただ漠然と乾かしているだけでは、逆に髪の毛を痛めてしまっているかもしれませんよ。

今回は、美髪を作るブローとはどのようなものなのかをご説明します。

やるべきこととやめるべきこともまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

自然乾燥は今すぐやめるべき!

自然乾燥は、髪の毛にいいと思っていませんか?

ドライヤーの熱を加えることがない自然乾燥は、髪の毛が痛まない印象があります。

しかし、濡れたままの髪の毛は頭皮や体を冷やすだけでなく、雑菌を繁殖させてしまう恐れも……。

フケや臭いが気になる髪の毛は、自然乾燥が原因かもしれません。

美髪を作るブローとは? やるべきこと・やめるべきことまとめ

美髪を作るブローとは?やるべきことはこの5つ!

美髪を作るためには、手順を守って、正しい方法で髪の毛を乾かすことが必要です。

以下の5つのステップを参考に、早速練習してみましょう!

 

1.タオルドライで髪の毛の水気を拭き取る

髪の毛を洗ったら、ブローをする前に、タオルドライで十分に水分を拭き取りましょう。

水分は、髪の毛だけでなく、頭皮にも付いています。

タオルで頭全体を包み込んだら、頭皮や髪の毛を揉み込むように、水分を拭き取ります。

ちなみに、どんなに急いでいたとしても、髪の毛や頭皮をゴシゴシこするように拭き取ってはいけません。

摩擦によって頭皮が傷ついてしまうのはもちろんのこと、髪の毛のキューティクルがはがれ、切れ毛や乾燥毛の原因になってしまうので注意が必要です。

 

2.ブロー前にブラッシングする

ブローの前には、ブラッシングで髪の毛の絡まりをほどいておくのも重要です。

濡れた髪の毛は、非常にデリケートな状態です。

ゴシゴシとブラシでとかしてしまうと、切れ毛や枝毛を作ってしまうことも。

ブラッシングは、目の粗いブラシやコームを使って、上から下に向かって優しく行いましょう。

美髪を作るブローとは? やるべきこと・やめるべきことまとめ

3.洗い流さないトリートメントを髪の毛にしっかりと揉み込む

髪の毛の痛みが気になる場合は、洗い流さないトリートメントを髪の毛にしっかりと揉み込みます。

髪の毛の乾燥が気になる人は、オイル状のトリートメント剤がおすすめ。

油性の成分は髪の毛への保留効果が高く、長時間、潤いと艶をキープできます。

 

4.髪の毛は根本からブローする

髪の毛をブローする際には、キューティクルの向きに沿って乾かすこともポイントです。

ドライヤーをあてる時は、根元から毛先に向かって髪の毛を乾かしましょう。

髪の毛が長めの人は、先に根本を全体的に乾かしてからブローするのがおすすめです。

ドライヤーは髪の毛から最低でも10cm以上離すことで、熱によるダメージを軽減させることができますよ。

 

5.最後に冷風をあてて髪の毛のキューティクルを引き締める

髪の毛が乾いたら、最後は冷風をあてて、髪の毛のキューティクルを引き締めましょう。

ドライヤーの熱で開いてしまっているキューティクルを閉じることで、トリートメント剤の成分が流出するのを防ぐことができます。

キューティクルが引き締まった髪の毛は艶が出るだけでなく、手触りも滑らかになるのでおすすめですよ。

美髪を作るブローとは? やるべきこと・やめるべきことまとめ

睡眠中はナイトキャップなどで髪の毛を保護しましょう!

ブローとは、簡単なようで、意外と手間がかかるものです。

しかし、その分だけ、確実に美髪になりますよ。

ブロー後、睡眠中はナイトキャップなどを使って髪の毛を保護しましょう。

寝ている間、髪の毛を摩擦や静電気から防ぐことで、艶やかな状態を朝までキープすることができます。

髪の毛の乾燥や痛みが気になっている人は、この機会に、本当のブローとはどういうものなのかをきちんと見直してみませんか。

nanaの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…