不倫純愛なんて片腹痛い! メリットは一切ないからやめておこう

不倫は褒められた行為ではありません。なにを当たり前なことを言ってるんだという話ですが、あえてここでこのようにして強調するのも、不倫をしている男女が世間に少なくないことを知っているからです。

伴侶がいるのに。あるいは子供もいるのに、別の異性と交際している。こういう状況って、いわゆる私生活からの脱却を求めた気晴らしであったり、性的に興奮できなくなったパートナーの代わりを求めるようなものです。

少なくとも男性は、性欲を持て余していて、自分のパートナー以外ともセックスをしたいと思ったからこそ、不倫をするのです。

恋愛をしたいとか、もう一度純愛を知りたいとか、そういうことなんざ一欠片も考えません。セックスをしたいから、不倫をする。これが真理です。

「不倫純愛」という文字に見る、強烈な違和感

不倫をしている男女って、はっきり言って浮かれています。だから自分たちのしていることが、伴侶を騙して、裏切っていることだとすっかりと忘れてしまっているものです。ともすれば、これこそが本当の恋愛。運命の相手と愛し合っているだなんて思っている人までいる始末です。

ただ、しつこく書きますが、男性は性欲がなければ不倫も浮気もしません。そして、自分のパートナーでは物足りなくなったから、こういうアンモラルな行動に打って出るのです。そこに純粋性なんか、本当に、一切ないんです。

不倫をしている自分たちを棚に上げて「純愛だから」なんて言っている男女は、自分たちがどれだけおかしなことを言っているのか、よく分かってないようです。

不倫純愛。不倫と純愛という2つのワードを、よりにもよって組み合わせる。こんなにイタいことはないです。1番組み合わせてはいけないワード同士をくっつけてる、と言っても良いでしょう。

「健康喫煙」とか、「合法詐欺」みたいなもんですよ。それをいい年齢の大人がやってることがザラなんですから、世も末ですよね(汗)。

同名の映画が数年前に公開されていましたが、あくまでもフィクションの世界だから描けるテーマであって、わざわざそれにインスパイアされて、「自分たちも不倫純愛したいな」とか思ってしまうのは、はっきり言ってしまえば、頭の中がまだまだお子様だと思います。

不倫って、伴侶や家族、それから結婚式に呼んだ友人知人、とにかく思い当たるほとんどの人々への裏切りです。

そんなことをするぐらいなら、最初から結婚なんかしなければ良かったわけです。若いカップルのどちらかが気まぐれに浮気するのとは、重みが違うんですが、それでも不倫をする男女ってのは、後を絶ちませんよね……。

不倫純愛なんて片腹痛い! メリットは一切ないからやめておこう

不倫純愛で、果たして誰が幸せになれるの?

不倫ってのは、バレてもバレなくても苦しいものです。バレたときはそれこそ弁護士を巻き込む問題にも発展します。バレなかったらバレなかったで、ずっと伴侶に嘘をつき続け、騙していかなくてはなりません。

中には数年以上、バレずに不倫を楽しんでいる人もいますが、本当に人間の心を持っているのか、疑わしいところですよね。まして子供にまで嘘をついて、良き親を演じてる人までいるんですから。人間って怖いですね~!

不倫純愛。

結構な言葉だと思いますよ。不倫を正当化しようとした人々が、いかにも重宝しそうなワードじゃないですか。

しかし、一般的に考えて、こんなにいびつな言葉をありがたがってる時点で、その男女は既に不倫地獄に振り回されてしまっていますし、この先も上辺だけの、素敵な言葉で濁した関係を続けていけば、間違いなくそのうちに痛い目に遭うことでしょう。