男が言う「性格悪い女」とは?

言うまでもないことですが、性格が悪い女子はモテません……と言い切りたいところですが、性格が悪い女子にも、彼氏がいることがあります。よくあります。

なぜ?

ある女子の性格がいいか悪いか、というのは、その人の主観的な判断だから、というのが一般的な答えでしょう。でも、男の側から見たら、ほかにも理由があります。

「おれにとっていい女かどうか」という判断をするのが男

男って、女子のことを「おれにとっていい女かどうか」としか見ていない節があります。その女子を一般的に見て、人間性がどうなのか、という基準で判断しているのではなく、あくまでも「おれにとっていい女かどうか」です。

だから例えば、ある男から見たら、「こいつはふた言目にはお金お金と言って、最悪」と思う女子であっても、多少お金がある男からすれば、ブランドもののカバンを買ってあげただけで惜しげもなくハダカを差し出してくれたとなれば、その女子は「すごくいい女」なわけです。

これは少々極端な例かもしれませんが、もっと極端な例を挙げましょうか。

男って、ヤラせてくれた女子に対しては、その女子がどんなに性格が悪くても「いい女」だと思います。「性格がいい」の「性格」が抜けて、ただ「いい」女だと思えてくるのです。

反対にヤラせてあげなければ……「サイテーな女」だと思います。性格のみならず、もうその女子の存在そのものが「サイテー」に思えてくるのです(笑)

ちなみに1回だけヤラせてあげて、2回目ヤラせてくれなかった女子に対して、男は女神だと思っていたりします。「1回いいことを与えてくれたのだから、2回目もあるだろう」とか、「2回目はないっぽいけど、少なくとも1回は、このおれに身も心も開いてくれた、だから彼女はおれにとっての女神だ」などというように。
男が言う「性格悪い女」とは?

「男はヤリたいだけの生き物」を意味しているわけではありません

これって、よく言われる「男はヤリたいだけの生き物」を意味しているわけではありません。男って、男であるだけで淋しさを抱えている生き物だということです。

淋しい人って、よくエコヒイキしますよね? 『千と千尋の神隠し』に出てくる「カオナシ」って、淋しい生き物でしたよね。カオナシって、千尋のことをエコヒイキしていましたよね。

淋しい人は、自分に優しくしてくれる人に対して――その人がどのような性格の持ち主であれ、「性格がいい人」だと思います。

セックスは、男にとって女子の優しさの最たるものです。

だからある種の、超性格の悪い女子は、ヤラせてあげることで、どんどん男遍歴を上塗りし、自らの性格を顧みることなく、どんどんお金とセックスの力で、この世の春を謳歌するのです。性格が悪いと生きていきづらいだろう、という他人の思いをよそに。
男が言う「性格悪い女」とは?

あなたはすでに、もう十分なくらい「いい性格」をしています

ということで、女子のみなさんはいい恋愛をするために、自分の性格を磨こうとか、そんなことを間違っても考えないことです。

あなたはすでに、もう十分なくらい「いい性格」をしています。好きな彼ができたら、彼の申し出に応じて(あるいは応じる前に)さっとハダカになりますよね?

彼が「したい」と言えば、さっとヤリますよね。

これって、性格が素直だということです。好きな人ができたら、つい彼に合わせてしまう女子って案外多いと思いますが、多くの女子は好きな人の前では自然と素直ないい性格になるのです。
男が言う「性格悪い女」とは?
それで十分ではないでしょうか?

性格がいいとか悪いという、非常に主観的なことに惑わされることなく、好きな人ができたら少々ドM的な性格になって、彼に尽くしたくなる……こういうあなた自身を大切にするだけで、多くの女子はいい恋愛ができるはずです。

なぜなら男は、女子のそういうところから得られる恩恵を、最大限享受したいと思っているから。そしてそれ以外の女子は「自分の人生には関係のない人」だと思っているから。

ひとみしょうの他の記事を読む

この記事どうだった?

2いいね!

12うーん…