人はなぜ婚活地獄に陥ってしまうのか? メカニズムを解説します!

婚活という言葉は広く認知され一般化しましたが、かといって結婚できる確率が増えているわけではなく、婚活しているが一向に結婚できない婚活地獄に陥っている人がかなりいます。異性と会う機会は増えたのに、なぜ婚活地獄に人は陥ってしまうのか考えてみましょう。

「婚活」をしても進む未婚化

厚生労働省の「人口動態統計」(http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/mikonritsu.html)によると、最新の調査で、結婚した組数(婚姻件数)、未婚率共に過去最低を更新中、婚姻率は1970年代の半分という結果になっています。
 
「婚活」という言葉が世に出た『「婚活」時代』(山田昌弘・白河桃子著)が発行されたのが2008年、それ以降を見ても減少の一途です。つまり「婚活」という言葉が一般化しても、婚活地獄のループにはまって全然結婚まで結びついていないことになります。
 
政府、自治体、企業、あらゆるところが総出で婚活を推進しているのに、なぜ当事者は婚活地獄に陥ってしまうのでしょうか?
人はなぜ婚活地獄に陥ってしまうのか? メカニズムを解説します!

婚活地獄のメカニズム

婚活地獄とは簡単に言うと、「婚活で『もっといい人がいるはずだ』と思い一向に妥協できない。自分が相手に求める条件を下げられない」状態になります。
 
婚活をする人はどちらかというと、これまであまりモテなかった、異性と縁がなかった人が多いのですが、そういう人ほど婚活を始めると勘違いしてしまうのです。
 
特に女性の場合、婚活を始めると、これまで想像できなかったくらいの男性から申し込みが来ます。婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所問わず、「女性」ということがこんなに武器になる場面はありません。
 
例えば、婚活サイトでは普通の女性でも100件以上の申し込みがありますが、男性の場合、超イケメンハイスペックでも女性からくる申し込みは数十件に過ぎません。
 
圧倒的に、男性→女性の申し込みが多いため、これまで全くモテなかった女性も婚活を始めればモテモテになります。その結果、壮大な勘違いをしてしまい婚活地獄にはまってしまうわけです。
 
最初は「年収は400万円、大卒であれば自分も共働きするから問題ない」と思っていても、ハイスペ男性も含めて申し込みが殺到するので、どんどん男性に求める条件が上がります。
 
「年収は最低800万円、当然有名大卒で安定している職業。イケメンで専業主婦を許してくれる人」、こんな風になってしまうとまさに婚活地獄です。そもそもそういう人は婚活市場にいませんし、いたとしてもそんな普通の(実は普通以下の)女性なんか選ぶわけがありません。
 
逆に普通以下のモテない感じの男性は、全く婚活女性から相手にされずいつまでたっても結婚できない、という意味での婚活地獄になります。
 
本来は同じくらいの男女で矢印が「⇔」とならないといけないのに、「女性→ハイスペ男性」「男性→普通女性」で矢印は一方通行で無視されるというのが婚活の実態です。
 
弱肉強食、自然界のライオンのように少数の男性が多数の女性を独占する構図は似ていますが、婚活の場合、自由恋愛以上に少数の男性に多数の女性が群がってしまう、しかもきっかけは男性からのアプローチが多いわけですから、一部のモテ男性が、女性がたくさんいる釣り堀に釣り竿を投げるという感じになっています。
 
でも、婚活の目標は結婚ですから、多くの女性は結局その男性と結婚は叶わずに婚活市場へ戻される、その場合、時間を無駄にしてしまい、年齢が上がっていく……婚活地獄の悪循環です。年齢が上がれば余計「一発逆転」を狙うので、さらに男性に求めるものが上がり……。
人はなぜ婚活地獄に陥ってしまうのか? メカニズムを解説します!

婚活地獄から抜け出ないと「婚活うつ」になってしまう人も

以上のように、どんどん申し込みが来て相手のステータスを求めること、それが叶わず余計一発逆転を狙うことが複雑に絡み合い、婚活でいそうもない「高嶺の花」を求め続ける結果になり、婚活地獄へ進んで突入してしまうのが、全く婚姻率が上がらない原因でしょう。
 
心身共に負荷がかかり続けて「婚活うつ」といった、精神を病んでしまう人も見受けられます(婚活うつ外来は本当にあります)。
 
婚活は精神的な安らぎを求める結婚をしたいはずなのに、結果として精神が荒み、壊れてしまうのは困ったことです。婚活地獄に陥ると抜け出すのは大変です。どういう人が陥っているのか、婚活パーティーに行けばすぐにわかると思います。
人はなぜ婚活地獄に陥ってしまうのか? メカニズムを解説します!

まとめ

結婚相談所では最初の一人、が最もいい人だそうです。とっておきの人を最初に紹介するからで、いつまでも引っ張っていては結果は出ないですので、60点~70点でも早めに決めた方がいいです。

残りの30点は結婚後、加点要素を見つけていくんです。こうすれば婚活地獄から抜け出せます。

松田(松本)謙太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…