ペットロスからは少しずつ立ち直ればいい! 感情の5段階と解放の仕方

本当の家族のように愛していた、大切な大切なペットが死んでしまった時。まるで、体の一部を失ってしまったような、どうしようもなくやるせない気持ちになりますよね。

でも、それは当たり前のこと。無理に元気を出そうとしたり、ペットのことを忘れようとしたりしなくても良いのですよ。

ペットロスの症状の表れ方

ドイツの精神科医である、エリザベス・キューブラー・ロス博士によると、愛するペットを失った人には、次のような段階を踏んでペットロスの症状が表れるといいます。

 

<第1段階/否認>

ペットを失ったことを受け入れられず、使っていたフードボウルやおもちゃなどをそのままの状態にしたり「本当は、まだ生きているのではないか」と、ありもしない可能性にすがりたくなってしまったりする症状が表れます。

長く闘病をしていた末の死よりも、突然の事故や病気でペットを失ってしまった人のほうが出やすいかもしれませんね。

 

<第2段階/怒り>

どんなにペットを愛していた人でも、失ってしまった後では必ず「もっとこうすれば良かった」「あの子はうちに来て本当に幸せだったのだろうか」といった、後悔の気持ちが湧いてくるものです。

そして、その気持ちは、徐々に至らなかった過去の自分に向けられ、自分を激しく責めるようになります。

また、ペットを治療してくれた獣医さんに原因があったのではないかとの疑念を抱くのもよくある話です。悲しくて、切なくて、どこかに理由を求めなければ自分を保てないのですね。
ペットロスからは少しずつ立ち直ればいい! 感情の5段階と解放の仕方

<第3段階/交渉>

「自分の命を半分分け与えることができれば、ペットが生き返って戻ってきてくれるかもしれない」「好きなものを我慢すれば、あの子にまた会えるかもしれない」というように、何かを引き換えにすることによって、もう一度ペットに会いたいと願う気持ちが大きくなってきます。

人によっては「天国からペットの声を届ける力」を持つ霊能者に救いを求めることもありますが、くれぐれも悪質な詐欺に遭わないように気を付けてください。

 

<第4段階/抑うつ>

ペットを失ってしばらくは、火葬するために走り回っていたり、感情の波に翻弄されたりしているうちに1日が過ぎるのですが、時間がたち「もう自分が何をしても愛するあの子には会えないのだ」という現実に直面した時、ガクッと気分が落ち込んでしまいます。

身近に気持ちを分かってくれる人がいれば良いのですが、中には「たかがペットが死んだぐらいで」と平気で言い放つ無神経な人もいて、それが抑うつの悪化につながることも。

 

<第5段階/受容、回復>

まるでずっと暗いトンネルの中を歩き続けていたような苦しい日々が終わりを告げると、徐々に「自分ができることは精一杯やった」と自分を認めてあげられるようになったり「これでもう、あの子が病気やケガで苦しむことはないのだ」「今頃、天国で元気に遊んでいるだろう」と前向きに考えられるようになったりします。

決して悲しみが癒えたわけではありませんが、ペットがこの世にいなくなっても、お互いに幸せや愛情を与え合うことができたという事実は消えないと思えるようになるのですね。
ペットロスからは少しずつ立ち直ればいい! 感情の5段階と解放の仕方

ペットロスが辛い時の乗り越え方

ペットロスに苦しむ人を追いつめるのは「お前がもっと大切にしていたら、あの子は死ななくてすんだのだ」「また次のペットを飼えばいいじゃない」といった、周囲の無理解な言葉です。

動物を好きではない人には分からないかもしれませんが、ペットを大切に育てていた人にとっては、その子だけが大切な家族。

また、どんなに一所懸命お世話をしていたとしても、どこかに隙を見つけて粗探しをしてくる人はどこにでもいるので、こうした言葉を真に受ける必要はありません。

また、ペットがいなくなって悲しい、つらい、自分も後を追ってしまいたいという気持ちは、無理に封じ込めようとせず、気が済むまでとことん悲しみに浸りましょう。

愛していたのですから、どん底に突き落とされるのは当然です。

職場の理解が得られるのであれば、しばらくは仕事をお休みして、ペットとの思い出に浸るのも決して悪くないと思います。

逆に、ここで無理をしてしまうと、つらい気持ちが心の奥底に澱(おり)のように溜まり、通常よりも長く気持ちを引きずってしまったり、ある日突然爆発してしまったりするので、自分の感情にはとことん素直になったほうが良いのです。
ペットロスからは少しずつ立ち直ればいい! 感情の5段階と解放の仕方

おわりに

ペットを失う悲しさは、経験したことのある人にしか分かりません。また、ペットロスの症状の表れ方も人それぞれ。

一時的に日常生活が送れなくなっても、それだけ大切な存在を失ってしまったのだから仕方のないことです。無理に立ち直ろうとすると、余計に悲しみや後悔を長く引きずることになるので、事情の許す限り、とことん悲しみに浸りましょう。

時期が来て、やっと笑えるようになったあなたを見て、きっと天国にいるペットも安心しているはずですよ。

まぁこの他の記事を読む

この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…