女子会をもっともっと盛り上げたい! おすすめアイディア5つ

気のおけない仲間同士でワイワイ騒げる女子会は、いつ参加しても本当に楽しいものですよね。

飲食店でおいしいものを食べながら、盛り上がることが多いと思いますが、たまにはちょっと変わったアイディアも試してみませんか? おすすめの女子会スタイルを5つご紹介します!

温泉旅行

気温もぐっと下がってきたことですし、みんなで温泉旅行に出かけるなんていうのはいかがでしょうか。

泊まりなら車の運転を気にしなくても良いので、お酒が飲めるし、温かいお湯に浸かってのんびりするのは最高の贅沢! 浴衣に着替えてガールズトークに花を咲かせれば、懐かしい修学旅行を思い出してしまいそうですね。

近頃では、備え付けのものではなく、色やデザインを自由に選ばせてもらえる旅館やホテルも増えています。また、食事も温泉地ならではの、普段より豪華なものをいただけるので、インスタ映えもバッチリですよ。

コスプレパーティー

コスプレというと、アニメや舞台好きな人の趣味というイメージがありますが、ハロウィンやクリスマスの仮装が一般的になってきたこともあって、今やどんどんファン層が広がっています。

クリスマスならサンタやトナカイをイメージしたコスプレでもいいし、自分の好きなキャラクターや芸能人のマネをするのも楽しそう。カラコン、メイク、ウィッグをうまく活用すれば、普段の自分とはがらりと違う雰囲気に変身できますよ。

その場が盛り上がるのはもちろん、コスプレをして別人になりきることで、ストレスを発散する効果も期待できるので、「仕事が忙しくてやってらんない!」「彼氏とうまくいってなくて落ち込む」なんて時にもぜひ試してみてください。

女子会をもっともっと盛り上げたい! おすすめアイディア5つ

食べ放題のお店に行く

女の子なら、誰もが気にする自分の体型。普段は、思いっきり好きなものを食べたくても、体重が増えることを気にして我慢しているという人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、各自好きなものをお腹いっぱい食べることのできる食べ放題。好みがバラバラなら、できるだけ幅広いメニューを揃えてくれるお店を選ぶと、全員が満足しやすいですよ。

ダイエット中でも、食べ過ぎた翌日の食事で調整をすれば、すぐに体重が増えてしまうわけではないので大丈夫。1ヶ月に1度ぐらいは、とことん自分を甘やかしてみても良いのではないでしょうか?

パジャマパーティー

各自お気に入りのパジャマを持ち寄って、誰かの家で夜通しおしゃべり。学生時代は簡単にできたお泊まりも、社会人になると難しくなるので、昔に戻ったような気分で楽しんでみてください。

お泊まりをする場所は、誰かの自宅というのが難しければ、ホテルを利用するのがおすすめです。今時は、それぞれに工夫を凝らした「女子会プラン」を設けているところも少なくないので、そうしたプランを利用すれば、お得に充実したサービスが受けられますよ。

女子会をもっともっと盛り上げたい! おすすめアイディア5つ

リッチな気分のセレブ女子会

リムジンを貸し切る、一流レストランの個室で食事をする、ホテルのスウィートルームに宿泊する。個人ではとても手が出ないこんなプランも、みんなで割り勘にすれば実現可能です。

ファッションやメイクにもとことんこだわって、シンデレラ気分でドレスアップしてみましょう。普段は節約を意識してコツコツお金を貯めている人も、ここぞというこだわりには、ぜひ思いきって使ってみてくださいね。

不思議なもので、お金が減って損をするかと思いきや、ストレスが発散されて気持ちがイキイキとしてくるせいか、余計に運が舞い込むようになります。

すっきりリフレッシュした頭でバリバリ仕事をすれば、メンバー全員でめでたく昇給! なんてミラクルも実現するかもしれませんよ。

女子会を盛り上げるために注意したいこと

女子会は、楽しむために行うもの。

少しぐらいは愚痴が出るのも仕方ありませんが、その場にいない誰かの悪口、自慢話、のろけ話などは極力避けるようにしましょう。

恋愛の話題も、その日のメンバーに配慮することが大切です。自分は彼氏と幸せなお付き合いをしていても、中には報われない片想いに苦しんでいたり、失恋したばかりの子がいたりするかもしれないので、様子を見て慎重に話題を選びましょう。

仕事についても、これは同じです。みんなそれぞれ悩みを抱えて頑張っているので、聞いていて嫉妬心をかきたてられるような話題は避けるようにしたいですね。

女子会をもっともっと盛り上げたい! おすすめアイディア5つ

おわりに

女子会におすすめのアイディアを5つご紹介しましたが、いかがでしたか? せっかくみんなで集まって騒げる機会なので、いろいろ工夫して、忘れられない最高の思い出を作ってくださいね!

 

まぁこの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…